¡Hola! ¿Que tal? Yuです!

 

今回のキューバ番外編は、ベリーズで出会える伝説のもとになったあのどうぶつ!

 

ところで皆さん!人生で一度は無人島に行きたいと思ったことはありませんか?

 

私は無人島ライフを送るのが、やりたいことのひとつです(^^♪

無人島と言っても私の理想は、白浜でできていてヤシの木がたくさん生い茂り、

辺りはきれいな海に囲まれている島です。

 

そんな夢の無人島が本当にありました!!!

Image3_2

もうこれこそ楽園!!と言えますよね(^^♪

 

こんなところにいけるチャンスがあるなら、もう行くしかありません!(^^)/

 

この島は”Goff's Caye” ゴフキーと言って、ゴフ島とも呼ばれています。

ベリーズのここら辺に位置しています。 ↓ ↓ ↓

Image4

 

ベリーズシティからボートでむかい、ゴフ島に到着です。

Image2_2


無駄なものが何もない無人島。

 

この時は頭の中も空っぽにして、ただただこの空間、景色、ゆったりと過ぎる時間の中に身をおきましょう。

 

太陽を浴びて、ヤシの木が風に揺れる音を聞いて、海のきれいさと広さを感じながら

何もしないでいいのです!幸せですね~(^^♪

もちろんシュノーケリングもでき、海の中の世界も楽しめます。

色鮮やかなかわいい熱帯魚を見に行きましょう(^^♪

 

ランチタイムは最高なコンディションでバーベキュー!!

何から何まで大満足できちゃいます(^^)/

 

 

また、ゴフ島に向かう途中では、実は人魚のモデルとも言われている

マナティに出会えます!!

 

ベリーズシティから出発して30分程、マナティ保護区があり、

マナティを間近で見学できます。

Image1_2

絶滅危惧種となってしまいました。


皆さんも一緒にかわいらしいマナティを守っていきましょうね~!

 

 

幸せなひと時を過ごせる無人島と、貴重なマナティに出会いたい方は

こちらをご参照ください。

 

マナティウォッチング&無人島ゴフキー日帰り観光ツアー

 

 

このような体験ができるのも、みんなで一緒に、今ある環境を大切に守り続けているからです。

実際に来て幸せを感じられたら、より日常でもエコを意識していただけたら

嬉しい限りです(^^♪

 

 

Yu

 

 

=================================
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

記事の内容が新型コロナウイルス拡大前の内容になることがございますが、皆様が安心してお越しいただけるようになった際に参考になることを願い、引き続き情報をお届けしていきます。

何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。

¡Hola! ¿Que tal? Yuです!

 

引き続きキューバ番外編、ベリーズについてお届けします!

 

皆さん!こちらのブルーホールの中へ入りませんか⁉

Image1_6

中南米のベリーズで見られるブルーホールは世界自然遺産にも登録されていて、

ダイビングやシュノーケリングをたのしむことができます。

 

ここでは、ハンマーヘッドシャークやグルーパーなど海の大物を見ることができます。

もちろん周辺のバリアリーフにはかわいらしいカラフルな魚とサンゴ礁も堪能できます。

ダイバーの方々には有名なスポットのひとつですよね(^^♪

Image2_4

このブルーホールは自然の力でつくられたもので、とても神秘的です。

写真で見るだけでも吸い込まれそうな気がして、私は少し怖さも感じます(^^;

 

なので、どうやってブルーホールができたのか、見ていきましょう(^^♪

 

 

▼ブルーホールのでき方

 

ここベリーズのブルーホールは、直径約300m、深さは約125mあり、

数千年前に誕生したとされています。

 

ブルーホールは、かつて洞窟や鍾乳洞だった場所が自然現象なのか何かの理由で陥没し、

海面上昇と共に海に沈んでできた陥没穴と言われています。

 

なので、ブルーホールの底近く124m付近では鍾乳石も発見されたと調査によりわかっています。

また硫化水素の層も90mあたりで発見され、そこはすでに光が届かず真っ暗で、完全に酸素も無く、生物は存在してないそうです。

 

まだまだ明かされていない謎はたくさんあり、現在も調査が行われています。

 

この深さにより、上空からは濃い青さを感じられるのですね。

そして、数千年前に誕生したものが、今も変わらず残っているなんてとても素晴らしいことで、地球の偉大さを感じられます。

同時に、これからも大切に残していかなければと私は感じました。

 

 

ブルーホール満喫ツアー

 

このように現在も研究が続いていて、世界遺産にも登録されているベリーズのブルーホールで自然を堪能できちゃうなんてステキな機会ですよね(^^♪

 

今回はブルーホールを間近で、中に入って楽しめるツアーをご紹介していきます(^^)/

こちらも多数ご用意しております。

 

①1日ダイビングで潜りまくり!

世界遺産でダイビング!ブルーホールファンダイブツアー

こちらのツアーはスキューバダイビングライセンスが必要です。ブルーホール他、素晴らしいスポット全3ヵ所で1日存分にダイビングをご堪能していただけるツアーです。

 

 

②1日シュノーケリング!

世界遺産でシュノーケル!ブルーホールシュノーケリングツアー

こちらもブルーホール他、素晴らしいスポット全3ヵ所を1日で巡ります。

カラフルでかわいい魚ときれいなサンゴ礁が楽しめるシュノーケリングツアーです。

 

 

③ライセンス無しでも大丈夫!体験ダイビング

サンペドロ発ブルーホール・ライトハウス環礁シュノーケリング

このツアーに参加したらダイビングの魅力を感じられ、ライセンスがほしくなるはずです。

スキューバダイビングライセンスが無くてもこちらのツアーはダイビング体験が出来ちゃいます。まだ持っていない方も、迷っている方にもオススメなツアーです。

 

 

ダイビングが有名なベリーズ。

もちろんブルーホール以外にもスポットがいくつかございます!

 

 

どのスポットへ行くかは当日次第⁉

サンペドロ発 ローカルダイビング2本

潮の状況によりどこのスポットに行くかはわからないので、前日か当日の連絡をお待ちください!とにかくダイビングを楽しみたい方にオススメのローカルダイビングツアーです。

 

 

またこちらは、小さなお子様連れのご家族にオススメ!

自然公園でウミガメや魚に会えるシュノーケリングツアーもございます。

サンペドロ発 ホルチャン海洋公園シュノーケル

 

 

以上がベリーズの目玉!ブルーホールの中へ行けちゃうツアーでした。

 

最後までご覧くださり、ありがとうございました。

ぜひとも、偉大な地球のちから、素晴らしさを感じに行きましょう!

 

 

Yu

 

 

=================================
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

記事の内容が新型コロナウイルス拡大前の内容になることがございますが、皆様が安心してお越しいただけるようになった際に参考になることを願い、引き続き情報をお届けしていきます。

何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。

¡Hola! ¿Que tal? Yuです!

 

はたまた今回もキューバ番外編、ベリーズについてお届けします!

 

もうお馴染みになってしまっているかもしれませんが、ベリーズの遺跡シリーズ第3弾!

こちらで最後となります(^^;

 


過去のベリーズのマヤ遺跡についてはこちらになります。

 

ベリーズの遺跡①

ベリーズの遺跡②

 

ご丁寧に見てくださっている方、本当にありがとうございます!

 

今回で最後の遺跡シリーズ。ご紹介するのはラマナイ遺跡

 

こちらもマヤ文明のマヤ遺跡となっております。

Image1_5

ラマナイ遺跡とベリーズシティはこのような位置関係です。

もう少し拡大すると分かると思いますが、、

Image4

このようにニュー川という川のすぐそばに遺跡があるため、

ボートに乗ってジャングルを冒険しながら、ラマナイ遺跡へと向かいます。

 

ラマナイ遺跡は密林の中に存在しており、ジャングルからの道中は、まるで自然にできた動物園のように、様々な野生動物に遭遇します。

 

遺跡到着までのリバークルーズでは、私たちをお出迎えしてくれるかのようにジャングルに住むクモザルが、ボートに飛び乗ってきて、ボート内を歩き回ったり、ボートからはワニがたくさん潜んでいたりします。

 

どれくらいの動物に遭遇できるかはその日次第です(^^)/

 

リバークルーズも終わり、遺跡に到着!と思いきや、ラマナイ遺跡はまだ先です。

遺跡は熱帯林に囲まれているので、探検は続きます。

Image3_2

神秘的な森の中でも、様々な野生の鳥など、動物が見られます。

 

こうしてようやくラマナイ遺跡に到着です。

 

ラマナイ(lamanai)は『海面下のワニ』という意味のマヤ語で、周辺のジャングルなどの環境から考えると納得できますよね(^^♪

Image5
仮面の神殿。

 

この巨大な仮面を囲むようにどんどん増築され、大きな神殿が作られていったそうです。

現在仮面は白いプラスチックで修復されていますが、発掘された仮面を元に、忠実に再現されているとのことです。

 

また、ラマナイで最大のピラミッドと言われているピラミッド神殿は高さ33mで、とても急斜面。

Image2_3

ロープを頼りに頂上へあがることができます。頑張ってあがると行きに通ってきた川や、王様が星が映って占いをしてたと言われている池を見ることができます。

 

ぜひ、広大な景色と王様気分を味わいに登ってみてください(^^♪

 

他にも、マヤ遺跡と言えばもうお馴染みの、ジャガーの神殿や、球戯場も見ることができます。改めてこんなにも広い範囲で文明の広まりや、歴史の深さにおどろきです!

 

ジャングルクルーズも一緒に楽しめるラマナイ遺跡ツアー。

自然とできた野生の動物園や、ジャングルの森の奥に存在する遺跡ツアーを楽しむには

こちらのページをご覧ください。

 

ラマナイ遺跡リバークルーズ

 

ぜひともマヤ遺跡をひとつずつ訪れて、制覇して歴史と謎に迫りましょう。

 

 

Yu

 

 

=================================
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

記事の内容が新型コロナウイルス拡大前の内容になることがございますが、皆様が安心してお越しいただけるようになった際に参考になることを願い、引き続き情報をお届けしていきます。

何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。

¡Hola! ¿Que tal? Yuです!

 

今回もキューバ番外編、引き続きベリーズについてご紹介します♪

 

今回も前回に引き続き、ベルーズにあるマヤ遺跡を皆さんにお届けします。

前回の遺跡についてもぜひともチェックお願いします。

 

ベリーズ最大級のマヤ遺跡。

それがカラコル遺跡!!

Image1_2

 

丁度ベリーズの中心あたりで、隣国グアテマラの国境近くに位置しています。

 

『カラコル』はスペイン語で巻き貝を意味しますが、この地でよく、カタツムリなどをよく目にしていたからこう名づけられたそうです。

 

カラコル遺跡の代表的建築物、見どころはカーナ神殿

 

“Caana” は空という意味で、基壇とした台形の上に広場があり、3つの神殿がそれを囲むようにあります。

 

大きなピラミッドの頂上に神殿が置かれていることからカーナ神殿=空の神殿と呼ばれているそうです。

Image2_2

迫力が感じられてかっこいいですよね(^^♪

 

ピラミッドの土台は幅100m、奥行120mもあり、圧倒的な大きさです。

 

カーナ神殿を正面から写真を撮ろうとしても、あまりの大きさに全部写すことができないくらいです!!

 

歴史が長く深いマヤ文明。まだまだ遺跡の発掘調査中で、神秘性が保たれています。

 

なかなかアクセスしにくいからか、まだまだ未開拓地であるカラコル遺跡ですが、

現在進行中の調査での新たな発見などで、今後有名になること間違いなしです!

 

珍しいもの好きな方、人より一歩先を知りたい方、有名どこの遺跡はすでに行かれた方など

もっと遺跡から文明を追求したい方におススメです(^^)/

 

ガイドの案内を聞きながら、一緒に疑問点などふと不思議に思ったことが、

もしかするとまだまだ眠っている謎の鍵かもしれません!

 

ぜひとも、一緒にカラコル遺跡へ行きませんか?

カラコル遺跡へのアクセスもまだまだ開拓中なので、安心・安全に行くためにも

より楽しんでもらうためにもこちらのツアーから行くことをおススメします!

道中のジャングル内のオフロードも一緒に楽しみながら、カラコル遺跡へむかいましょう!

ベリーズ最大級のマヤ遺跡!カラコル遺跡日帰り観光ツアー

 

 

Yu

 

 

=================================
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

記事の内容が新型コロナウイルス拡大前の内容になることがございますが、皆様が安心してお越しいただけるようになった際に参考になることを願い、引き続き情報をお届けしていきます。

何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。

¡Hola! ¿Que tal? Yuです!

 

今回もキューバ番外編、ベリーズについてお届けします!

 

突然ですが、マヤ文明と言うとどこの国をイメージしますか?

 

やはりメキシコですよね!

 

でも実は、メキシコ、ユカタン半島を南下していき陸続きの国、グアテマラやベリーズもマヤ文明が栄えていたのです。

Image3↑ベリーズの遺跡の多さとマヤ文明の範囲の広さがわかりますね~

 

海のイメージが強いベリーズにも、マヤ文明の発展には欠かせなく、重要な遺跡が存在しています。

 

そのひとつが、アルトゥンハ遺跡


皆さん一発ですらすらと読めましたか?(^^♪

 

”Altun Ha”(アルトゥン ハ)はマヤ語で『岩の沼』という意味があるそうです。

上の画像の📍に位置しています。

 

生い茂った熱帯雨林の中に遺跡はあります。

たくさんの緑に囲まれた石造りの大きな神殿やピラミッドを目の前にすると、

『岩の沼』の由来に納得できるはずです。

Image1

1968年に重さ4.4Kgのヒスイの「太陽神の頭部像」が発見された場所としても有名です。


他にも、宮殿や広場、ピラミッドもあり、マヤ文明では有名なチチェンイッツァ遺跡と同様に、ここアルトゥンハ遺跡も様々な説や歴史を学べます。

Image2


ローカルビール、”ベリキンビール” のシンボルとしてもデザインされています。

 

アルトゥンハ遺跡は7世紀ごろもっとも繁栄し、1300年間存在した都市国家だったそうです。

 

マヤ文明や遺跡に興味がある方はもちろん、チチェンイッツァ遺跡に行ってよりマヤ文明の謎や歴史を知りたいと思った方にもおススメな遺跡です。

 

ツアーで行くと、遺跡についての説明付きで半日で遺跡観光でき、他の旅程と組み合わせやすいと思うので、効率よく、行きたいスポットがたくさんある方はぜひぜひこちらのツアーにお申し込みください。

 

マヤ文明を訪ねる!アルトゥン・ハ遺跡観光ツアー

 

他にもベリーズにはマヤ遺跡がございます。

これからの記事でどんどんご紹介していくので、ご覧頂けるととても嬉しいです♪

 

 

Yu

 

 

=================================
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

記事の内容が新型コロナウイルス拡大前の内容になることがございますが、皆様が安心してお越しいただけるようになった際に参考になることを願い、引き続き情報をお届けしていきます。

何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。

¡Hola! ¿Que tal? Yuです!

 

今回もキューバ番外編、ベリーズについてお届けします!

 

今回もベリーズで体験できるマリンスポーツ以外にも充実しているアクティビティをご紹介していきます。

 

これまでにもアクティビティ①アクティビティ②についても記事と一緒にご紹介しているので、お時間ある方はぜひともご覧ください(^^♪

 

3つ目にご紹介するアクティビティはこちら↓ ↓ ↓

 

ATM洞窟探検

 

ATMと聞くと、もうあの便利なお金の機械しか思い浮かびませんよね⁉(^^♪

 

ここ、ベリーズでATMというと、アクトゥン・チュニチル・ムクナル洞窟 = ATM洞窟
のことを指すのです。
残念ながら!お金を見つけ出せる洞窟ではありません(^^; ですが、

 

とても歴史があり、マヤ遺跡の財宝が眠っている洞窟で、ベリーズいちの興味深さ、人気があります。

Image2_6

とても神秘的な洞窟で魅力的ですよね(^^)/

 

場所によっては腰まで水に浸かりながら!洞窟内の秘境を隅から隅まで探検します。

 

このATM洞窟は西暦700年から900年の間、実際にユカタン半島、ベリーズではもう欠かせないマヤ文明の宗教儀式が行われていた場所で、1500点もの出土品が見つかっており、今でもそのままのこされています。

 

使われていたのが900年ごろまでとされていますが、発見されたのは1980年代ごろで、イギリスの軍隊によって見つけられたそうです。

 

約1000年もの間、誰にも見つけられることなくそのままの状態だったため、非常に保存状態の良いまま、現在私たちが見学できるのです!

 

それは決して発見されたモノのことだけでなく、洞窟内の空間そのものもそのままの状態なので、暗く狭い洞窟内の足場のとり方など進み方があり、ガイドさん無しではどこかに迷い込んで出てこれなくなってしまうかもしれないほどだそうです。

 

これからも世界中から訪れる人と共に大切に楽しく守っていきたいですね(^^♪

 

皆さんが実際に探検に行かれると時にも、新しいマヤ文明に関するモノなど新発見があるかもしれないので、本格的な探検ができます!!

Image1_7ほとんど状態の変わらない洞窟の探検

 

マヤ文明では有名な生贄の儀式の場所も通るので、ガイコツも足元を見るといるなんて場所もあります。もちろん、当時のままの状態です!

 

このようなリアルな体験ができるのはここATM洞窟だけと言えるのではないでしょうか。

 

ベリーズに行くからには、外せないアクティビティのひとつです。
人生で一度体験できるかわからないATM洞窟探検で冒険しませんか?

 

洞窟内にカメラを持ち込むことができないので、自分の目で見に行くしかありません!
来た人にしかわからない体験ができるのです(^^)/

 

興味をお持ちの方はこちらのツアーから行くことをオススメします。

ぜひともお問い合わせお待ちしております!

 
 
Yu

 

 

=================================
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

記事の内容が新型コロナウイルス拡大前の内容になることがございますが、皆様が安心してお越しいただけるようになった際に参考になることを願い、引き続き情報をお届けしていきます。

何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。

¡Hola! ¿Que tal? Yuです!

 

今回もキューバ番外編、ベリーズについてお届けします!

 

本日は、前回同様ベリーズでできるアクティビティをご紹介していきます(^^♪

前回ご紹介したアクティビティが気になる方は

こちらをご覧ください→自然が満喫できるアクティビティ

 

さて、本題の今日のアクティビティは、、動物園ツアー!!!

なんだ~定番やん!て思いましたよね??

 

ベリーズ動物園日帰り観光ツアー

 

ここ、ベリーズ動物園は一味も二味も違うんです!!

そんなベリーズ動物園の、

これを知ったら行くしかない⁉見どころ&魅力POINT3

をご紹介します。

 

POINT#1 ジャガーとキス&タッチ!!!

Image2_5

書いた通りですが、ジャガーがキスしてくれ、肉球やふわふわなお腹にタッチできます。

皆さんジャガーのカッコよさ、ご存じですか⁉

Image4_5

最大のネコ科、ジャガーは中南米生息で、私が住んでいるカンクンも昔はジャングルで、野生のジャガーが生活していたのです。

 

ヒョウに似ているとも言われていますが、ヒョウよりも体が大きく、体も頑丈でがっしり!
他のネコ科(トラやチーターなど)よりも足が短いので、脚力がダントツです。

 

ジャガーは普段、森の中など地上で生活しています。
さらに、泳ぎも得意で水に入ることに抵抗がなく、川で魚をとったりとなんでも食べます。

 

ですが、自分で捕まえても食べきれなくなった獲物はその場に残しておき、
次の日に残すだけでなく、他の動物に与えるやさしさも兼ね備えています。

 

夜行性なので、園内では猫のようにまったり過ごしている姿が見られると思います。
そんな強くてやさしいジャガーと触れ合える貴重な体験をぜひとも!

Image1_6

 

POINT#2 ベリーズの国鳥トゥーカンと写真タイム&エサやり体験!!!


トゥーカンとはこんな動物です ↓ ↓ ↓

Image3_4

なんだか愛嬌のある顔な気がしませんか?(^^♪

 

オオハシ科のトゥーカン、こちらも中南米(カリブ諸島以外)に生息し、全長は30-60cm。

 

頭より大きな、特徴的なクチバシはこんなにも大きいのに、細い枝先の果実を採食し、
それぞれの鳥の識別に役立っているそうです。

 

どうしてこんなにクチバシが大きいのか、などまだまだ明かされていない謎がたくさんあるトゥーカン。

 

ここでしかできない体験をしたら、きっともっと興味を持つはずです!(^^♪

 

 

POINT#3 36種150以上の動物たちが暮らしている!!!

 

ベリーズ動物園の動物はすべてベリーズで生まれた動物で、ケガしていたり野生へ帰れなくなった動物ばかりです。

 

ここで保護されながら飼育されています。しかしどの動物も野性味たっぷりで、本来の動物の特徴がみることができます。

 

国獣のバクなど、ここでしか見られない、珍しい動物がたくさんいます。

どんな動物がいるかは来てからのお楽しみです!(^^)/

 

ベリーズ中心部からバスで45分ほどですが、効率よく観光、旅行されたい方は
ツアーに申し込んで行くのがおススメです。

お気軽にお問い合わせください。お待ちしております(^^♪

 

 

Yu

 

 

=================================
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

記事の内容が新型コロナウイルス拡大前の内容になることがございますが、皆様が安心してお越しいただけるようになった際に参考になることを願い、引き続き情報をお届けしていきます。

何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。

¡Hola! ¿Que tal? Yuです!

 

今回もキューバ番外編、ベリーズについてお届けします!

 

カリブ海に面するベリーズはダイビングやブルーホールなど、海好き!ダイバーの方々に人気な海がきれいな国ですが、他にも体験できるアクティビティがたくさんあります!(^^)/

 

ベリーズは四国より少し大きいくらいの面積ですが、カリブ海の半面、国土の半分は熱帯雨林が広がり、沿岸部にはマングローブの森があるので、標高は低いですが、南部にはマヤ山脈もあり、このマヤ山脈と2つの大きな川がグアテマラへとのびています。

 

Image2_4↑このような緑広がる山や、、

 

Image4_4↑熱帯雨林のジャングルも、実はベリーズにはこんな自然も存在しています!

 

自然のバランスが良く、各アクティビティが楽しめる国なのです!

 

本日はベリーズシティから車で1時間半ほど行くとある、洞窟内でのアクティビティをご紹介します(^^♪


洞窟内の川をトラックのタイヤチューブで下る、ケーブチュービング!!!

洞窟内をタイヤで川下り!ケーブチュービングツアー

 

Image5_2

トラックタイヤと言っても、生地がしっかりした浮き輪のようなものなので、
安心してください(^^♪

 

神秘的な洞窟の中を川の流れに身を任せて探検できる体験型アクティビティとなっています。

 

洞窟内では水晶が連なる鍾乳洞もあり、ライトの光で宝石のようにキラキラし、幻想的な世界をみることができます。

 

また、自分の流れる位置や、川の状態次第でスリル満点な体験もできちゃいます!(^^)/

Image3_3

ベリーズの川も海と同じくらいきれいなので、澄んだ空気に心地よい空間の中、
楽しいアクティビティが体験できます。

 

ちなみに、、、

 

川を下るために最初、山頂へ向かいます。
チューブを持って歩くのも、楽しい川下りが待っていると思うと、
足もずんずん進む はずです!(^^;

 

途中の道も自然を感じられる貴重な時間です(^^)/

Image1_5

※このアクティビティは川下りの他にも様々なアクテビティと組み合わせ可能です。
興味がある方は、ぜひお問い合わせください!

 

 

Yu

 

 

=================================
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

記事の内容が新型コロナウイルス拡大前の内容になることがございますが、皆様が安心してお越しいただけるようになった際に参考になることを願い、引き続き情報をお届けしていきます。

何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。

¡Hola! ¿Que tal? Yuです!

 

今回はキューバ番外編、ベリーズについて取り上げます!

 

皆さん、ベリーズって聞いたことありますか?

メキシコと国境を接し、ユカタン半島の付け根部分に位置します。

Image4_3

カリブ海に面し、美しい海とサンゴ礁に恵まれた素敵な国です。

 

ベリーズの国旗はこちら!

Image3_2

1950年、英領ホンジュラス(ベリーズのイギリス領時代の国名)が独立運動が始まった際に作られました。独立時に上下の赤線が追加され、現在のデザインとなっています。中央はベリーズの国章でもあり、 世界で唯一人間が描かれた国旗です。

 

なので国内で見られるベリーズの国旗のデザインは、人をそっくりそのまま描くのは難しく、それぞれに多少の違いがあるのもユニークですね(^^)/

 

自分にも友達にも、ぜひお土産は国旗が描かれているものがおススメです(^^♪

 

 

ベリーズのことばと人々

 

イギリス領だったため、公用語は英語です。また、クレオール語という、英語の方言もあります。

 

中米唯一の英語圏でもあるので、より気楽に足を運べるのではないでしょうか(^^♪

 

メキシコと陸続きなので、スペイン語も人口の半数以上が使えます。

 

さらにマヤ文明の発展の地でもあるベリーズはマヤ語族の先住民ぼ言語も使え、マルチリンガルといえます。

 

ベリーズは白人とラテンアメリカ先住民の混血、メスティーソ人が半数を占め、アフリカ系黒人のベリーズ・クレオール、マヤ族、カリブ族、白人・華人と多人種・民族です。

他民族で様々な人種が共存していますが、今まで一度も民族紛争がないそうです。

 

なので、まだまだ馴染みのない国に感じるかもしれませんが、あたたかく迎えてくれると思います!

 

 

首都 ベリーズシティ

 

ベリーズ最大の都市、ベリーズシティはカリブの楽園都市と言われています!

Image6

ベリーズと言えば海!ブルーホール! のようなイメージがあると思いますが、

ベリーズシティ、市内には歴史からダウンタウンまで、街を歩けばベリーズについて

より楽しく、深く知ることができます。

Image1_4↑イギリス統治時代のセントジョンズカテドラル教会や
 

Image2_3↑ベリーズシティスウィングブリッジ
 

ベリーズ川の上にかかり、ベリーズシティの北と南をつなぎます。

Image5↑ダウンタウンの様子。街中カラフルで明るい雰囲気はさすがカリブ諸国です(^^♪

 

イギリス領であった時の建物や街の雰囲気と、カリブ海に位置する陽気な雰囲気が同時に楽しめ、味わえます!

 

ぜひぜひ、きれいな海を堪能するのとご一緒にベリーズの国、人々を体感しにベリーズシティ観光に街へ出向きませんか?

 

ベリーズシティ発観光ツアー
こちらのツアーではガイドと一緒に市内をまわるので、安心して市内観光をお楽しみ頂けます。お1人様から参加可能です(^^)/

 

ぜひとも!! 一緒にベリーズの街を歩いたら、もっともっとベリーズが好きになるはずです(^^)/

 

 

Yu

 

 

=================================
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

記事の内容が新型コロナウイルス拡大前の内容になることがございますが、皆様が安心してお越しいただけるようになった際に参考になることを願い、引き続き情報をお届けしていきます。

何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。



HIS ハバナ支店

2020.12
loading...
WORLD情報局