¡Hola! ¿Que tal? Yuです!

 

今回はキューバ番外編、ベリーズについて取り上げます!

 

皆さん、ベリーズって聞いたことありますか?

メキシコと国境を接し、ユカタン半島の付け根部分に位置します。

Image4_3

カリブ海に面し、美しい海とサンゴ礁に恵まれた素敵な国です。

 

ベリーズの国旗はこちら!

Image3_2

1950年、英領ホンジュラス(ベリーズのイギリス領時代の国名)が独立運動が始まった際に作られました。独立時に上下の赤線が追加され、現在のデザインとなっています。中央はベリーズの国章でもあり、 世界で唯一人間が描かれた国旗です。

 

なので国内で見られるベリーズの国旗のデザインは、人をそっくりそのまま描くのは難しく、それぞれに多少の違いがあるのもユニークですね(^^)/

 

自分にも友達にも、ぜひお土産は国旗が描かれているものがおススメです(^^♪

 

 

ベリーズのことばと人々

 

イギリス領だったため、公用語は英語です。また、クレオール語という、英語の方言もあります。

 

中米唯一の英語圏でもあるので、より気楽に足を運べるのではないでしょうか(^^♪

 

メキシコと陸続きなので、スペイン語も人口の半数以上が使えます。

 

さらにマヤ文明の発展の地でもあるベリーズはマヤ語族の先住民ぼ言語も使え、マルチリンガルといえます。

 

ベリーズは白人とラテンアメリカ先住民の混血、メスティーソ人が半数を占め、アフリカ系黒人のベリーズ・クレオール、マヤ族、カリブ族、白人・華人と多人種・民族です。

他民族で様々な人種が共存していますが、今まで一度も民族紛争がないそうです。

 

なので、まだまだ馴染みのない国に感じるかもしれませんが、あたたかく迎えてくれると思います!

 

 

首都 ベリーズシティ

 

ベリーズ最大の都市、ベリーズシティはカリブの楽園都市と言われています!

Image6

ベリーズと言えば海!ブルーホール! のようなイメージがあると思いますが、

ベリーズシティ、市内には歴史からダウンタウンまで、街を歩けばベリーズについて

より楽しく、深く知ることができます。

Image1_4↑イギリス統治時代のセントジョンズカテドラル教会や
 

Image2_3↑ベリーズシティスウィングブリッジ
 

ベリーズ川の上にかかり、ベリーズシティの北と南をつなぎます。

Image5↑ダウンタウンの様子。街中カラフルで明るい雰囲気はさすがカリブ諸国です(^^♪

 

イギリス領であった時の建物や街の雰囲気と、カリブ海に位置する陽気な雰囲気が同時に楽しめ、味わえます!

 

ぜひぜひ、きれいな海を堪能するのとご一緒にベリーズの国、人々を体感しにベリーズシティ観光に街へ出向きませんか?

 

ベリーズシティ発観光ツアー
こちらのツアーではガイドと一緒に市内をまわるので、安心して市内観光をお楽しみ頂けます。お1人様から参加可能です(^^)/

 

ぜひとも!! 一緒にベリーズの街を歩いたら、もっともっとベリーズが好きになるはずです(^^)/

 

 

Yu

 

 

=================================
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

記事の内容が新型コロナウイルス拡大前の内容になることがございますが、皆様が安心してお越しいただけるようになった際に参考になることを願い、引き続き情報をお届けしていきます。

何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。

SHIHOです♪

ただ今キューバはマンゴーのシーズン❤

簡単にお菓子が買えないキューバでは、何か甘いものが食べたいな~と思った際、選択肢として手っ取り早いのがフルーツです(...健康的です❗)

キューバに来たばかりの時、あちこちでなっているこの木の実がなんなのか分からなかったですが、正解はマンゴーでした。

B612_20200418_164153_134

あちこちで木を見つけることができます。

B612_20200418_164138_712_3

そして木の持ち主から大量にマンゴーを売ってもらえます。

B612_20200426_231211_776

個人の家で分けてもらっているので、それぞれの家によって相場が変わってきますが、

私は40個分けてもらって80円でした♪

 

小ぶりでファイバー多めなマンゴーですが、甘くてジュースにしたり、ジャムにしたり。毎日マンゴー食べて、甘いものを食べたい欲望を紛らわせてsign02おります。

  

キューバのマンゴーsign03

雨季の季節が時期になりますが、観光中もなっている木が見れると思いますので、

マンゴ-の季節っぽいな!!と思ったらタルト、ジャム、シェイク…

とにかくマンゴーデザ-トを飽きるまで食べてみてください。

美味しいです!!

SHIHO

===編集後記===

新型コロナウィルスの影響で、キューバは現在入国制限を実施していますが

普段通りの日常が戻った暁には、ぜひキューバへお越しください!


キューバ人はコーヒー好き❤️


食事が終わると必ず「コーヒー飲む?」と聞かれ、2口サイズのカップにエスプレッソを注ぎ、そこに砂糖をいれてお口直しに飲む。


日本人が飲む、いわゆるアメリカンスタイルのコーヒーはキューバ人にとっては薄すぎてお口に合わず、そして日本人にとってはキューバコーヒーは濃すぎて、最初は眠れなくなるお客様も多い。。。


でも毎日飲んでいると、もうキューバの濃いコーヒーが癖になってしまい、日本式のディップコーヒーには戻れなくなってしまう....そんな魅力をもったキューバコーヒーcafelovely

わたしは以前は、特にコーヒー好きでも何でもない普通の日本人でしたが、今では朝と食後のコーヒーは絶対欠かせない身体になってしまいましたhappy02

キューバのコーヒー。皆さんお土産に持ち帰る方も多いと思いますが、日本でどのように飲んでいますか??

キューバのコーヒーは、直火式のエスプレッソメーカーで飲むのが一般的です‼️

まさか...ディップして、エスプレッソじゃなくコーヒー式に飲んでいませんか?!

一度日本の母親に持ち帰ったところ、ディップして飲んだら「苦くて美味しくない」と言われてしまいましたcrying キューバのコーヒーは是非エスプレッソにして濃い目で飲んでくださいね。

B612_20200519_203858_714

そんなキューバ産のコーヒー。実はハバナでは、自家焙煎のお店は二つしかありません。

「El Escorial(エスコリアル)」「Cafe O’Reilly(オーレリー)」。歩いて行ける距離にあるにも関わらず、コーヒー豆を求める人で常に並んでいて、しかも今年はコーヒーがあまり採れなかったようで直ぐに売り切れて在庫は翌日販売にまわすので沢山は売ってくれない...かなり貴重なコーヒーです♪cafedollar

今度キューバに来たら、お土産にいかがでしょう。

HISキューバ支店の人気ツアー、旧市街ウォーキングツアーでも、お店の行き方を教えて貰えますよ♪

 

コーヒーネタ、長くなるので次回に続きます.....

SHIHO

 

===編集後記===

新型コロナウィルスの影響で、キューバは現在入国制限を実施していますが、本ブログでは今後もキューバについてのニュースをお届けします。

普段通りの日常が戻った暁には、ぜひキューバへお越しください!

¡Hola! ¿Que tal? Yuです!

 

今も街中を走っているクラシックカーはキューバの魅力のひとつです。

もうすでに多くの方がこのことはご存じだと思います(^^♪ キューバの写真を見ると半世紀前にタイムスリップしたようで、いつかはキューバに行きたい!と思っている方も、少なくないはずです!

なので今回はキューバのクラシックカーについて皆さんにお届けしたいと思います(^^)/

 

Cuba_classic_car1

クラシックカー。といってもキューバで走っている車はアメリカで作られたものばかりです。

今もキューバで走っているアメリカンクラシックカーは約60年前、1950年代のものと言われています。

ヨーロッパのブランドの車は見られません。それにはキューバの歴史が深く関わっていて、現在に至るまでの流れを知ることができます。

キューバは1492年、スペイン人の探検家コロンブスに発見され、スペイン人に支配され、植民地とされていました。400年ほどのスペインによる支配から解放されるため対立を支援したのがアメリカです。結果、キューバはスペインからの支配に打ち勝てましたが、支援してくれていたアメリカの企業が進出して、アメリカの支配下に置かれていたような形になっていました。そして、キューバはアメリカからも独立しようとキューバ革命を起こしたのです。アメリカはこのことを良く思わず、モノの輸出入を全くしない経済封鎖を行うとなりました。

2015年にキューバとアメリカの国交が復活することになりましたが、キューバとアメリカは複雑な関係であると言えます。

経済封鎖により新しいものが入ってこなくなり、車も1950年代もの以降輸入されていなかったと言えます。

しかし、こうした歴史があるから、古き良き懐かしいクラシックカーを今でも見ることができます。また、様々な知恵を使って、あるものの中で暮らしているすばらしさも感じられます。

私たちが今も使われているアメリカンクラシックカーが見られるのは、日頃から大切に修理されているおかげなのです。

クラシックカーはタクシーとしても活用されているので、私たちも乗ることができます!

片方のドアが開かない!や、さっきまで走ってきたのにエンジンがかからない!なんてことも良く起きますが、解決法をみんな知っているし、それも良い味と私は思います(^^♪

Cuba_classic_car4

車内までこんなにカッコいいです★☆

 

深い歴史を持つキューバを走るクラシックカー。

私はハバナの空港についてさっそく見ることができ、夜10時のあたりは真っ暗でも、キューバに来たんだとすぐに実感できました。

Cuba_classic_car2

明るい日中は、太陽の光と立派な建物とどこを見ても行きかう車がカッコよく、街を歩いてるだけでワクワクします!

Cuba_classic_car10

 どの国へ海外旅行に行っても、日本のブランドの車を見ることができると思います。そのくらい日本の自動車業のすごさもわかりますね!

経済封鎖されていたキューバでも日本車を発見しました。

Cuba_classic_car99日本のものを見られるとなぜかうれしいですよね(^^♪

 

キューバの魅力のひとつ、クラシックカーはこのような背景があり、学ぶこともたくさんあると思います。

私たちは日頃、様々なものがすごいスピードで変化し、新しいものを取り入れることが簡単にできています。便利な現代にすっかり慣れてしまっていますが、キューバで時間を過ごすと改めてものを大切に使うすばらしさなど、気づかされることがたくさんあると思います。

どちらもうまく取り入れながら生活が送れるといいなと私は感じました。

カッコよく渋いアメリカンクラシックカーが、エンジン音を響かせながら走っている光景は車好きな方も写真好きな方もたまらないと思います(^^)/

Cuba_classic_car8

Yu

 

~毎週水曜&土曜に更新中!~

魅力あふれるキューバに是非来てみませんか?

キューバのツアーが気になる方はこちらをクリック!

 

 

===編集後記===

新型コロナウィルスの影響で、キューバは現在入国制限を実施していますが

本ブログでは今後もキューバについてのニュースをお届けします。

普段通りの日常が戻った暁には、ぜひキューバへお越しください!

暮らし 街歩き 2020.04.22

¡Hola! ¿Que tal? Yuです!

 

『皆さんは犬派ですか?猫派ですか?』

 

なんてよく聞く質問ですが、私は犬も猫も大好きです!

私が今まで旅行した国を思い返すと猫の街、猫の島とと言われてることに気づいたのですが、

キューバも実は猫がたくさん見られる国なのです。

なので今回はキューバで出会ったわたしのイチオシ猫たちを紹介していきます。

 

ハバナの猫

首都ハバナは街を歩くだけで、歴史を感じる建物や陽気でエネルギッシュな人たちに出会えるとても楽しい街です。目的がなくても大通りや公園などプラプラしているだけで、意外な発見や面白い出来事にたくさん遭遇するはずです(^^♪

そんな時に私は道端で猫を見つけました。

Img_6403


 

とっても小さい赤ちゃん猫。

私が泊っていたカサ近くを歩いていた時、フルーツを売っている売店の下でひょこひょこと歩いていました。こんなにも小さいのに1人でよちよち遊んでいてとてもかわいいです(^^♪

私が写真を撮っていたら、ちょっと足が映っている男の子2人が気づいてくれたのか、、

Img_3534

ひょいっと抱えてこちらに見せてくれました。聞いたら飼ってはいないけど、いつもここに遊びに来る赤ちゃん猫だそうです。そして、もっと撮りやすいようにとしてくれています。

やさしい子たちでした(^^)/

 

でもやさしすぎて、、、

Img_3532

もうカメラに収まらない距離まで近づけてくれました(^^)/

この男の子が着ていた服がスポンジボブがプリントされていたので、私は勝手にこの赤ちゃん猫にボブと名前をつけて、お別れしました。

 

バラデロの猫

ビーチリゾートで有名なバラデロ。

私はほとんどの時間をきれいなビーチをただただ眺めたり、話をして過ごしていたのですが、

同じように過ごしている猫をバラデロのビーチでも見つけることができました。

3e554e28de204547ba197e92e497aef7

ホテルからビーチへつながっている道の木陰で心地よい風を受けながら、寝転がっていました。

人が通ってもどこかへ逃げることなく、とてもリラックスしているようでした。

1人でごろごろのんびりしているようだったので、私はそっとして砂浜の方へ向かい海で遊んだり、泳いで荷物を置いていたビーチベッドへ戻ってみると、、

Img_3359_original

いつの間にか移動してこちらに来て、ふかふかな白い砂をベッドにお昼寝していました。

こういう所が猫のかわいさで、魅力のひとつですよね~(^^♪

このまま一緒に連れて帰りたいくらいです(^^)/

 

今回私が紹介する猫たちは以上ですが、キューバの街のあちらこちらで猫に出会うことができます。

そして、地元の人々の暮らしに馴染んで、一緒に生活しています。

キューバの人々もとても街中の猫たちをかわいがっているのを感じられます。

 

皆さんもキューバに行かれる際には、ふとしたところに猫たちが遊んでいるので見つけてみてください。

そして、猫が大好きな皆さんもキューバでのんびりと暮らしている猫たちに会いに行きませんか。

 

以上、キューバの猫たちについてでした。

Yu

 

~毎週水曜&土曜に更新中!~

魅力あふれるキューバに是非来てみませんか?

キューバのツアーが気になる方はこちらをクリック!

 

 

===編集後記===

新型コロナウィルスの影響で、キューバは現在入国制限を実施していますが

本ブログでは今後もキューバについてのニュースをお届けします。

普段通りの日常が戻った暁には、ぜひキューバへお越しください!

¡Hola! ¿Que tal? Yuです!

 

前回に続き、キューバの素敵な田舎町、プラヤヒロンをさっそく紹介していきます。

 

この町は名前に”プラヤ”がついてるだけあって、

海がすぐそばです!町のいわゆる住宅街からは歩いて5分程で、海岸にたどり着きます。

Img_5771

こんな感じでテクテク歩いていきます。

本当に何もなく、のどかですね!(^^♪

 
海岸に沿ってどんどん進むと地元の人たちで賑わうビーチにたどり着きました。

浜辺では音楽が流れ、砂浜に座ってずっと話しているグループや、海で楽しんでいる人たち、お酒を飲んで盛り上がっている人たちもいます。

 

ここに住んでいる人たちにはここのビーチが一番人気で、みんな友だちと言えるほど

よく集まって輪が広がっていくそうです。

 

Img_5773↑仲良くなった女の子がくれたフルーツ。

外の皮がしっかりしたブドウのようにジューシーで、とまらなくなるおいしさ!!

 


話をしたり夕日を眺めたり、ゆったりと時間が流れいきます。

 
何もしなくても素敵な時間が過ぎていき、1日が終わろうとしている頃、

ここでしか見ることができない素晴らしい光景に出会えます。

 

それはこちら、、、

Img_3448

太陽と空と雲の位置と、海に反射した光で自然にできた色です!!!

 

あたりは海岸と木々で外灯などのあかりが一切ないため、

水平線から空一面に広がります。

 
ちなみにこちらの写真 ↓ ↓ ↓

Bb0cb9e266744e949550c30640ea4275_2

太陽が沈む反対、東側の空です!

遮るものが何もないので、どこにいても見上げるとこの光景が広がり、

自然の美しさを感じられます。

 

プラヤヒロンいかがでしたか?

 
キューバにはこんなにもあまり知られていないけど、

素敵な町がまだまだたくさんあります。

 

そして私がセットでおススメなのがCASA(カサ)に泊まることです!

キューバならではの、忘れられない貴重な体験ができます(^^♪

 

私たちと一緒にひとつひとつの町を堪能し、魅力を感じる時間を過ごしに

ぜひともお越しください。

 
お待ちしております(^^)/

 

Yu

 

~毎週水曜&土曜に更新中!~

魅力あふれるキューバに是非来てみませんか?

キューバのツアーが気になる方はこちらをクリック!

 

 

===編集後記===

新型コロナウィルスの影響で、キューバは現在入国制限を実施していますが

本ブログでは今後もキューバについてのニュースをお届けします。

普段通りの日常が戻った暁には、ぜひキューバへお越しください!

皆さん、こんにちは!

今回は、キューバの東部、サンティアゴデクーバについて紹介したいと思います!

 

サンティアゴデクーバは、キューバ第二の都市であり、1523年から1556年まで実に33年の間首都として君臨した場所であります。

 

何より知られているのは、フィデル・カストロが仲間とともに最初に革命を起こした重要な歴史の舞台であることです。

 

街はそんなに大きくなく、見どころが凝縮されているので、回りやすいです。各観光名所の名前もほとんどハバナと同じであり、ハバナと比べて見てみるのも一つの楽しみです。

 

それでは、一つずつ見ていきましょう。

 

まずは革命広場から。

 

 

ダイナミックな革命広場

Img_20200111_105851_2

Img_20200111_110003

Img_20200111_105945

          

キューバ革命の立役者、アントニオ・マセオのオブジェがひときわ目立ちます。

 

キューバを代表する彫刻家、アルベルト・レスカイさんの代表作で、角度によって見え方が変わるのも面白いです。

 

その脇には、突き刺さった剣のようなものも見え、革命の緊張感をリアルに伝えています。

 

革命広場から少しだけ歩いたところに、象徴的な肖像画があります。

 

 

キューバ革命立役者の壁肖像画

Img_20200111_110415

こちらもまた、キューバ革命の立役者である、フアン・アルメイダ・ボスケを称えるために描かれました。

 

左下にかかれている文字

 

「AQUI NO SE RINDE NADIE」

ここでは誰も降伏しない

 

革命中、絶望的な状況を迎えながらも決してあきらめなかった彼が発した言葉です。絶対に屈しないという力強い信念をあらわした言葉に惹かれます。

 

革命勝利後も多くの人に愛され、2009年に82歳で亡くなるまで強烈な存在感を放ち続けました。

 

 

絶景のモロ要塞

 

続いてはモロ要塞。

 

中心部からは離れており、比較的空港に近い位置にあります。カリブ海沿いに面しているため、絶景を見渡せます。

 

息を呑む様な美しさでした。

  

Img_20200111_130131

 

ヨーロッパ軍などの海賊などから防ぐため建設が始まり1643年に完成した壮大な要塞です。

 

Img_20200111_125352

Img_20200111_130135

Img_20200111_125608

Img_20200111_130301

広大な敷地の中に多くの大砲が当時の姿そのままに残されており、時代を感じさせます。

 

世界遺産にも登録されており、見るものをただただ圧倒させます。

 

 

革命の足跡が残る博物館

 

続いては、革命の火蓋を切ったモンガダ兵営博物館です。

Img_20200111_133650

この建物はもともと、当時キューバを統率していたバティスタ政権の兵営でした。

 

1953年7月26日にカストロ率いる革命軍は、早朝バティスタ陣営が寝ているところを狙い撃ちしようという奇襲作戦で踏み込みましたが、目論見は外れ、皆逮捕されてしまいました。

 

カストロはなんとか逮捕だけで済みましたが仲間の多くは拷問、虐殺されました。

 

この建物は残酷な悲劇の舞台でもあります。

 

Img_20200111_134433

最後にはアベル・サンタマリアを始めとした、犠牲にあったカストロの仲間達の写真が飾られています。

Img_20200111_134827

出口を出て外に出ると明るい光が差し現実の世界ひ引き戻され、なんだか切ない気持ちになりました。

 

別名「革命の里」と呼ばれるこのサンティアーゴデクーバで革命の足跡をぜひたどってみてください。

 

きっと人生観が変わるはずです。

 

まだまだこの町について紹介したいことがあるので続編は、後日公開の「その2」をご覧になってください♪

 

サンティアゴデクーバまで行く方法は飛行機か長距離バスの2通りになります。

 

宿泊先はホテルかカサになります。

 

いずれも弊社で手配できますので是非ご相談くださいhappy02

 

ハバナだけではなくちょっと足を伸ばして違う角度のキューバも発見してみてくださいね♪

 

 

AZUSA

 

 

 

===編集後記===

新型コロナウィルスの影響で、キューバは3月24日~4月22日まで入国制限を実施していますが

キューバブログでは今後も水曜、土曜更新でキューバについてのニュースをお届けします。

普段通りの日常が戻った暁には、ぜひキューバへお越しください!

¡Hola!

 

こんにちは!インターン生の奥出です😊

 

インターンもあっという間に残りわずかとなってしまいました、、

あっという間です😭

 

今日は先日訪れたトリニダーとシエンフエゴスの紹介をしたいと思います♪

 

トリニダーとシエンフエゴスはどちらも街自体が世界遺産に登録されていて(トリニダーは1988年、シエンフエゴスは2005年に登録されました)、とても可愛らしい街並みなんですよ🏘

 

2泊3日で行ってきたのですが、シエンフエゴスはハバナから約200km、トリニダーはハバナから約300kmとどちらもハバナからはとても遠いです😌

 

移動手段はタクシーかバスになるので、私はハバナ→シエンフエゴス、トリニダー→ハバナはバスで移動し、シエンフエゴス→トリニダーはタクシーを使いました!

 

シエンフエゴス→トリニダーに行くためのタクシーは50cucと少し高い値段でしたが、複数人で旅行をする場合はタクシーの方がスムーズに目的地に到着できるのでいいのではないでしょうか🚕

 

~シエンフエゴス~

Img_8209_2

Img_8211


まずはじめにハバナから約4時間、シエンフエゴスに到着しました☆

 

シエンフエゴスでは街を少し歩いただけなので2時間ほどの滞在でしたが、街並みの写真を撮っているだけで楽しかったです♪

 

Img_8224_2

 

これは地元のお兄さんにどこか美味しい店はないかと聞いたところ教えてもらったお店で頼んだピザ🍕

 

味は、、、普通でした🙂このサイズ感で4cucと値段はそこまで高くなかったです!

 

~トリニダー~

 

そして、シエンフエゴスからタクシーで1時間半ほどかけてトリニダーに向かうのですが、このタクシーがとても楽しかったです😂

 

シエンフエゴスからトリニダーへ向かう道は山あり谷ありのようなルートなので、タクシーがジェットコースターのようなアトラクションと化し、一人で絶叫して運転手に笑われていました(笑) 

 

 

Img_8309

 

とうとうトリニダーに到着しました!もっとど田舎な街を想像していたのですが、素敵なレストランやバー、お土産物屋さんがたくさんあり、とても街歩きが楽しかったです♪

 

今回はカサに泊まったのですが、カサのオーナーもとても親切で(ただカサの場所がとてもわかりづらく、後からマップで現在地を確認しても道から外れたところに家がありました😂)、安心して泊まることができました🛌

 

 

Img_5378

↑カサのテラスからは素敵な景色が広がっています🌇

 

Img_8291

↑カサの朝食はテラスで食べることができます🌄

 

 

そして、今回トリニダーを訪れた一番の目的は、マナカ・イスナガに向かう観光列車に乗ることです!

Img_8383

↑かっこいい列車です!窓もないのでアトラクションみたいです♪

Img_8312

↑可愛らしい駅舎。ここでチケットを買うことができます!

 

マナカ・イスナガは世界遺産のロス・インへニオス渓谷の駅で、シンボルとなるイスナガの塔からはこのロス・インへニオス渓谷を一望することができます!!

Img_8362

↑イスナガの塔の前にはお土産を売っている人たちがたくさんいます!

 

このイスナガの塔(1cucで登ることができます)、7階建てなのですがかなり階段が急で運動不足の私には結構きつかったです、、

 

ブログを書いている今も筋肉痛で階段を手すりなしでは降りられないという無様な状態になってます(笑)

 

 

Img_8313↑出発・到着時刻と料金が書かれた紙が駅舎に貼られてあります

 

電車は1日1本で9時半発、15時にトリニダーに到着します。

写真の通り、大人は1人15cucで乗ることができます。

 

マナカ・イスナガを出発した後は終点のguachinangoに向かいます!

guachinangoにはレストランがあるため、そこで1時間半の休憩をとりつつ、またトリニダーまで戻るルートになっています🚞

 

列車は窓がなく、トリニダーの綺麗な空気を堪能しながら乗ることができるので、是非時間のある方は乗ってみてくださいね♪

 

また、今回は行けなかったのですが、トリニダーからタクシーで10分ぐらい走るとアンコンビーチという素敵なビーチもあります🏝

 

バスの帰り道から見た海がとても綺麗だったので、ビーチでまったりするのもトリニダーの観光の楽しみ方としてはいいかもしれませんね🏊

 

☆トリニダーで訪れたレストラン☆

 

最後はトリニダーで私が夜ご飯のときに行ったレストランの紹介をします!

トリニダーはおしゃれなレストランやバーがとてもたくさんあるため、どこに入るかとても迷ってしまうので、事前にリサーチしておくのもおすすめです🤓

 

①ochun yamaya

Img_8285

 

このお店はハバナでお話をしたメキシコ人の観光客におすすめしてもらいました!

 

私はここでropa viejaという牛すじ肉とトマトの煮込み料理を食べました(5.5cuc)🐮

Img_8284_2

コメは少し柔らかかったですが、とても美味しかったですよ♪

観光客で店内は賑わっており、ロブスターを食べているお客さんも多かったです🦐

メニューはどれもかなり安く、コスパも良いです!

 

②SAPORI ITALIANI

Img_8524

このイタリアンのお店は、トリップアドバイザーでも人気のお店。

旧市街から少し歩きますが、外観がとても素敵です♪

Img_8523

頼んだメニューはマッシュルームとベーコンのフェットチーネです🍝

すごくクオリティが高くびっくりしてしまいました!笑

店内もとてもおしゃれで夫婦で来られている方が多かったです。

 

もっと色々なメニューを頼みたいぐらいでしたが、一人では1つのメニューで限界でした😔

 

③LA CANCHANCHARA

Img_8528

店名のカンチャンチャラとは、トリニダーの名物カクテルでラム酒とレモンとはちみつが混ざったカクテルです🍸

ここのバーは吹き抜けの空間で音楽を聴きながらゆったりとお酒を楽しむことができます🎷

Img_8526

↑薄い陶器のコップに入っています🥃

 

カンチャンチャラ以外にもモヒートやダイキリなどキューバの定番カクテルもありますよ😍

 

トリニダーとちょっぴりシエンフエゴスの紹介でしたが、いかがでしたでしょうか??

 

空気も綺麗で自然豊かな街はハバナとはまた違った魅力があるため、旅行プランに余裕のある方は是非行ってみてください♪

  

また、1泊2日でトリニダー、シエンフエゴス、サンタクララ の3か所が回れちゃう、すごいリーズナブルでマーヴェラスな英語混乗パッケージツアーもあります!

  

興味のある方は以下のURLをクリックしてください♪

  

【サンタクララ・シエンフエゴス・トリニダー1泊2日ツアー】

https://activities.his-j.com/TourLeaf/HAV0043/

  

 

キューバ支店は、これから定期的にキューバの”旬”をお届けします♪

〜毎週水曜&土曜にブログ更新中! お楽しみに〜

 

奥出

ハバナを写ルンですで撮影する魅力とコツをご紹介します。

 

~この記事は3分で読めます~

 

ハバナの旧都市オールドハバナ × フィルムカメラ は、史上最高の組み合わせでした!

 

そんな素敵な街の写真と共に、撮影時のコツや注意ポイントをご紹介いたします。

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

かれこれ4年前から、フィルムカメラ”写ルンです”にはまっている私です。

 

旅行の度に連れており、今回のキューバ旅行にも連れて行ったのですが.......

 

Hav0042_01お散歩中の1枚

 

Hav0042_02宿泊したホステル近くの風景

 

Hav0042_03郊外エリア近くのクラシックカー

 

 

こんな風に、ハバナではどこで何を撮っても雰囲気バツグンの1枚が取れてしまいます!

 

こりゃーーーシャッターが止まらない止まらない。

 

あっというまに1台(27枚分)を使い切ってしまいました。

 

上手く撮影するポイントは、2つあると個人的には感じております。

 

 

 ①色合いの濃いオールドカーを探すこと

 

 ②後ろの背景とのバランスを考えること

 

 

①色合いの濃いクラシックカーを狙うこと

 

 フィルムカメラは、”くすみ”が特徴です。

 

 例えば、カンカンに日光が差す中で薄ピンクのクラシックカーを撮っても

 

 白っぽく写ってしまいます。キューバの晴れの日は比較的、日光が強いです。

 

 自然光とのバランスを良く撮るために、できるだけ濃い色のものを狙いましょう。

 

Hav0042_04

②後ろの背景とのバランスを考えること

 

 クラシックカーと背景のバランスを考えて撮ると、

 

 最大限に街の味わい深さを引き出すことができます。

 

 ランドマークはもちろん、ヤシの木の並ぶ道や、古めの家屋の近くで撮ると

 

 とってもキューバらしい一枚になります。

 

 あちらこちらにクラシックカーが行きかっているので、

 

 お気に入りの構図を見つけてみましょう~!

 

Hav0042_05

一方で、この国ならでは・SNSにアップする際に気を付けるべきポイントもあります。

 

 

 ①チップを要求される可能性があること

 

 ②SNS上にアップする際、カーナンバーに加工を施す配慮を忘れないこと

 

 

①チップを要求される可能性があること

 

 これは私が実際に撮影していてあった体験です。

 

 実際にはその車の所有者ではなく、

 

 あわよくばチップをもらえるだろうという思惑で要求されただけでしたが....

 

 キューバの人々は温かくていい人ばかりですが、

 

 隙あらばお金を要求してくる人も珍しくないのでビックリしないように

 

 胸に留めておきましょう。

 

 

②SNS上にアップする際、カーナンバーに加工を施す配慮を忘れないこと

 

 街中で色々なクラシックカーを撮影していると、

 

 カーナンバーはやはり写りこんでしまいます。

 

 個人情報の観点から、SNS上にアップする際は

 

 加工を施して見えないようにするのを忘れないようにしましょう。

 

Hav0042_06

 

以上、写真と共に簡単なコツとポイントをご紹介しましたがいかがでしょうか。

 

それでは本日はこの辺で。最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

----------\今回の旅ブロライター/----------

 

      ぐっちゃん

 

 世界のお酒と秘境を求めて三千里

 

----------------------------------------------------

 

 

 

~毎週水曜&土曜に更新中!~

レトロ感溢れる魅力いっぱいのキューバに是非きてみませんか?

素敵な写真が撮れるハバナ街歩きツアーはこちらから

こんにちは!

   

8月に入りましたね!
皆さんどうお過ごしでしょうか。

夏休みの予定を楽しみながら、次の秋・年末・早い人は春に向けて旅行計画を立てている人もいるかと思います。
  

次の旅行はどうしようかな~って考えている人、キューバがおすすめ!!!

キューバは。。。

①まだ定番じゃないから特別感がある!②町丸ごと世界遺産!③社会主義
というなかなかない経験ができます!

   
   

HIS のこちらのツアーはそんなハバナをギュギュっと詰め込んでいます!!

●添乗員同行●羽田発着 お値打ちキューバ6日間

    

6日間!思いっきり楽しみませんか?
このツアーの魅力は、、、

    

  • インターネットが限られた建物内でしか使えないキューバ。添乗員付きで安心!
  • スーペリアクラスホテルでの4日間の滞在!
  • 世界遺産ビニャーレスに行きます!!ビニャーレスに行くハバナ周遊ツアーはHISだけ!
  • 高級レストランを含めてた10回の食事付!
  • もちろんクラシックカー乗車体験付!
        

です!!!6日間でハバナを満喫しませんか?

Tr00100420170706153502396


特にこの自然豊かで大迫力の世界遺産ビニャーレス渓谷は周遊ツアーではHISでしか行けません!!

Tr00100420190222001442141

  

   

本当に人気が上がってきています!!
来年とは言わず、キューバがレアな旅先であるうちに行きましょう。

ご予約・詳細はこちらをチェック!!

 ●添乗員同行●羽田発着 お値打ちキューバ6日間

https://e.his-j.com/shop/tour/voyage/02A_10/TI-BHC4000___1



HIS ハバナ支店

2020.08
loading...
WORLD情報局