皆さん、こんにちはとHelau!

 

「カーニバル」という祝祭をご存知でしょうか?

簡単に言うと、仮装フェスティバルのイベントです。

ドイツの西と南、様々な所で祝われていますが、北や東ドイツにはそんな習慣はありません。

カーニバルはいったいどんなイベント?

実は、カーニバルはキリスト教と繋がっていて、四旬節(Fastenzeit)の前の時期です。

四旬節は聖灰節(Aschermittwoch)という水曜日で始まって、その時期の後キリスト教信者はイースターを祝います。

ところで、カーニバルが祝われている地域では四季だけでなく、「五番目の季節」という時季もあります。もちろん五番目の季節はカーニバルでしょう!

 

カーニバル時期はいつから始まりますか?

カーニバル時期は公式に毎年11月11日の午前11時11分が始まります。

そして、次の年の聖灰節に終わります。

カーニバルのピーク時は老女のカーニバルの木曜日(Weiberfastnacht)から来週の月曜日(Rosenmontag)までです。次の火曜日のVeilchendienstagにも祝われています。

ピーク時は学生も休み、多くの会社もしまっています。

 

カーニバルの起源は?

言葉の起源は明確ではありませんが、ラテン語の「Carne levare」(日本語で「肉を取る」という意味で)という表現から現在の「Karneval」に変わりました。

ところで、他の地域も「Fastnacht」(特に南ドイツ)、「Fasching」または「Fastabend」と呼ばれています。

 

カーニバルの挨拶は?

地域によって違いますが、ドイツ全国分かっている挨拶はケルン市特徴の「Alaaf!」(アラーフ)や「Helau!」(ヘラウ!)です。デュッセルドルフの人は「Helau!」しか使いません。

 

カーニバルの時に、何をやっていますか?

昔の四旬節は厳しい時だったので、ドイツ人はその前よく遊び、お肉をいっぱい食べました。今でも遊び、仮装をして日常生活の悩みを忘れます。

特にRosenmontagは至るところで、大きなパレードがあります。

デュッセルドルフにもそういうパレードがあり、カーニバルクラブのメンバーが参加します。観客にたくさんのお菓子(Kamelle)を投げます。特に子供たちにとっては楽しいイベントです。みんなできるだけたくさんKamelleを集めます。ハロウィンと同じではないでしょうか。

また、様々な種類の山車があり、飾りはたまに政治家も皮肉ったりします。たくさんのドイツ人はその皮肉がすきです。

多少の面白い山車は下の写真で見えます。

Karneval1

Karneval2

Karneval3



皆さん、素敵な仮装をして、デュッセルドルフのカーニバルを参加してみませんか?

 

♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪

H.I.S. デュッセルドルフ支店
TEL:+49 211-1759-900  
Email:dus@his-world.com
↓↓facebookページ↓↓
https://www.facebook.com/likegermany.jp
HP:http://www.his-germany.de/

♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪☺♪



みなさんこんにちは。
先日(といってもちょっと前ですが)、
世界遺産の1つ「アウグストゥスブルク城」に行ってきましたヽ(・ω・)/


Dsc_0692



名前はアウグスブルクに似ていますが、いえいえ場所は全然違います。
むしろ、ケルンに近い場所にあります。


ケルンからRegional Expressで約15分。
「Brühl」という駅です。

Dsc_0736



お城は駅の目の前に建っているので、地図なんかなくてもへっちゃらです♪
なんとなくこっちの方にあるだろう、という適当な私でも、
簡単にたどり着けます☆彡


Dsc_0677
天気に割りと恵まれていたので、とってもクリーム色のお城がきれいでした。



中はもちろん見学できますが、グループ単位となります。
ドイツ語もしくは英語で、割りと行われている頻度は多いです。
お金を払えばオーディオガイドも借りられます♪


ちなみに私が参加したのは、通常のものより長いバージョンで、
通常の部屋では入れないところも入れるというものでした( ˘ω˘)
(それがすぐに始まるということだったので、それを申込んだだけですが…)


チケットを買うときに、言語と一番早くに始まるツアーを教えてもらえます。
ちなみに、トイレはチケットショップの中にあるので、
ツアー前に行っておくことをオススメします♪


見る価値あるかどうか、、、ということですが、もちろんあります!
一番「おおおおおおお」と思ったのが、階段を登ったところで見れる天井の絵!

天井は真っ平らなはずなのに、なぜだか半円の物に描かれているように見えるという。
みんな不思議がってました。
おそらく、ツアーの一番の見所です(`・ω・´)


で、肝心な写真は?説明だけじゃわからんよ。
ってことなんですが、






写真はNG!!!
建物内部のものへのお触りも禁止!!!



かなり厳しい感じでした。
こっそり撮ろうとしていた人、注意されてました(`ェ´)



ということで近郊都市に泊まる方、是非見に来て下さい☆彡
世界遺産に登録されていることもあり、内部は素晴らしいです。


Dsc_0680

内部もそうなんですが、もう一つ中庭もオススメです♪
季節的にはやっぱり春ー秋がおすすめですね。


Dsc_0692
中庭側からみたお城

Dsc_0690

Dsc_0703奥まで進むと、巨大な噴水が

ちなみに、向きがこの噴水変わるので、タイミングによっては、
シャワー浴びることになります。

はい、私は軽く浴びました(´ . .̫ . `)

Dsc_0695アヒル?たちもいっぱい


Dsc_0708緑もいっぱい


中庭は無料なので、中にはいらない人でも歩けます。
住んでたら、お散歩コースなんでしょうなー( ˘ω˘)♡


が、やっぱり食欲には勝てず、街中の方にいってみて一息。
ケルン近くなので、やっぱりKölsch(ケルシュ)!

Dsc_0722

いっぱい歩いた後のビールは最高です(●´ω`●)


ゆきちゃん@・ω・@メェェェ 

H.I.S. Germany 
HP:http://www.his-germany.de/ 
facebookページ:https://www.facebook.com/likegermany.jp





みなさん突然ですが!!!
キャラクター文化の日本ですが、ドイツにも有名なキャラクターがいます。


ごぞんじですか?





ドルトムントのEmma?

Img_5045




シャルケのErwin?
(私が好きなだけ)
21269880_1889297857752786_102895628




いえいえ。






その名も、Die Mausです。

Dsc07157



日本でも知っている人は知っていますよね?
とある日本の大学では、Die Mausとコラボレーションしたり・・・



Die MausとはWDR(西ドイツ放送)の1971年から存在するキャラクターであり、
日本のNHKの教育放送でも一時放送されました。


日本のオフィシャルサイトがあるくらい、実は有名
http://maus.jp/



さてそんなマウスグッツを買えるお店が、
WDRの本拠地ケルンにあります。


Maus & Co.
Breite Str. 6-26, 50667 Köln



ケルン中央駅からショッピング通りのHohestrasseを歩き、
Mediamarktという家電屋さんを右に曲がり、道なりに歩くとこの通りに遭遇します♪


目印は、Mausの看板Dsc_0757


外観はこんな感じでかわいらしいヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
Dsc_0746

Dsc_0752

Dsc_0754

ココではWDRののキャラクターのグッズが勢揃い♪
日本人も意外とくるようです。


Dsc_0747

Dsc_0749





Die Mausファンの方、ケルンへ訪れた方、
是非探してみて下さい♪
日本では手に入らない掘り出し物があるかもしれませんよ!!!




ゆきちゃん@・ω・@メェェェ 

H.I.S. Germany 
HP:http://www.his-germany.de/ 
facebookページ:https://www.facebook.com/likegermany.jp





H.I.S. ドイツ

2019.03
loading...
WORLD情報局