こんにちはsun

前回ポツダムの記事を挙げたのですが、

その前日にベルリンを1日で回ってみたのでその時に行ったところをご紹介notes

そもそもベルリンって何があるの?壁とか門とか?

そんなイメージしかなかったのですが、、、

かなり見どころがたくさんありましたshineshineshine

*********************************************************************

09:00

 テーゲル空港に到着airplane

空港でベルリンウェルカムカードや1日乗車券などを買うと

それ以降すべての公共交通機関が乗り放題なのでベルリンに着いたらすぐ買うといいですよgood

*********************************************************************

10:00

 バスでベルリン中央駅まで移動bus

ニベアハウスに行ってお土産を買いました!(着いてすぐお土産、、、)

ニベアは実はドイツが発祥eye

ニベアハウスはドイツにも数店舗しかないのでベルリンに行ったら是非happy01

限定パッケージや超ミニサイズのニベアクリームが売ってます!

写真を撮って自分の顔をパッケージに印刷することもできるとか!

お得な福袋のようなものもたくさんありますheart01

*********************************************************************

13:00

ブランデンブルク門へ!!!

Img_97301

ベルリンといえばここですよね。

1700年代に建てられた凱旋門。

戦後ドイツが東西に分裂した時代には壁が近くにあり誰も通れませんでした。

今では誰もが通れるので統一ドイツの象徴として知られています。

近くに連邦議会議事堂があるので外観を見てきましたが、、、圧巻shine

Img_97321

とても威厳のある場所でした。

見学する場合は事前にサイトから予約する必要がありますsign01

*********************************************************************

14:00

門の近くにユダヤ人犠牲者記念館があったので行ってみました。

Img_97381

2700本ほどのブロックが並ぶ不思議な空間・・・。

地下には展示室があり、無料で入ることができます。

※展示はドイツ語と英語ですが、パンフレットは日本語もありますgood

ユダヤ人家庭の人生や、日記などを読むことができ、

色々なことを考えさせられる場所でしたthink

*********************************************************************

16:00

ベルリン大聖堂へ!!!

Img_97911

外観はもちろん室内のドームの装飾も素晴らしかったです!

7ユーロで中を見学できるので是非入ってみてください!

※土日は5時までなのでギリギリでした、、、。

270段階段を上れば展望台からベルリンの景色も眺められます。

結構疲れましたがsweat01

*********************************************************************

19:00

ご飯を食べた後はチェックポイントチャーリーへ!

Img_98071

ここは東ベルリンと西ベルリン間を行き来するときに必ず通らなければいけない検問所でした。

もちろん当時普通の人は簡単に行き来はできませんでしたsad

今では観光用に入国スタンプ押してくれたり、

アメリカ兵に扮した人が記念撮影に応じてくれたりします!

近くには壁にまつわるたくさんのお土産屋さんや、壁博物館もありますsign03

*********************************************************************

20:00

ドイツはまだまだ明るい!!!※とは言っても夜なので注意。

どうしても行きたかったイーストサイドギャラリーへ!!!

当時の壁にドイツ内外の画家が様々な絵を描いています。

もっとも有名なのがこちら!!!

Img_98211

衝撃的ですが、歴史を考えさせられる1枚。

どういうこと?と思った人は調べてみてくださいsign01

*********************************************************************

21:00

宿泊ホテルに到着。

かなり色々回った1日でした、、、。疲れた!

本当はもっと見たいところがあったのですが、時間的に厳しかったです。

美術館、博物館も有名で、ベルリン大聖堂の近くにもたくさん集まっているので、

そちらもおすすめですよ!!!

特に歴史とか好きな人にはベルリンはとてもおすすめです!

ドイツに行くなら是非ベルリンにも足を運んでみてくださいhappy01

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

H.I.S. フランクフルト支店
TEL:069-5600-510  
MAIL:fra@his-world.com
↓↓facebookページ↓↓
https://www.facebook.com/likegermany.jp
HP:http://www.his-germany.de/

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*


ロマンティック街道バスツアー



2日目

①【ノイシュバンシュタイン城】死ぬまでに一度は見たい!美しい古城

②【ヴィース教会】伝説から誕生した世界遺産

③【ミュンヘン市内観光】

まとめ





①ノイシュバンシュタイン城


アルプスの山々をバスの窓から眺めながら進むと見えてくるのが、

山頂に美しくそびえ立つ白亜の城 

 

「ノイシュバンシュタイン城」

 

Img_0530


ディズニーのシンデレラ城のモデルや、世界で一番美しい城とも言われていますshine



あいにくこの日は雪でマリエン橋は閉鎖されていたけど、

もし見られたらこんな素晴らしい景色が↓

Img_1058


おとぎ話から切り取ったかのようなこの美しさ…ため息が出ますbearing

城内は日本語のオーディオガイド付きで見学ができます。

ロマンチックなお城ですが、創設の背景には孤独でかわいそうな王様の歴史がありました。


最後、お土産で迷ったら…

Img_0564

ドリンク+お菓子のセットで約€5(約650円)で買え、マグカップは持って帰れます!

マグカップ単体で買うよりお腹も満たされるので、一石二鳥shine

お城から出たところにあるお土産屋さんで買えます。


ドイツで最も人気な観光名所の一つ、ノイシュバンシュタイン城でしたhappy01




②ヴィース教会



お城からバスで30分ほどの場所にある世界遺産の教会「ヴィース教会」

 


Untitled

内装はとっても豪華shine

上を見上げるとだまし絵があり、まるで丸天井かのように見せる画法に完全に騙されました↓

Img_0575

何もなく辺鄙な場所にこの美しい教会が建てられたのには、

キリストの像が涙を流したという奇跡の伝説が起因しています。



さすがは世界遺産、とてもゴージャスなヴィース教会でしたhappy02





③ミュンヘン市内観光



ビールの街としても有名な「ミュンヘン」beer

Img_0593



到着後は自由行動で、中心地を散策horse

数多くのお店と観光客でにぎわっています!

Img_0605

市庁舎も中世ドイツらしさを感じられます。


ぶらぶら歩いてるだけでも十分楽しめますよheart04

Img_0606

ふと足元を見たらハート形の紙切れがたくさん↑

結婚式があったのかな…素敵lovely

 



ミュンヘンに来たら欠かせない食べ物といえば…

Img_0624


白ソーセージ!!


あとビール!!

Img_0621


これらを堪能できるイチオシのお店は"ホフブロイハウス"diamonddiamond

宮廷のための醸造所として設立された店内はとても広く、たくさんの人で大賑わい。



Img_0627

まるでオクトーバーフェストのような賑やかな雰囲気は、ミュンヘンらしさ満載!!

白ソーセージも最高においしかった~delicious

Img_0620

生演奏していたり、民族衣装を着たプレッツェルの売り子がいたりと、

最高に楽しい時間を過ごせますbeer

お土産屋さんもあり、Tシャツを買って帰りました~



帰り道は変なイノシシの像に出会いました↓

Img_0629

鼻に触ると幸運がおとずれるらしく、鼻だけツルツル(笑)



明るくにぎやかな街「ミュンヘン」でしたsun


まとめ



ノイシュバンシュタイン城を代表とするドイツ観光に欠かせない場所をめぐりましたconfident

素敵な建物を見すぎて目が肥えそうです(笑)

ここで2日目コースの場合は終了ですが、3日間コースは明日まで続きます!





・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

H.I.S. フランクフルト支店
TEL:069-5600-510  
MAIL:fra@his-world.com
↓↓facebookページ↓↓
https://www.facebook.com/likegermany.jp
HP:http://www.his-germany.de/

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*



みなさん突然ですが!!!
キャラクター文化の日本ですが、ドイツにも有名なキャラクターがいます。


ごぞんじですか?





ドルトムントのEmma?

Img_5045




シャルケのErwin?
(私が好きなだけ)
21269880_1889297857752786_102895628




いえいえ。






その名も、Die Mausです。

Dsc07157



日本でも知っている人は知っていますよね?
とある日本の大学では、Die Mausとコラボレーションしたり・・・



Die MausとはWDR(西ドイツ放送)の1971年から存在するキャラクターであり、
日本のNHKの教育放送でも一時放送されました。


日本のオフィシャルサイトがあるくらい、実は有名
http://maus.jp/



さてそんなマウスグッツを買えるお店が、
WDRの本拠地ケルンにあります。


Maus & Co.
Breite Str. 6-26, 50667 Köln



ケルン中央駅からショッピング通りのHohestrasseを歩き、
Mediamarktという家電屋さんを右に曲がり、道なりに歩くとこの通りに遭遇します♪


目印は、Mausの看板Dsc_0757


外観はこんな感じでかわいらしいヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
Dsc_0746

Dsc_0752

Dsc_0754

ココではWDRののキャラクターのグッズが勢揃い♪
日本人も意外とくるようです。


Dsc_0747

Dsc_0749





Die Mausファンの方、ケルンへ訪れた方、
是非探してみて下さい♪
日本では手に入らない掘り出し物があるかもしれませんよ!!!




ゆきちゃん@・ω・@メェェェ 

H.I.S. Germany 
HP:http://www.his-germany.de/ 
facebookページ:https://www.facebook.com/likegermany.jp





H.I.S. ドイツ

2019.09
loading...
WORLD情報局