こんにちは。
本日は、アイスランド在住の日本人ガイドSさんより
最新情報をいただきましたのでご紹介させていただきます!
以下は、Sさんからのレポートです。

レイキャヴィークに今年の8月末新しい観光施設ができました。
その名もFlyover Iceland(フライ・オーバー・アイスランド)。
レイキャヴィークにいながらにしてアイスランドの大自然を体験できる施設
ということで、さっそく行ってきました!

メインストリート、ロイガヴェーグル通りからも近い、
Grandi(グランディ)という港エリアにつくと
Flyover Icelandと看板をつけた建物が。すぐに見つかりました!
Flyover_iceland_25_high_res720x481d (C)Flyover Iceland

受付を済ませ順路に従って二階に上がると…
Reception

Go_upstairs_2  
現れたのが謎の緑のスクリーン。Entrance_1 
ここで撮った写真をアイスランドの風景と合成してもらって、
購入が出来るというものでした。
日本の遊園地などにもあるような合成写真のイメージです。
Entrance_2_photo_booth
係員さんの案内でまずはアイスランドの歴史、続いて自然に関する展示を観ます。
First_exhibition_history
そしていよいよこの施設のメインイベント!

このメインイベントは、スクリーンに映し出される
ダイナミックなアイスランドの自然の映像に合わせて座席が動いたり、
風やにおいを感じてリアリティあふれる追体験ができるもの。
映像にあわせて自分も飛んでいるような感覚になることから
「フライト」と呼ばれます。

Main_part_screen
椅子に座り、シートベルトをつけ注意事項の案内が終わるといよいよです。

これはすごい!

実際に椅子が動いている角度はそれほどでもないのに
その迫力満点の映像で、本当に自分が飛んでいるような感覚になりました!
Istock682107446_riders_2100x1574__2 (C)Flyover Iceland

夏を中心にしたアイスランドの大自然をまさになめるように映した
映像に合わせて座席がうごき、滝の近くに行くとミストが顔にかかり、
ルピナス畑の上を飛ぶと花の香がします。
Istock482490668_riders_detail (C)Flyover Iceland

映像は夏だけでなく冬や秋もあり、短いけどオーロラも。

フライトは1回に付き20席。映像体験は約8分。
映像とリンクして若干の降下感はありますが
ジェットコースターのような急激な落下感はありませんし、
座席には掴まれるような手すりもあり安心です。Istock648569098riders_detail (C)Flyover Iceland

アイスランドは内陸や氷河上も結構行っていると自負していましたが、
知らないところもあったり、知っている場所でも迫力満点の映像で
単純にエキサイティングで楽しかったです。

アイスランドの美しい写真はインターネットなどでもたくさん見ることができますが、
まだまだこんなに美しいところがアイスランドにあったとは!

映像の中には、アイスランドに住んでいても特別な車や技術を持っていないと
行けないようなところも含まれていて、それもこの「フライト」が特別な理由ですね!

実は高所恐怖症、ジェットコースター苦手なのでちょっとどきどきしていたのですが、
楽しめる範囲でした。
内陸の山や渓谷に沿って上昇していくところなどはかなり興奮しました。

いくらジープに乗ってもヘリに乗ってもあのアングルでの景色はみれないし、
ドローンで撮った映像をみたころでただのきれいな動画の域を越えないので、
アイスランドの秘密のような本当にきれいなところを体験できるのは
もはやここしかないのではと思いました。

アイスランド、本当にきれいです。
ここでしか見られないアイスランドをぜひ体験してみてください!

以上、アイスランド在住の日本人ガイドSさんからのレポでした。

★チケットの購入、営業時間の確認などは公式ページにて
 https://www.flyovericeland.com/


※掲載のツアー内容・現地情報等は掲載日現在のものとなります。
******************************
Flyover Icelandは、ツアーでの自由時間にどうぞ。

【お勧めインプレッソツアー】
アイスランド絶景周遊6日間
******************************

こんにちは。添乗員のハルカですnote
今日は世界の水事情についてのお話です。

海外旅行では飲料水は「買う」のが当たり前。
でも、蛇口から飲んでも大丈夫な国もあるんですよ。

インフラが整備されているアメリカ合衆国、ドイツなど先進国。
そして、カナダ・スイス・オーストリア・北欧
(ノルウェー・スウェーデン・デンマーク・フィンランド・アイスランド)
など国土に水源となる山々がある国も水が飲める国です。
※ただし、ほとんどの国が日本と違って硬水なので飲みなれていない方は
体に合わずお腹が緩くなることもありますので、注意しながら飲んでくださいね。

山のイメージが強いスイスは思い浮かぶ方も多いかと思いますが、
実はスイス以上に国土に占めるアルプス山脈の割合が高いのがオーストリア
オーストリアのほとんどの水道水は、アルプスのミネラルウォーターなのです!!
公共の水飲み場もたくさんあります。Austria_3



















↑アルプスと湖が美しいハルシュタット

さらにその上を行くのがアイスランド。
アイスランドの水は世界でもっとも綺麗でおいしい水といわれており、
水道の水も消毒など手を加えていない本当に天然の水です。
そして、アイスランドの水道水は日本人にもなじみやすい超軟水。

水道水が天然水なので、アイスランドでは水を買う人はほとんどいないと言われています。

さらにアイスランドでは、なんと!
蛇口から出る冷たい水は天然水、お湯は温泉なんです。
火山活動が活発なアイスランドでは、地下熱水が豊富。
アイスランドの家庭やホテルのお湯は、水を温めたものではなく
地下熱水の温度を下げて提供されたのものなので、
シャワーの途中で突然お湯がお水になってしまう…wobbly
というようなこともありません!
Iceland01_2




















↑アイスランドを代表する温泉施設ブルーラグーン

お水事情に心配がないのもアイスランドの魅力ですね。
是非この冬はアイスランドへ行ってみませんか?


【お勧めコース】
5回のオーロラチャンスと
世界遺産ヴァトナヨークトル国立公園の氷河の洞窟へ!
アイスランド周遊絶景紀行7日間(コースページはこちらをクリック)

Iceland02_3

 
















↑スーパーブルーと呼ばれる天然の氷河の洞窟


※掲載のツアー内容・現地情報等は掲載日現在のものとなります。

ゴーザンダイイン(╹◡╹)notes
 
大自然体感アイスランド周遊7日間🇮🇸に行ってきました。
とーってもいいお天気の中、雄大な大自然を満喫してきました。
 
今回のお客様は口を揃えて「オーロラを見にきました」とおっしゃるので私とガイドさんドキドキです。
 
到着日と2日目はオーロラレベル0〜2の曇り空☁
 
残念ながらオーロラは出ず(´;Д;`)
 
でもこの2日目に太陽フレアが爆発💥翌日よりオーロラレベルも6へと急上昇(((o(*゚▽゚*)o)))
 
待ちに待ったオーロラハンティングバスの日
 
ガイドさんの秘密の真っ暗ポイントへ🚌
 
バスのライトを消したら真っ暗です
 
満天の星に人工衛星が動くのも流れ星も綺麗に見えます🌠
 
でもお客様さえ見えない暗闇(苦笑)聞こえるのは声だけです
 
あとは滝の落ちる音🏞
 
 
そんな中ですが、もうね、2時間以上ノンストップでオーロラ出まくりですΣ('◉⌓◉’)
 
最初は白くて〜〜ふわふわした感じから徐々に色がついて行き、虹🌈のようにアーチを作り、それがカーテンのように揺れ、いつの間にかトルネードして....とどっちを向いていいのか迷うほど╰(*´︶`*)╯♡
 
私も携帯で撮影を試みる📱
 
普段は専用アプリをダウンロードしないと撮れないけど、今日のはいける気がするv(^_^v)♪
 
うふふ(((o(*゚▽゚*)o)))成功
 
 

Image1

 
何も補正してませんΣ('◉⌓◉’)
 
もう25時ごろまで出てまして、ホテルでは多国籍なお客様の歓声が聞こえ続けてました( ◠ ‿ ◠ )
 
 
翌日オーロラおかわり〜〜とオプショナル追加の声が〜〜(((o(*゚▽゚*)o)))
 
 
という事、レイキャビックでもオーロラハンティングへ〜🚌💨
 
 
市内からバスで走る事3~40分、なんだか暗闇に停車
 
ふんふん、どっか洞窟の駐車場らしい
 
 
もうレイキャビック出る時からずーっとオーロラ出てたので位置の説明は必要なし
 
英語ガイドさんでしたが、オーロラ発生期限について熱く語ってくれた上、星空の案内も👏
 
 
ただレイキャビックでは今ジャン・レノンのライトアップがされていてオーロラ撮るにはちょっと紛らわしい😅
 
時々と言わず走ってくる車のライトも🚗...。
 
 
でもこの日もオーロラノンストップで3時間
 
携帯では📱露出補正してこのレベルでした〜
 

Image2

 
 
 
デジカメでチャレンジしたのはこちら
 

Image3_2

Image4

 
オーロラでお腹いっぱいの日々でした(((o(*゚▽゚*)o)))
 
 
 
 
でもね、ご飯も食べなきゃなの人間って、
でもアイスランドってとっても物価高いの(´;Д;`)sweat01
 
 
でもご安心あれ宇宙一うまい😋と言われるホットドッグ屋さん🌭
1個440isk(約500円)
 

Image5

Image6

 
もう一つ超庶民的食堂sægreifinn

 
ここはアイスランドロブスター(手長エビ)のスープが安くて美味しい
普通は2,800isk(約3,000円)が1,350isk(約1,500)(((o(*゚▽゚*)o)))
 

Image8

 
そのほかは串焼きのみ〜〜
 

Image7

 
お会計が先で番号貰ったら後は相席して待つだけ😆
 
 
お会計が最初って気が楽ですよ
 
 
まだまだ寒くないアイスランド🇮🇸へ是非お出かけください。
 
 
 
cat猫の手cat
 

※掲載のツアー内容・現地情報等は掲載日現在のものとなります。
 
▼▽▼ご紹介のコースはこちら▼▽▼
2021.01
loading...
WORLD情報局