散歩が楽しい!というのがパリの好きなところの一つですが、また別の楽しみ方を見つけました。

 

パリ市内観光名所を中心に巡回するバス、ロープン・トゥールです。

この目立つ外観、見たことのある方も多いかもしれません。

 

Dsc01159

2階はデッキになっていて、オープンな眺めを味わうことができます。

 

バス停は、パリの市営バスと一緒になっている場合と単独の場合があります。

オペラから一番近いバス停は、市営バス停留所と一体型。ショコラティエ ゴディバのすぐ横です。

Simg_3486

目印は、緑色の『L'OPEN TOUR』のロゴです。

 

Simg_3487_3 

4つのラインがパリ市内観光名所を中心に運行しており、停留所は50箇所以上です。

Pot

乗り降り自由ですので、ご自分のペースに合わせてご利用いただけます。

路線、季節によって運行間隔が変わります。

夏季(4~10月)   運行間隔 始発時間 終着時間
緑ライン 10分 9:30 21:10
黄色ライン 15分 9:25 19:50
オレンジライン 20分 9:30 19:10
青色ライン 20分 9:15 19:25
冬季(11~3月) 運行間隔 始発時間 終着時間
緑ライン 30分 9:35 18:30
黄色ライン 30分 9:25 18:20
オレンジライン 30分 9:45 18:35
青色ライン 30分 9:20 19:00

◎運行状況

http://www.opentour.com/wp-content/uploads/Horaires.pdf

◎地図(PDF)

http://www.paris.opentour.com/wp-content/uploads/Plan_circuits_Paris2013.pdf

◎地図(インタラクティブ)

http://www.paris.opentour.com/en/lines/

 

今回は、緑ラインに乗ってみました。

4つのラインの中で一番オーソドックスな観光名所を廻るラインです。

パリ支店で購入したチケットをバスドライバーに見せると、日付の書かれた紙に換えてくれます。これと、イヤホン(使い捨ての新品)を受け取ります。

Dsc01146_6 

オーディオガイドで、次の停留所や観光スポットの案内を教えてくれます。日本語なので安心です。日本語は、6番です。

Dsc01138_2

説明の合間には、シャンソンなどパリらしい音楽も流れます♪

◆オペラ〜ルーブル美術館〜(セーヌ川沿いを通って)〜ノートルダム大聖堂

 

Ssainedsc00173

ここで一度下車。

Sdsc00179

ノートルダム大聖堂は、パリで一番観光客の訪れるスポットです。パリのゼロ地点は、広場にあります。ここを踏むとまたパリに帰ってこられると言われています。

 

Sdsc00186

◆ノートルダム大聖堂〜オルセー美術館〜コンコルド広場〜シャンゼリゼ通り

 

シャンゼリゼ通りには、3カ所の停留所があります。

流れてくるBGMはもちろん、「オーシャンゼリゼ♪」

 

凱旋門へと向かいます。

世界で一番美しいと言われ、「晴れでも、雨でも、昼でも、夜でも、欲しいものは何でもあるさ」と唄われた街路、シャンゼリゼ大通り。

リド、ルイ・ヴィトン本店、ラデュレ、フーケッツ、プジョーなどが並んでおり、歩くのも良いですがたくさんの人が歩いているのを上から見ながら通るのも一興です。

 

Sdsc01128

さながら平和なパレード気分です!(ちょっと大げさですが)

 

フランス人にとって一年で一番大事な日、革命記念日にはここで大統領の指揮するパレードが行われ、沿道はたくさんの人で埋め尽くされます。

 

◆凱旋門〜トロカデロ〜エッフェル塔

 

エッフェル塔のまわりを一周するので、さまざまな角度でのエッフェル塔を見ることができます。

Dsc01147_2

まだまだ名所続きのパリの街。

 

◆エッフェル塔〜グランパレ/プチパレ〜コンコルド〜マドレーヌ〜オペラ座

 

Salexdsc01152

一巡してオペラ座まで戻ってきました。途中下車しなければ一周約2時間のラインです。

 

おすすめは2階のデッキ席ですが、寒かったり雨が降って来たりしたら、1階席へどうぞ。

 

とにかく楽しい!というのがロープン・トゥールに乗った感想です。

名所を一挙に見られるので滞在期間が短い方も、移動手段として使いたい方も、初めてのパリで全体を把握したい方にもおすすめです。

Sdsc01156_4

効率よく市内を移動したい場合には、メトロが便利ですが、残念ながらパリの街を見ながら移動することはできません。市営バスも走っていますが、路線は少し複雑で、観光に適しているとは言い難いです。

ロープン・トゥールなら、主要な観光スポットを結んでいるので目的地近くに停留所があれば、車窓風景も楽しみながら移動することができます。

 Sselfdsc01143

そして、何より写真がキレイに撮れるのも大きなポイントです。写真を沢山撮ってしまいました。絵になる街です。セルフィーしているお客さんもいました。


 
パリ支店では、1日券/2日連続券/3日連続券の3種類のロープン・トゥールチケットを扱っています。

1日券は現在(2015年3月)32EURのところを30EURに割引販売中!

2日券:36EUR, 3日券:40EUR

http://goo.gl/Vqg6TI

http://activities.his-j.com/TourLeaf/PAR0116.htm

※紹介ビデオも公開中ですので是非ご覧ください。

(NK)

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    H.I.S. パリ支店

    2019.09
    loading...
    WORLD情報局