こんにちは!
皆さんは、北欧といわれるとどんなイメージが浮かびますか?

「北欧?どこも一緒でしょ?昨年フィンランドに行ったからもう十分!」
という方もいらっしゃると思います。

実は、北欧5ヶ国(スウェーデン、ノルウェー、デンマーク、フィンランド、アイスランド)
の国々は、実際行ってみると街並みのイメージは全然違い「次回は一つ一つの国を
ゆっくりと訪れてみたい」という感想もよく聞かれます。

本日はそんな北欧の中でも最大の都市、ストックホルムをご紹介します。

Photo_6 ↑ストックホルムの街並み(C)Imagebank Sweden

ストックホルムはスウェーデンの首都、この夏羽田からいよいよANA直行便が就航
することで注目を浴びています!
毎年12月にノーベル賞の晩餐会が行われることでも有名ですね。

そのノーベル賞の母国スウェーデンには、ノーベル賞を感じる
ことができる観光地がいくつかあります。

その代表的なものがストックホルム市庁舎

約100年の歴史を持つ宮殿のような建物で、中でも
ノーベル賞晩餐会の会場になっている大広間ブルーホールと、
1800万枚の金箔モザイクで飾られた黄金の間が見学のハイライト。

The_nobel_prize_photo_jeppe_wikstro↑ノーベル賞の晩餐会(C)Jeppe Wikstrom

Img_0894
実際、晩餐会の映像でよく見る、あの大階段をのぼりながら見学する
という見学順路になっています。

せっかくだから、その歴史や意義についてしっかり学んで帰りたい、
もっとノーベル賞を感じたい方には、ノーベル賞博物館もお勧め。

Dsc_0435 
ストックホルムの旧市街、ガムラスタンの中心部にあるノーベル博物館は
18世紀に建造された当時の面影を残す、歴史ある建築物として有名ですが、
内部は現代風の作りになっています。

Nobel_prize_museum
ノーベル賞博物館では、ガイドツアーやビデオ、様々な資料を通してノーベル賞、
並びに創立者であるアルフレッド・ノーベルについて詳しく知ることが出来ます。
寄贈品、展示、映像からノーベル賞受賞者の生活や研究をのぞいてみましょう。

The_nobel_museum_4_photo_staffan_el

The_nobel_museum_1_photo_staffan_el
↑ノーベル博物館(C)Staffan Eliasson

時間がない方には館内のレストラン、ビストロ・ノーベルだけの訪問もお勧め。
ここでは、ノーベル賞晩餐会で出されたデザートを食べることもできます。

Nobel_dessert
椅子の裏には、歴代の受賞者の直筆のサインが書かれているので、
レストランでは、ぜひ椅子の裏を覗いてみましょう。

その中でも、1989年にノーベル平和賞を受賞したダライ・ラマ14世の
サイン入りの椅子や、2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞した
山中教授のサイン入りの椅子は天井から吊るしてあります。

Dsc_0441
なぜ天井からつるされているのか、気になる方は、その理由を店員さんに
聞いてみてください。
ちょっと笑える答えが返ってきます。

ストックホルム市庁舎や、ノーベル博物館にはギフトショップもあり、
実際のメダルに似せた「ノーベルチョコ」が人気のお土産として有名です。

Img_6864
ストックホルム市庁舎で売られているものと、ノーベル博物館で売られているものは、
ぱっと見では、一緒に見えますが、実は模様も味も違うんです。

どのように違うのか、をここで全部書いてしてしまうと面白くないので、
ぜひ実際に行って買って比べてみてくださいね。


※掲載の現地情報等は掲載日現在のものとなります。



 "オーロラを求めて北欧三ヶ国周遊8日間" に行って参りました。
最初の3泊がアビスコ国立公園内に宿泊するプランの方に添乗致しましたが、
今回はその3泊とも綺麗なオーロラを見ることができました。
 

Img_2805

Img_2798

 
2泊目moon3moon2
 

Img_2851

Img_2845

3泊目moon3moon2moon1
 

Img_2919

Img_2894

 
三泊目は心に余裕ができたので、
皆様自分を入れたり、自撮り写真なんかも試されてましたcamera
 
私も試してみましたnotes
こんな感じです。
 
 

Img_2961

ちなみにこの写真はすべてiPhoneで撮影しておりますmobilephone
あるアプリを入れると綺麗に撮影することができます。
 
 
私の機種は6Sですが、8をお持ちの方はさらに美しく画像でした。
 
もちろんミラーレスや一眼レフをお持ちの方はさらに素晴らしい写真になってました。
 
今シーズンは今のところかなりの確率で大きなオーロラが見えておりましたshine
 
今回のツアーでは
オーロラ鑑賞施設のあるアビスコの宿泊があり去年もよくオーロラが見えてましたsign01
北欧でオーロラ見たいと思っている方はアビスコ宿泊ツアーを
探してみてはいかがでしょうかhappy01
 
 
これから行かれる方、また来年検討の方
是非北欧にお越し下さいwinkshine
 
やまがた 
 

※掲載のツアー内容・現地情報等は掲載日現在のものとなります。
2021.01
loading...
WORLD情報局