こんにちは~!scissors

今日私の出身地を紹介したいと思います。美しいヴッパータール(Wuppertal)です!

Dsc_0007
ヴッパータールはデュッセルドルフやケルンの近くにあり、電車で30分ぐらいかかります。
Bergisches Landという地方の1番大きな町で、ドイツ全体で最も緑の多い大都市です。

Dsc_0020

名前の通りヴッパータールにヴッパー(Wupper)という川があって、川の上で町のシンボルが行きます:ヴッパータール空中鉄道です。

Img20170730wa0040
見たことがありますか。

Dsc_0043
文化財保護のヴッパータール空中鉄道は1901年からバスや電車のような普通の公共交通機関として使われています。

Dsc_0028
また町に4000以上の建築記念碑があって、例えば19世紀の終わり頃のヴィラやレジデンス。
その他の有名な場所は:ピナ・バウシュの舞踊劇、動物園、歴史的なタウン・ホール、

Img20170730wa0046
オペラ・ハウス、大学とVon der Heydt-博物館。

Dsc_0063
是非ヴッパータールに来てください!自然も文化もありショッピングができる場所もたくさんありますので、本当に面白い町だと思います。

そして、もちろん、一度ヴッパータール空中鉄道に乗ってください。ヴッパータールの端から端まで行くのに、片道30分くらいかかります。

Dsc_0060

ヴェレーナsun

H.I.S. Germany
HP:http://www.his-germany.de/
facebookページ:https://www.facebook.com/likegermany.jp


クリスマスマーケットの季節に入りました~xmasheart02
ロマンチック街道上にあるおとぎのような町・ローテンブルク、
古城街道上にあるニュルンベルクをご紹介happy01shine

城壁に囲まれた旧市街の中心地、中央広場(Hauptmarkt)前にある
フラウエン教会(Frauenkirche)。
Nue_frauenkirche

焼きソーセージ、じゃがいもスープ、グリューワイン、様々なスイーツ、
雑貨屋さんなどたくさんのお店が並びます。
Nue_swets

美しの泉(Schoener Brunnen)。
Nue_tower
金色の輪を3回まわす間に願い事をして、人に言わなければ願いが叶う、
という言い伝えがあります。


ニュルンベルクの次はローテンブルク(Rothenburg ob der Tauber)。
こちらも城壁に囲まれた中世の町並みの素敵な町です。

一年中クリスマスグッズを扱う専門店、ケーテ・ヴォールファールトの
美術館があります。xmas
Xmas_museum

中に入ると幸せな気持ちになれますよhappy01heart04
Xmas_museum_2

天才彫刻家・リーメンシュナイダーの傑作と言われる聖血の祭壇が見られる
聖ヤコプ教会(St. Jakobs Kirche)は市庁舎の裏にあります。eye


弊社では上記2都市に加え、ミュンヘンのクリスマスマーケットもご案内できる
クリスマスマーケットツアーがございます。happy01present

ローテンブルクへは列車の乗り換えが多く、なかなか簡単に行けない町ですが、
ツアーご参加ですとラクラクお連れいたしますwink

ツアーのご参加はどうぞドイツ支店までお申込みくださいませ。

 

ドイツクリスマスマーケット(ニュルンベルク&ローテンブルク)3日間スタンダード(C)クラス利用 (現地までの交通手段別途手配)

《催行期間:各地、12月02日・04日・06日・09日・11日・13日・16日・18日・20日・22日出発》


(Y.T.)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

H.I.S. Germany
HP:http://www.his-germany.de/
facebookページ:https://www.facebook.com/likegermany.jp

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

今日からいよいよ11月。
サマータイムも先週末に終わり、日本との時差が8時間となりました。
今週のフランクフルトは
秋晴れの気持ちの良い天気が続いています♪

今日は先週に続いて『芸術の秋を楽しもう!』企画第二弾!
彫刻博物館のLiebieghaus (リービークハウス)』 をご紹介します♪

2日間まるまる美術館チケットを利用し芸術三昧した私ですが、
シュテーデル美術館に続き2番目に鑑賞しに行ったのがこの博物館です。

シュテーデル美術館の並びにあるにも関わらず
なぜかガイドブックに載っていない博物館なのですが、
私からひとこと・・・

『シュテーデル美術館に行ったら、是非立寄って頂きたいです!!!! ( ✧Д✧)

フランクフルトの雑誌を読んでいて、以前から気になっていたこの博物館。
シュテーデルに続いて念願の鑑賞が叶いました。

さて、早速博物館に行ってみましょう。
この博物館、規模は小さいですが、とても素敵な博物館なのです。

Img_2555 ▲敷地内に入ると、そこはまるでフランクフルトではないかのよう・・・♡

Img_2557 ▲外にもいくつか像が並んでいます。
 いつからここにいるのでしょうか・・・

Img_2622 ▲建物の飾りも、ひとつひとつ可愛らしい♡

館内には古代エジプトからルネッサンス、
ロココなど、様々な年代の作品が展示されています。
約3000点もの彫刻コレクションを所蔵しているのだとか。

Img_2564 ▲古代エジプト エリアの展示
何度か他の博物館で見たことはありますが、中にも文字が書かれているんですね・・・!

Img_2566

Img_2577 ▲ひとつひとつの作品がとても綺麗です。

Img_2583
▲赤い背景に、白い彫刻作品が映えます☆

Img_25981
この博物館でもテーマごとに異なるカラーが設定されており、
作品が一層魅力的に感じます。

そしてなんといっても、照明角度!!
作品の細部はもちろんですが、陰影にも是非注目して下さいね♪

Img_2595_2
丁度クリスマスを控え、始まったばかりの 特別展 Heilige Nacht を鑑賞しました。
クリスマスはイエス・キリストの生誕を祝う日。
生誕にまつわる話と共に、宗教画や聖母マリアの彫刻など、
関連する作品を鑑賞することができました。

1_2 ▲特別展撮影禁止の為、博物館公式サイトより

生誕にまつわる話と共に関連作品を鑑賞できるので、
個人的に大変興味深く、結局合計で2時間半の滞在となりました。
(ぱっとみるだけなら、1時間で充分だと思います。)

美術館や博物館での作品鑑賞、意外と疲れますよね。
ほっと一息つけるカフェで休憩はいかがでしょうか。

Img_2621 ▲リービークハウス博物館のカフェ

美術館・博物館のカフェ、とっても素敵でおしゃれなのでおすすめですよ♪

Img_2954
フランクフルトには意外とたくさんの美術館&博物館があります!
これから少しずつ、ご紹介していきますね♪

(´-`).。oO(次回担当回では、知識がなくても本当に楽しめる、
『体験して楽しい!大人もこどももおすすめ博物館』をご紹介できたらいいな・・・☆)

**みや**

------------------------------------------------------------------------

フランクフルト支店では、公共交通機関乗り放題&指定施設入場割引がうけられる
お得なフランクフルトカードを大好評販売中です!

☆ フランクフルトカード ☆
https://blog.his-j.com/frankfurt/2016/05/post-9050.html


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

H.I.S. Germany
HP:http://www.his-germany.de/
facebookページ:https://www.facebook.com/likegermany.jp

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

H.I.S. ドイツ

2019.06
loading...
WORLD情報局