impresso添乗員チーム雨川和世です。


今回はスコピエをご紹介します。

皆様、マザーテレサってご存知ですよね?
インドのコルカタ(カルカッタ)にて貧しい人への慈悲活動を行ったカトリック教会の修道女。
『神の愛の宣教者会』の創立者。
ノーベル賞を始めとする数々の賞を受賞した方です。

マザーテレサ、本名アグネサ/アンティゴナ・ゴンジャ・ボヤジ
(Agnesa/Antigona Gongea Boiagi)


彼女はアルバニア系マケドニア人。
マケドニアのスコピエで生まれ18歳までスコピエで過ごしました。

現在スコピエには「マザーテレサ記念館」があります。

 

Img_1219

ノーベル賞
マザーテレサ記念館にはマザーテレサのゆかりの物が数多く展示されています。
実際に着ていた服や幼少期の写真、そしてノーベル賞を始めとする受賞した賞の表彰状など。

Img_1218

礼拝堂
記念館の3階は礼拝堂になっています。
明るく開放的な雰囲気はとても素敵な空間です。

Img_1222

マザーテレサ像
記念館の入口近くに佇むマザーテレサの像


Img_1235

マケドニア広場
スコピエの中心地は「マケドニア広場」
ここには大きな「アレキサンダー大王」の像が立っています。

旧市街と新市街に分かれているスコピエの街。
この広場から橋を渡るとそこは旧市街。
まるでトルコに来たような雰囲気にガラっと変わります。


Img_1241_3

旧市街の傘屋
レストランやジュータン屋、トルコのバザールのようなお店が立ち並ぶ中見つけたのがこの傘屋さん。
売り物ですが、ちょっとしたアーケードのようになっていてとっても絵になりますsign01


物価も安く、絵になる見所も多いマケドニア。
ワインもとっても美味しい国です。

Img_1252

マケドニアワイン@空港の売店にて。

乗り継ぎの空港で没収されないように必ず「シールド」してもらってください。
開封不可のビニール袋に入れてもらえば機内持ち込み大丈夫です!
但し、帰国するまで絶対に開封しないで下さい。


今大注目のバルカン半島
impressoのツアーでご一緒しませんか?

お勧めバルカン半島ツアーはこちら
皆様のご参加お待ちしておりますhappy01

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    2017.12
    loading...
    WORLD情報局