¡Hola! ¿Que tal? Yuです!

 

今回のキューバ番外編は、ベリーズで出会える伝説のもとになったあのどうぶつ!

 

ところで皆さん!人生で一度は無人島に行きたいと思ったことはありませんか?

 

私は無人島ライフを送るのが、やりたいことのひとつです(^^♪

無人島と言っても私の理想は、白浜でできていてヤシの木がたくさん生い茂り、

辺りはきれいな海に囲まれている島です。

 

そんな夢の無人島が本当にありました!!!

Image3_2

もうこれこそ楽園!!と言えますよね(^^♪

 

こんなところにいけるチャンスがあるなら、もう行くしかありません!(^^)/

 

この島は”Goff's Caye” ゴフキーと言って、ゴフ島とも呼ばれています。

ベリーズのここら辺に位置しています。 ↓ ↓ ↓

Image4

 

ベリーズシティからボートでむかい、ゴフ島に到着です。

Image2_2


無駄なものが何もない無人島。

 

この時は頭の中も空っぽにして、ただただこの空間、景色、ゆったりと過ぎる時間の中に身をおきましょう。

 

太陽を浴びて、ヤシの木が風に揺れる音を聞いて、海のきれいさと広さを感じながら

何もしないでいいのです!幸せですね~(^^♪

もちろんシュノーケリングもでき、海の中の世界も楽しめます。

色鮮やかなかわいい熱帯魚を見に行きましょう(^^♪

 

ランチタイムは最高なコンディションでバーベキュー!!

何から何まで大満足できちゃいます(^^)/

 

 

また、ゴフ島に向かう途中では、実は人魚のモデルとも言われている

マナティに出会えます!!

 

ベリーズシティから出発して30分程、マナティ保護区があり、

マナティを間近で見学できます。

Image1_2

絶滅危惧種となってしまいました。


皆さんも一緒にかわいらしいマナティを守っていきましょうね~!

 

 

幸せなひと時を過ごせる無人島と、貴重なマナティに出会いたい方は

こちらをご参照ください。

 

マナティウォッチング&無人島ゴフキー日帰り観光ツアー

 

 

このような体験ができるのも、みんなで一緒に、今ある環境を大切に守り続けているからです。

実際に来て幸せを感じられたら、より日常でもエコを意識していただけたら

嬉しい限りです(^^♪

 

 

Yu

 

 

=================================
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

記事の内容が新型コロナウイルス拡大前の内容になることがございますが、皆様が安心してお越しいただけるようになった際に参考になることを願い、引き続き情報をお届けしていきます。

何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。

どうぶつ 暮らし 2020.09.16

皆さん、はじめまして。HISガイドのダニエルです。

  

僕は今、ハバナ大学で日本語を学んでいて、この前の日本語スピーチ大会では準優勝できました。HISキューバ支店が「アジアの家」でお手伝いしている、日本語クラスでも日本語を習いに行っていて、日本が大好きです!

Whatsapp_image_20200917_at_105458

今日は、僕の日常を日本語で書きましたので、是非読んでください!

僕は、毎日午後に、飼い犬と散歩に行きます。犬は黒いラブラドルレトリバーです。元気な犬ですから、散歩が退屈にならないように、毎週散歩の場所を変えて散歩をするようにしています。

Whatsapp_image_20200918_at_105500

今回選んだ場所は、家の近くの小さい山でした。

この山は、グアナバコアの自治体にあります。

子供のとき、この場所は僕の遊び場でしたので、多くの思い出を呼び起こしました。

Whatsapp_image_20200917_at_101117

おばあさんが、「その山の名前は”原住民の山”だよ」と言ったから、インタネットでこの場所の情報を探してみることにしました。見つけられた情報は、とっても興味深い内容でした。

 

専門家によると、グアナバコアは先住民の言語で「山と川の場所」という意味があります。1554年には存在し、グアナバコアの自治体の最初の住民は先住民でしたが、スペイン人入植者は反抗を避けるように先住民を離しました。スペイン人入植者によって先住民は住む場所を選ばされましたが、その理由で、原住民の山は先住民によって選ばれた山です。山の周りには果物がたくさんあって、土地はとても肥沃でしたから、平和に暮らせました。

その後で、1743年にグアナバコアの村が大きくなって、いろんな原住民は山に住むのことをやめて移り住んで行きました。今でも、グアナバコアの文化の中には、先住民の文化が多く残っています。

原住民の山は、普通の山ですけど、山の頂上からは美しい眺めが見えています。

Whatsapp_image_20200917_at_10111_2

500年前の眺めも美しかったのだと、思っています。

  

来週は他の場所を散歩に選ぶから、今度はどんな場所が待っているのかな、と思っています。また調べてみたいです。

Whatsapp_image_20200918_at_105403

また、ブログで会いましょう!

キューバでもお待ちしています。

   

ダニエル

どうぶつ 暮らし 2020.08.26

皆さん、おひさしぶりです!HISキューバハバナ支店のダヤネットですhappy01

私は今は、観光のお仕事がないので自粛生活を続けています。

早く皆さんとお会いしたいですshineshine

Whatsapp_image_20200825_at_102806

  

キューバの医療管理システムは世界の中でも優れていると言われており、感染者はそれほど多くありません。ハバナでは一時感染者が0人である日々が続き、ところが自主隔離の呼びかけを緩和したとたんに感染者が増えてしまったので、再度政府はハバナを閉鎖してしまいました。私は毎日、夫と猫と、自宅で静かに隔離生活を続けています。

 

cat今日は、私の猫の話をしたいと思いますcat

 

私は4月にプライベートストアで猫を2匹購入しました。猫しか売っていない特別なお店です。 キューバでは、インターネットで見るような(外国によくある)ペットショップは存在せず、個人で犬や猫を売っている人たちに連絡をして、ペットを購入します。

私が訪ねた飼い主のオルガさんは、野良猫の救出活動をしており、猫を300匹以上飼っていましたsign01

2

3_2

 

オルガさんはその救済活動を、キューバブルーの猫を売ることで行っています。

キューバブルーはロシアブルーの猫に非常に似ていますが、 値段は80CUC~150CUC(8500円~16000円)以上します。キューバ人の一般的な月の給料が30CUC(約3200円)程なので、とても高価な猫ですが、オルガさんはその売上げを約300匹の猫の飼育費にあてています。

 

これは、私のかわいいペット、キューバブルーのLouieです。お転婆ですcat

Nombre: Louie    Edad: 9カ月    raza: Azul Cubano

1

今度自粛規制が終わったら、オルガさんにインタビューして、ペットショップの紹介をブログに書きたいと思います!

Whatsapp_image_20200825_at_102606_

 

ダヤネット

¡Hola! ¿Que tal? Yuです!

 

今回もキューバ番外編、ベリーズについてお届けします!

 

本日は、前回同様ベリーズでできるアクティビティをご紹介していきます(^^♪

前回ご紹介したアクティビティが気になる方は

こちらをご覧ください→自然が満喫できるアクティビティ

 

さて、本題の今日のアクティビティは、、動物園ツアー!!!

なんだ~定番やん!て思いましたよね??

 

ベリーズ動物園日帰り観光ツアー

 

ここ、ベリーズ動物園は一味も二味も違うんです!!

そんなベリーズ動物園の、

これを知ったら行くしかない⁉見どころ&魅力POINT3

をご紹介します。

 

POINT#1 ジャガーとキス&タッチ!!!

Image2_5

書いた通りですが、ジャガーがキスしてくれ、肉球やふわふわなお腹にタッチできます。

皆さんジャガーのカッコよさ、ご存じですか⁉

Image4_5

最大のネコ科、ジャガーは中南米生息で、私が住んでいるカンクンも昔はジャングルで、野生のジャガーが生活していたのです。

 

ヒョウに似ているとも言われていますが、ヒョウよりも体が大きく、体も頑丈でがっしり!
他のネコ科(トラやチーターなど)よりも足が短いので、脚力がダントツです。

 

ジャガーは普段、森の中など地上で生活しています。
さらに、泳ぎも得意で水に入ることに抵抗がなく、川で魚をとったりとなんでも食べます。

 

ですが、自分で捕まえても食べきれなくなった獲物はその場に残しておき、
次の日に残すだけでなく、他の動物に与えるやさしさも兼ね備えています。

 

夜行性なので、園内では猫のようにまったり過ごしている姿が見られると思います。
そんな強くてやさしいジャガーと触れ合える貴重な体験をぜひとも!

Image1_6

 

POINT#2 ベリーズの国鳥トゥーカンと写真タイム&エサやり体験!!!


トゥーカンとはこんな動物です ↓ ↓ ↓

Image3_4

なんだか愛嬌のある顔な気がしませんか?(^^♪

 

オオハシ科のトゥーカン、こちらも中南米(カリブ諸島以外)に生息し、全長は30-60cm。

 

頭より大きな、特徴的なクチバシはこんなにも大きいのに、細い枝先の果実を採食し、
それぞれの鳥の識別に役立っているそうです。

 

どうしてこんなにクチバシが大きいのか、などまだまだ明かされていない謎がたくさんあるトゥーカン。

 

ここでしかできない体験をしたら、きっともっと興味を持つはずです!(^^♪

 

 

POINT#3 36種150以上の動物たちが暮らしている!!!

 

ベリーズ動物園の動物はすべてベリーズで生まれた動物で、ケガしていたり野生へ帰れなくなった動物ばかりです。

 

ここで保護されながら飼育されています。しかしどの動物も野性味たっぷりで、本来の動物の特徴がみることができます。

 

国獣のバクなど、ここでしか見られない、珍しい動物がたくさんいます。

どんな動物がいるかは来てからのお楽しみです!(^^)/

 

ベリーズ中心部からバスで45分ほどですが、効率よく観光、旅行されたい方は
ツアーに申し込んで行くのがおススメです。

お気軽にお問い合わせください。お待ちしております(^^♪

 

 

Yu

 

 

=================================
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

記事の内容が新型コロナウイルス拡大前の内容になることがございますが、皆様が安心してお越しいただけるようになった際に参考になることを願い、引き続き情報をお届けしていきます。

何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。



HIS ハバナ支店

2020.12
loading...
WORLD情報局