みゅう催行 wineランス・シャンパーニュツアーbarに参加して参りました!

ツアー詳細:http://activities.his-j.com/TourLeaf/PAR0071.htmpc

ツアーに参加させて頂くにあたり楽しみにしていたのは、

世界的に有名なシャンパンカーブの訪問とシャンパンの試飲bar

地元ぶどう農家のレストランで味わうシャンパンとランチrestaurant

フランスに渡った画家「藤田嗣治」の傑作 フジタ礼拝堂内の見学event

歴代フランス王の戴冠式が行われた世界遺産 ランス大聖堂見学crown

モネ、ピサロ、ルノワールなどの作品があるランス美術館の見学art

お楽しみポイント満載でしょう?!?それはもう、ツアーの日が楽しみで前日は寝付けませんでしたhappy02

ツアー当日。若干寝不足な気分は置いといて、無事集合場所であるギャラリーラファイエット本館正面玄関に到着flag

P1080869_210月も末にさしかかり、7時45分の時点で辺りは真っ暗night

すでにツアーのアシスタントさんが集合場所にいらっしゃり参加者の出席を取っていらっしゃいました。名簿を確認したらいざバスへ乗り込みますupbus席は早い者勝ちdash

その日のバスは57名乗りの天井ガラス窓!

P1080875美しき朝焼けの空がパノラマで見られて、早起きは三文の徳ということわざを思い出しました。

パリを出発してからバスに乗ること1時間45分、ランスに到着いたしました~sun

いよいよ、楽しみのひとつであるシャンパンカーブの見学と試飲です。upupup

世界的に有名なシャンパンセラー、テタンジェ社(Taittinger)にやって参りました。施設内の小さなシアターでシャンパンやテタンジェの歴史をざっくりお勉強。bookpencil(約10分)

P1080885その後地下20mのシャンパンカーブへ。螺旋階段を下へ下へ↓↓↓

P1080886 地下のカーブ内はひんやりしていて、薄暗いスペースにぎっっっしり、シャンパンボトル達が眠っておりました。こんなにたくさんのシャンパンが、やがては世界中の人の手に渡り、飲まれていくのだなーshineその昔使用されていた地上へ続く階段がこれまた雰囲気抜群coldsweats02

P1080902

P1080897 カーブ見学終了後螺旋階段を上へ上へ↑↑↑ゼーゼーハーハーsweat01

頑張って上りきったところでシャンパン試飲が私たちを待っていましたbarheart04

P1080906_2

P1080909 シャンパン通な参加者の方いわく、さすがテタンジェ製、洗練された上品なお味!紅葉したマロニエの木とおそろいカラーのシャンパンを、堪能いたしました。トレビア~ンbargawk

テタンジェ社の見学の後は、街のはずれのシャンパン農家へ向かいます。

あたりは一面ブドウ畑。お天気にも恵まれて、気持ちよーい!

P1080915

P1080918

P1080921 見晴らしの良い昼食会場で農家特製シャンパンとおいしい昼食を頂き、参加者の皆様ほろよい気分で会話がはずむはずむhappy02

前菜にフォアグラのテリーヌ、メインは鶏肉(または魚肉のソーセージ)とキッシュ、デザートはクリームのケーキ。

P1080927

P1080930

P1080933 お食事の後は、楽しみにしていたフジタ礼拝堂の見学です!

P1080939礼拝堂内は日本人画家レオナール・フジタ(藤田嗣治)の手がけたフレスコ画が独特の迫力を放っていました。(礼拝堂内撮影禁止)

その後はランスの街を散策です。

世界遺産のランス大聖堂内を見学shine

P1080943

P1080946

P1080954

P1080958大聖堂見学後はフリータイムです。私はランス美術館の見学をした後街をぶらり歩きし、マロニエの紅葉が舞う街角のカフェでコーヒーを飲みながら優雅に過ごしました。ランスでの滞在時間は2時間ほどで、大聖堂や美術館の見学を含めてもちょうどよい時間配分でした◎

16時半にランスを出発し、パリのオペラ座に到着したのは19時40分。

想像していた以上に魅力満点、充実したツアーでした!

※当ツアーは夏期限定催行となっております。来期は4月からの催行予定。

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS パリ支店

    2020.12
    loading...
    WORLD情報局