H.I.S.パリ支店、人気オプショナルツアー第2位!

ヴェルサイユ宮殿&モーニングマルシェツアー

をご案内致します。

Château de Versailles

 


(スケジュール時間は道路の混み具合などにより、前後致します。時間は目安ですのでご了承願います。)

clock 8:15 免税店パリルック前集合。
clock 8:30 出発。本日バスはほぼ満席!オペラ近辺よりバスは発車し、凱旋門を通りパリ市内を出てヴェルサイユへ向かいます。バスの中ではガイドさんがヴェルサイユ、ルイ14、15、16世、マリアントワネットの歴史などを話してくれます。

clock 9:30 ヴェルサイユに到着。到着前に、ヴェルサイユ宮殿入場券、地図が配られ、オーディオガイドの借り方、トイレの場所、集合場所などの説明がなされます。


clock 約1時間半の自由行動(道路の混み具合によって前後しますので、ご了承下さい。)

一度宮殿内に入ると、トイレは出口まで無いので、もし行きたい場合は入口近辺の宮殿外側にトイレがありますので行っておきましょう。

入場後手荷物検査があり、その後カウンターでオーディオガイドを借ります。Japanese Pleaseと言って入場券を出すとオーディオガイドを渡されます。


宮殿内に入ると、すぐ右手に王室礼拝堂があります。こちらはつい最近まで入場不可だったということです。

 

部屋の天井も圧巻です。
 

全ての部屋の入口にはこのような説明文があります。隣に番号が書かれたプレートがあるので、オーディオを聞く場合は、その番号を押してから、再生ボタンを押すと、説明が流れます。
 

一階の部屋にはそれぞれ絵画が飾られています。
 

それぞれの部屋の窓からは、ベルサイユの庭園が望めます。
 

1階の回廊です。大理石の階段を上って2階へ上がります。
 
2階へあがってきました。2階の人気スポットは、王の寝室、王妃の寝室(豪華なベットが置かれています)、そして鏡の間です。
 

 

 
王の椅子。
 


 

いよいよ鏡の間の入口に来ました。長い間修復工事がなされていましたが、今年5月あたりで完成したということです。完成したばかりの鏡の間に入っていきます。
 

鏡の間では、ドイツのヴェルヘルム1世の即位式が行われ、また第一次世界大戦後の講和条約であるヴェルサイユ条約が調印された場所でもある(Wikipediaより)ということです。
完成したばかりの鏡の間はピカピカ!人々からも歓声の声が上がっています。
(※ご注意! ついつい周りに見とれてしまうこの回廊、スリも発生しているということですので、お手持つのお荷物にはご注意下さい。)
 

 

宮殿内の見学を少し早めに切り上げ、今度はヴェルサイユ庭園に出てみました。
広大な敷地に見事な幾何学模様の庭園が広がっています。

 

 

春から初秋にかけては庭園の花も見ごろです。庭園のベンチには読書にふける人たちもちらほらいます。

 
 


ヴェルサイユ宮殿の入口及び出口、また階段付近にはお土産の売店があり、ヴェルサイユに関連したグッズなども販売されています。値段は少し高めですが、ここでしか手に入らなさそうなユニークなものもあるので、見るだけでも楽しめます。

 



clock 11:00~11:15が集合時間となります。 集合場所はヴェルサイユの外側のブティックになります。こちらではトイレも無料で使用できます。

clock 11:20ぐらいにバスにのり、次はモーニングマーケットへ向かいます。バスにのっても移動時間は5分弱ですぐに到着します。
マーケットに到着すると、約30分程の自由行動になります。マーケットには日本の魚市場、又はスーパーの特売を思い出すような威勢の良い掛け声が響いています。
味見をさせてくれるソーセージ屋さんなどもあります。お店の前に来たら、まずは、「BONJOUR ボンジュール」 と大きな声で挨拶を。パリでは返事が返ってこないこともしばしばですが、ここでは皆さん笑顔で声をかけてくれます。

 


ここヴェルサイユの朝市は規模もかなり大きいですが、お客さんもいっぱい。 パリと違うのは、店員さんがパリの2倍元気がよく、親切だということです。お客さんとの会話を楽しんでいます。季節がバカンス明けだけあって、みなさん、バカンスはどうだったとか、どこに行って何を食べたなど、長話をしています。
今年は冷夏ということもあり、パリのスーパーなどでも野菜が高騰!普通、野菜、フルーツは日本より格段に安いのですが、そんなイメージも今年ばかりは無くなりました。 とはいってもパリのスーパーに比べると野菜もフルーツも遥かに新鮮!パリのスーパーでは野菜が冷凍されているまま出されているなんてこともあるのです。

 

いい香りがしてくると思ったら、チキンの丸焼きを売っていました。調度お昼ぐらいでお腹が空いてくる頃です。

 

新鮮なトマト!ちょっと手にとっても甘酸っぱい香りがしてきます。


 

チーズの種類もたくさん。日本に比べるとチーズは非常に安いので、ちょっと買って味見も良いでしょう。また一口サイズのパンやお菓子、フルーツ、サラミなどもすぐに食べれるので試してみては?
ただソーセージや野菜などは、お土産用には、日本国内に持ち込めないものもたくさんありますので、ご注意下さい。

 


ちょっとこれを買いたい!というときは、

chickこんにちは: 「BONJOUR」 ボンジュール
chickこれ下さい: 「Je vais prendre ceci(指差して), s'il vous plait.」 ジュ ヴェ プロンドル スシ シルブプレ

chickこれいくらですか?:「C'est Combien、Ca(指差して) ?」 セコンビアン サ?

chickありがとう!:「Merci」 メルシー

または単に、これ「Ceci スシ」又は「Ca サ」と欲しい物を指差して後はシルブプレを最後に付ければOK!

ちょっと緊張しますが、小さい声だと聞き取って貰えないので、大きい声で言いましょう。

 


clock 12:00頃 ヴェルサイユのモーニングマーケットを出発し、パリへ向かいます。
clock 12:45頃 パリ到着。ルーブル近辺にて解散となります。

朝市はフランス人には無くてはならないもの!短期間の滞在ではなかなか行けなかったりする朝市と、世界遺産のヴェルサイユ宮殿のツアーでした。

このツアーではヴェルサイユ宮殿が主で、トリアノンや、マリアントワネットの田舎村などは行きません。ヴェルサイユ宮殿とトリアノン1日観光なども取り扱っていますので、お問い合わせ下さい。

(HISパリ支店 NI)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

HISオリジナル ヴェルサイユ宮殿&モーニングマーケット

その他MyBus社、Cityrama社催行のヴェルサイユ宮殿ツアー各種も取り扱っております。詳細はこちらのHPをご参照下さい。>>>http://www.his-tours.fr/tours/versailles.htm

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    • 投稿: his-paris -2007年9月12日 (水) 07時44分

      ■無題
      そうなんです!見たいところはいろいろあるのですが、何しろ広いため、宮殿も、庭園もじっくり見たい・・・となると、もう少し時間が欲しいですね。1ヶ月後ぐらいにヴェルサイユ宮殿内を撮影した動画が出ますので、そちらも是非ご覧下さい。朝市の野菜やフルーツ、とてもおいしそうでした。

    • 投稿: 桜花 -2007年9月11日 (火) 08時32分

      ■無題
      ヴェルサイユ宮殿の中を見て回れるなんて素敵!きっと写真にうつっている以外にも豪華絢爛なところがいっぱいあるのでしょうね。朝市も、新鮮な食べ物がそろっていそうで素敵です。

    

    H.I.S. パリ支店

    2019.01
    loading...
    WORLD情報局