¡Hola!

 

こんにちは!インターン生の奥出です😊

 

インターンもあっという間に残りわずかとなってしまいました、、

あっという間です😭

 

今日は先日訪れたトリニダーとシエンフエゴスの紹介をしたいと思います♪

 

トリニダーとシエンフエゴスはどちらも街自体が世界遺産に登録されていて(トリニダーは1988年、シエンフエゴスは2005年に登録されました)、とても可愛らしい街並みなんですよ🏘

 

2泊3日で行ってきたのですが、シエンフエゴスはハバナから約200km、トリニダーはハバナから約300kmとどちらもハバナからはとても遠いです😌

 

移動手段はタクシーかバスになるので、私はハバナ→シエンフエゴス、トリニダー→ハバナはバスで移動し、シエンフエゴス→トリニダーはタクシーを使いました!

 

シエンフエゴス→トリニダーに行くためのタクシーは50cucと少し高い値段でしたが、複数人で旅行をする場合はタクシーの方がスムーズに目的地に到着できるのでいいのではないでしょうか🚕

 

~シエンフエゴス~

Img_8209_2

Img_8211


まずはじめにハバナから約4時間、シエンフエゴスに到着しました☆

 

シエンフエゴスでは街を少し歩いただけなので2時間ほどの滞在でしたが、街並みの写真を撮っているだけで楽しかったです♪

 

Img_8224_2

 

これは地元のお兄さんにどこか美味しい店はないかと聞いたところ教えてもらったお店で頼んだピザ🍕

 

味は、、、普通でした🙂このサイズ感で4cucと値段はそこまで高くなかったです!

 

~トリニダー~

 

そして、シエンフエゴスからタクシーで1時間半ほどかけてトリニダーに向かうのですが、このタクシーがとても楽しかったです😂

 

シエンフエゴスからトリニダーへ向かう道は山あり谷ありのようなルートなので、タクシーがジェットコースターのようなアトラクションと化し、一人で絶叫して運転手に笑われていました(笑) 

 

 

Img_8309

 

とうとうトリニダーに到着しました!もっとど田舎な街を想像していたのですが、素敵なレストランやバー、お土産物屋さんがたくさんあり、とても街歩きが楽しかったです♪

 

今回はカサに泊まったのですが、カサのオーナーもとても親切で(ただカサの場所がとてもわかりづらく、後からマップで現在地を確認しても道から外れたところに家がありました😂)、安心して泊まることができました🛌

 

 

Img_5378

↑カサのテラスからは素敵な景色が広がっています🌇

 

Img_8291

↑カサの朝食はテラスで食べることができます🌄

 

 

そして、今回トリニダーを訪れた一番の目的は、マナカ・イスナガに向かう観光列車に乗ることです!

Img_8383

↑かっこいい列車です!窓もないのでアトラクションみたいです♪

Img_8312

↑可愛らしい駅舎。ここでチケットを買うことができます!

 

マナカ・イスナガは世界遺産のロス・インへニオス渓谷の駅で、シンボルとなるイスナガの塔からはこのロス・インへニオス渓谷を一望することができます!!

Img_8362

↑イスナガの塔の前にはお土産を売っている人たちがたくさんいます!

 

このイスナガの塔(1cucで登ることができます)、7階建てなのですがかなり階段が急で運動不足の私には結構きつかったです、、

 

ブログを書いている今も筋肉痛で階段を手すりなしでは降りられないという無様な状態になってます(笑)

 

 

Img_8313↑出発・到着時刻と料金が書かれた紙が駅舎に貼られてあります

 

電車は1日1本で9時半発、15時にトリニダーに到着します。

写真の通り、大人は1人15cucで乗ることができます。

 

マナカ・イスナガを出発した後は終点のguachinangoに向かいます!

guachinangoにはレストランがあるため、そこで1時間半の休憩をとりつつ、またトリニダーまで戻るルートになっています🚞

 

列車は窓がなく、トリニダーの綺麗な空気を堪能しながら乗ることができるので、是非時間のある方は乗ってみてくださいね♪

 

また、今回は行けなかったのですが、トリニダーからタクシーで10分ぐらい走るとアンコンビーチという素敵なビーチもあります🏝

 

バスの帰り道から見た海がとても綺麗だったので、ビーチでまったりするのもトリニダーの観光の楽しみ方としてはいいかもしれませんね🏊

 

☆トリニダーで訪れたレストラン☆

 

最後はトリニダーで私が夜ご飯のときに行ったレストランの紹介をします!

トリニダーはおしゃれなレストランやバーがとてもたくさんあるため、どこに入るかとても迷ってしまうので、事前にリサーチしておくのもおすすめです🤓

 

①ochun yamaya

Img_8285

 

このお店はハバナでお話をしたメキシコ人の観光客におすすめしてもらいました!

 

私はここでropa viejaという牛すじ肉とトマトの煮込み料理を食べました(5.5cuc)🐮

Img_8284_2

コメは少し柔らかかったですが、とても美味しかったですよ♪

観光客で店内は賑わっており、ロブスターを食べているお客さんも多かったです🦐

メニューはどれもかなり安く、コスパも良いです!

 

②SAPORI ITALIANI

Img_8524

このイタリアンのお店は、トリップアドバイザーでも人気のお店。

旧市街から少し歩きますが、外観がとても素敵です♪

Img_8523

頼んだメニューはマッシュルームとベーコンのフェットチーネです🍝

すごくクオリティが高くびっくりしてしまいました!笑

店内もとてもおしゃれで夫婦で来られている方が多かったです。

 

もっと色々なメニューを頼みたいぐらいでしたが、一人では1つのメニューで限界でした😔

 

③LA CANCHANCHARA

Img_8528

店名のカンチャンチャラとは、トリニダーの名物カクテルでラム酒とレモンとはちみつが混ざったカクテルです🍸

ここのバーは吹き抜けの空間で音楽を聴きながらゆったりとお酒を楽しむことができます🎷

Img_8526

↑薄い陶器のコップに入っています🥃

 

カンチャンチャラ以外にもモヒートやダイキリなどキューバの定番カクテルもありますよ😍

 

トリニダーとちょっぴりシエンフエゴスの紹介でしたが、いかがでしたでしょうか??

 

空気も綺麗で自然豊かな街はハバナとはまた違った魅力があるため、旅行プランに余裕のある方は是非行ってみてください♪

  

また、1泊2日でトリニダー、シエンフエゴス、サンタクララ の3か所が回れちゃう、すごいリーズナブルでマーヴェラスな英語混乗パッケージツアーもあります!

  

興味のある方は以下のURLをクリックしてください♪

  

【サンタクララ・シエンフエゴス・トリニダー1泊2日ツアー】

https://activities.his-j.com/TourLeaf/HAV0043/

  

 

キューバ支店は、これから定期的にキューバの”旬”をお届けします♪

〜毎週水曜&土曜にブログ更新中! お楽しみに〜

 

奥出

ハバナを写ルンですで撮影する魅力とコツをご紹介します。

 

~この記事は3分で読めます~

 

ハバナの旧都市オールドハバナ × フィルムカメラ は、史上最高の組み合わせでした!

 

そんな素敵な街の写真と共に、撮影時のコツや注意ポイントをご紹介いたします。

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

かれこれ4年前から、フィルムカメラ”写ルンです”にはまっている私です。

 

旅行の度に連れており、今回のキューバ旅行にも連れて行ったのですが.......

 

Hav0042_01お散歩中の1枚

 

Hav0042_02宿泊したホステル近くの風景

 

Hav0042_03郊外エリア近くのクラシックカー

 

 

こんな風に、ハバナではどこで何を撮っても雰囲気バツグンの1枚が取れてしまいます!

 

こりゃーーーシャッターが止まらない止まらない。

 

あっというまに1台(27枚分)を使い切ってしまいました。

 

上手く撮影するポイントは、2つあると個人的には感じております。

 

 

 ①色合いの濃いオールドカーを探すこと

 

 ②後ろの背景とのバランスを考えること

 

 

①色合いの濃いクラシックカーを狙うこと

 

 フィルムカメラは、”くすみ”が特徴です。

 

 例えば、カンカンに日光が差す中で薄ピンクのクラシックカーを撮っても

 

 白っぽく写ってしまいます。キューバの晴れの日は比較的、日光が強いです。

 

 自然光とのバランスを良く撮るために、できるだけ濃い色のものを狙いましょう。

 

Hav0042_04

②後ろの背景とのバランスを考えること

 

 クラシックカーと背景のバランスを考えて撮ると、

 

 最大限に街の味わい深さを引き出すことができます。

 

 ランドマークはもちろん、ヤシの木の並ぶ道や、古めの家屋の近くで撮ると

 

 とってもキューバらしい一枚になります。

 

 あちらこちらにクラシックカーが行きかっているので、

 

 お気に入りの構図を見つけてみましょう~!

 

Hav0042_05

一方で、この国ならでは・SNSにアップする際に気を付けるべきポイントもあります。

 

 

 ①チップを要求される可能性があること

 

 ②SNS上にアップする際、カーナンバーに加工を施す配慮を忘れないこと

 

 

①チップを要求される可能性があること

 

 これは私が実際に撮影していてあった体験です。

 

 実際にはその車の所有者ではなく、

 

 あわよくばチップをもらえるだろうという思惑で要求されただけでしたが....

 

 キューバの人々は温かくていい人ばかりですが、

 

 隙あらばお金を要求してくる人も珍しくないのでビックリしないように

 

 胸に留めておきましょう。

 

 

②SNS上にアップする際、カーナンバーに加工を施す配慮を忘れないこと

 

 街中で色々なクラシックカーを撮影していると、

 

 カーナンバーはやはり写りこんでしまいます。

 

 個人情報の観点から、SNS上にアップする際は

 

 加工を施して見えないようにするのを忘れないようにしましょう。

 

Hav0042_06

 

以上、写真と共に簡単なコツとポイントをご紹介しましたがいかがでしょうか。

 

それでは本日はこの辺で。最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

----------\今回の旅ブロライター/----------

 

      ぐっちゃん

 

 世界のお酒と秘境を求めて三千里

 

----------------------------------------------------

 

 

 

~毎週水曜&土曜に更新中!~

レトロ感溢れる魅力いっぱいのキューバに是非きてみませんか?

素敵な写真が撮れるハバナ街歩きツアーはこちらから



HIS ハバナ支店

2020.08
loading...
WORLD情報局