ミュンヘンからこんにちはsun

寒い冬がやっと終わり、徐々にミュンヘンにも春がやってきましたcherryblossom

冬は太陽がなかなか出てきてくれないため、ドイツの方々も引きこもりがちですが、太陽の日差しが出てくると、ここぞ!とばかりに外でカフェをしたり、ビールを飲んだり、久しぶりの太陽を満喫していますtulip

そんなミュンヘンの春cherryblossomを感じられるおすすめスポットはこちら↓

Unnamed_2

VIKTUALIENMARKT(ヴィクトアーリエンマルクト)です。

市庁舎のあるマリエン広場の地下鉄駅からすぐsign01

ビアガーデンbeerもあり、観光地としても有名なスポットですが、ミュンヘン市民も普段のお買い物に利用するマーケットです。

冬の間は休業してしまうお店もありますが、春の到来とともに、賑わいはじめます。

Img0692

リンゴappleだけでこんな品揃え・・・sign01
野菜や果物をはじめ、チーズ・肉や野菜までひとまず何でも買えるマーケットです。

お茶やお菓子など、日本へのお土産に喜ばれそうな品々も多いので、旧市街の観光ついでにフラッと立ち寄ってみてはいかがでしょうかheart

Img0737↑お茶屋さんの一角。
めずらしいフレーバーティーもあり、覗いてみるだけでも楽しいですよnotes

温かくなってきたので、地元の方々も昼時はこのマーケットでサンドイッチを買ったり、おいしいコーヒーで一服していますcafe

Img0738

春先は天気がいいので、澄み切った青空の下で、ビールを楽しむのもおすすめです。

ミュンヘンにいらした際はぜひ立ち寄ってみてくださいねheart01

ヴィクトアーリエンマルクトも含む半日観光ツアーもあります。
人気のマリエン広場とその周辺の見所を漏れなくご案内!ミュンヘン旧市街散策午前観光 (観光ガイド付)

2日目

     

①フュッセン

      

1日目で宿泊したローテンブルクから3時間半ほどで

ディズニーのシンデレラ城のモデルになっているといわれる

ノイシュバンシュタイン城」に到着shine

Dsc_3482

あいにくの雨天と修繕中で外見の全貌を見ることはできませんでしたが、

お城の中は、日本語のオーディオガイドで見学することができますshine

実はこのお城は未完成で、その背景には城主の悲しい歴史がありました。

麓にはお土産屋さんが充実しており、お城グッズがたくさんありますhappy02

     

続いて30分ほどバスに乗り

世界遺産の「ヴィース教会」へ

  

Dsc_3490

のどかな草原の中にポツンと建っているのは、

キリスト像が涙を流したという奇跡の伝説が由来しています。

Dsc_3491

ドイツ・ロココ建築の最高傑作と呼ばれているだけあって、

教会の中はとっても華やかな装飾が施されていて、

Dsc_3500

天井画も本当に美しく、

丸天井に見せる画法が用いられているそうです。

                      

               

②ミュンヘン

ヴィース教会から1時間半ほどで

ビールの街で有名なミュンヘンに到着dash

到着後は自由に街を散策できます!

Dsc_3600


たくさんのビアホールがある中でもおすすめこちらの「ホフブロイハウス

店内はとても広く、

そして入った瞬間にお客さんの賑やかな話し声に包まれますhappy02

もちろんミュンヘン名物の白ソーセージも堪能でき、

ミュンヘンをいっぱい感じられますgood

      

                                       

ここで2日間のバスツアーは終了ですが、

個人でした3日目のミュンヘン観光をご紹介します~wink

        

Dsc_3525

こちらはなんと「市庁舎」なんです!

日本の役所とは全く異なる外観で、市庁舎とは信じられないくらいでしたeye

塔にはドイツ最大のからくり時計がついており、

時間になるとかわいらしい仕掛けが動き始めますheart04

        


Dsc_3536

そしてこちらはバイエルン王家の宮殿「レジデンツ」ですcarouselpony

内部はなんと130部屋が一般公開されており、

歩き疲れてしまうくらいに広かったのですが、

とってもゴージャスな王家の宝物や装飾品に出会えましたshine

    

Dsc_3605

最後に訪れたのは「ダッハウ強制収容所」です

ドイツには収容所がいくつか残されており、

その中でも最も古い収容所と言われています。

ここではナチスドイツ時代に起こった悲惨な出来事を学ぶことができ、

現地の学生も多く来ていました。

       

                              

まとめ

これにて3日間のツアー終了です!!

各街で異なる趣を感じることのできる、楽しさ満点のツアーでしたshine

ドイツを代表する街に効率よくたくさん訪れることができるのは、

バスツアーならではです!

ぜひみなさんもロマンチック街道バスツアーに参加してみては…??wink

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

H.I.S. フランクフルト支店
TEL:069-5600-510  
MAIL:fra@his-world.com
↓↓facebookページ↓↓
https://www.facebook.com/likegermany.jp
HP:http://www.his-germany.de/

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

みなさんこんにちはhappy01

先日、ドイツの魅力溢れる人気スポットが詰め込まれた

ロマンチック街道バスツアーに参加してきました!shine

今回のバスツアーで訪れる場所は

       

1日目

①シュパイヤー diamondシュパイヤー大聖堂

②ハイデルベルク diamondハイデルベルク城 diamondアルテ橋 

③ローテンブルク

       

2日目

①フュッセン diamondノイシュバンシュタイン城 diamondヴィース教会

②ミュンヘン

です!2日間にたくさんの見どころがギュッと凝縮されたツアーとなっています!lovely

それではまず1日目の詳細を紹介したいと思いますshine

1日目

        

①シュパイヤー

        

フランクフルトからバスで約1時間半ほどアウトバーンを走行し、シュパイヤーに到着。

かなり閑静な街なのですが実はここに世界遺産があるんです!

それが「シュパイヤー大聖堂」ですshine

Dsc_3342

Dsc_3329

こちらの大聖堂は世界最大級のロマネスク様式の教会なんです!

内部はとっても広々としていて、

地下には歴代の皇帝や王の眠る棺も安置されているそうですeye

     

②ハイデルベルク

         

シュパイヤーから約1時間半ほどで、古城とドイツ最古の大学を有するハイデルベルクに到着。

まずは「ハイデルベルク城」へ

Dsc_3351

こちらのお城はたくさんの戦争を経験しており、崩れかけている壁がありましたeye

お城のテラスから見るハイデルベルクの街並みは、、

Dsc_3360

民家の赤い屋根が青空に映えていて、とってもきれいでしたshine

そして城内の部屋にはなんと22万リットル入る世界最大のワイン樽が…!!

Dsc_3364

ちょっとしたバーが併設されており、ワイン好きにはたまりませんよwine

他にも薬の博物館があり、ワクワクするお城でしたhappy02

続いて「アルテ橋」へ

こちらの橋はライン川の支流であるネッカー川に架かっており、

ハイデルベルク城や素敵な景色を見ることができます

Dsc_3376

Dsc_3368

そして街中へ移動dash

Dsc_3380

大学があるだけあって、街はとても活気であふれていましたhappy02

たくさんのお土産屋さんやおしゃれなカフェ、

お菓子屋さんなどでにぎわうハイデルベルクでした!

               

③ローテンブルク

      

ハイデルベルクから2時間ほどで、中世の面影が色濃く感じられる街ローテンブルクに到着。

ローテンブルクは城壁が残っていることで有名ですが、

実は壁の一部は登って歩くことができるんですhappy02

Dsc_3420

城壁からはメルヘンな住宅街を望むことができますshine

そして数あるお土産屋さんの中でもおすすめのお店が

Dsc_3404

ケーテウォルファルト」です!

こちらのお店は1年中クリスマスグッズを販売しているんですxmas

店内は床から天井までクリスマス一色の華やかな世界が広がっていましたshine

残念ながら店内は撮影禁止で、

みなさんに店内のかわいさをお伝え出来ないのですが、

メルヘンをいっぱい感じられるお店でした!

Dscpdc_0001_burst20190306175734328_

ほかにも、マルクト広場にはからくり時計があり、

ぴったりの時間になるとかわいらしい仕掛けを見ることができますwink

以上1日目でした!

一日中、中世を感じることができ

まるでタイムスリップしたかのようでしたlovely

そして2日目は大人気のノイシュバンシュタイン城へ…shine

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

H.I.S. フランクフルト支店
TEL:069-5600-510  
MAIL:fra@his-world.com
↓↓facebookページ↓↓
https://www.facebook.com/likegermany.jp
HP:http://www.his-germany.de/

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

H.I.S. ドイツ

2019.03
loading...
WORLD情報局
カリブブログ一覧