グルメ 2007.03.17

今日は、フレンチ式ブレックファーストの一つ、chickOeuf a la coque ウフ・ア・ラ・コックをご紹介。

フレンチブレックファーストと言えば、一番ティピカルなのが、cafeクロワッサンにブリオッシュ、バター、ジャム、オレンジジュースとコーヒー又はココア・・・といったスタイル。基本的に「朝は甘いもの!朝からしょっぱいものなんて・・・」というのがフランス人の味覚です。japaneseteaご飯、味噌汁、焼き魚・・・と言った日本式正当朝食スタイルとはかけ離れています。

しかし甘くない朝食もあります。発祥地はフランスではないですが、一般的にフランス人の週末の朝食などとして、浸透しているのが、ウフ・ア・ラ・コック。↓



作り方は非常にシンプル

---------------------------------------

1.ゆで卵を作る方式で、卵を3分ゆでます。(卵は半熟になるように!)

2.バゲットを細長く切り、バターを塗っておきます。

3.後はゆで卵をコックティエ(写真参照)に置き、卵の上から1cmぐらいのところを切ります。(切る専用の器具もありますが、ナイフでもOK)

4.切りあけたところに塩コショウをふりかけて、バゲットに卵を浸して食べます。

---------------------------------------

説明が下手でイメージがわかないかもしれませんが、このシンプルな料理。ok意外とおいしかったりするのです。

是非日本にいても簡単で手軽な、フレンチブレックファーストを試して見てはいかがですか?

(HISパリ支店 NI)

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    • 投稿: his-paris -2007年3月19日 (月) 15時31分

      ■無題
      はい。一人前2個です。フランスの食べ物はおいしいのですが、バターにクリーム、砂糖に卵と、大変高コレステロールです。慣れていないと体調が不調になってしまうので、お気をつけ下さい。

    • 投稿: PINKO -2007年3月19日 (月) 09時31分

      ■卵2個!
      おいしそうですね~これは一人前で卵2個なんですね??子供の頃から「卵は1日に1個よ!」と母に言われてい以来一日1個ペースなPINKOですがこんなおいしそうな食べ方なら2個いけちゃいますね!!

    

    HIS パリ支店

    2020.07
    loading...