グラオン


と言えば誰もが知る観光地。

一生に一度は訪れてみたい場所NO1といわれている

世界的にも非常に有名な観光地だ。



大地隆起侵食を繰り返し気の長い年月をかけて造りだした

この自然の大峡谷は人間誰しも一度は見てみたいと思うもの。



場所はロサンゼルスから車で行くと約10時間の道のりですが、

実は気軽にロサンゼルスから日帰りで移動ができるツアーがあります。


いったいグランドキャニオンツアーってどんな感じなんでしょう?

ということで仕事と称して

早速グランドキャニオンへ行ってみまた!


今朝は8時きっかりに集合。ホテルのロビーから出発です。

ダウンタウンのいくつかのホテルを経由して向かう先はコチラ



ロサンゼルス国際空港に程近いダウンタウンから車で約30分の距離の

ホーソン空港というところへ。

(時によっては違う空港からの出発もあるそうです)


ホーソン空港に到着!

とても清潔感のある空港で、便利そうな使い勝手。


到着すると嬉しいことに

自由にコーヒー紅茶ソフトドリンクが飲めるサービス

簡単なクッキーなども用意されていたので、朝食を見逃してしまった方には

ちょっぴり嬉しいサービスです。


お手洗いも済ませ、腹ごしらえも済んだところで、早速搭乗~!


今日も快晴、ロサンゼルス!

青空がまぶしくて気持ちのいい日和です。


本日乗る飛行機はこの19人乗り!

時によっては5~19人乗りの飛行機になる場合もあるんだそうです。


今日のグランドキャニオンを案内してくれるのはこのお二人!

グランドキャニオンの観光ガイドをしてくれる

左)山口健さん    パイロット兼ガイドの超ベテランさんと

右)中村ハジメさん イケメンパイロットさんです!


一人一人の搭乗を丁寧に見守るパイロットのハジメさん。

とっても笑顔が素敵なパイロットさんです。


<ここがポイント1>

パイロットさんと飛行機をバックに写真を撮りたい方は

搭乗の前に写真のタイミングを教えてくれます。

せっかくなので記念に一枚パチリと撮っておきましょう。


19人乗りの飛行機の中はこんな感じ。

真ん中に通路を挟んで両サイドは窓となっています。


一番後部座席の真ん中の席を除いては全て両サイド窓なので、

機内からの景色はやっぱり抜群です。


座ると座席の脇においてあるのがこの案内。安心の日本語案内です。

ここでパイロットさんから詳しい説明が。


『はじめまして、はじめです。』


一度聞いたら忘れられないこのフレーズ、

イケメンパイロットさんではありますが、

はにかみがら軽いジョークを飛ばすユニークなパイロットのはじめさん。

思わず機内が笑いに包まれる瞬間です。


丁寧で楽しい案内を受けた後は待ちに待った空の旅へ出発!


飛行機の状態をチェックし安全を確認できたら、いざエンジン稼働。

高鳴るエンジン音と共に機体がうなります。


滑走路を走り出したな、と思ったら・・・・

あっと言う間に離陸に成功~!

決して操縦は簡単ではないと思うのですが、

本当に気がついたら空に飛び出しているという感じです。


眼下に広がるロサンゼルスの景色はなんとも言えず広大で。

太平洋を横目に高度はぐんぐんとあがっていきます。

機内の全員が空からの景色に思わず感動している様子。

高度の上昇と共に旅のわくわく感も上昇していきます。





ところで素朴な疑問1

<セスナ機での飛行ってもしかしてすごい揺れるかも?>


結果はこの日は全くといっていいほど揺れず。

高度を変えても向きを変えても機体はあくまで安定しています。


そこでガイドさんの山口さんに普段はどうなのか質問をしてみました。


”そうですね、飛行機なので全く揺れないという事はありませんが、

 飛行の安全が確保された日にしか元々空を飛びません。

 ロサンゼルスから山越えをする時に多少揺れる事もありますが、

 山を超えると眼下に広がるのは日本では絶対に見られないような絶景が

 広がるので皆さんは景色を楽しんでる方が多い様ですよ。”


なるほど~。そうなんですね。と分かりやすい回答をもらっていると


ロサンゼルスの都会を抜け一山超えてでてきた景色!

”モハベ砂漠だ~”

これぞと思わせてくれる

大西部の景色がどこまでも続きます。


<ここがポイント2>
そういえばこのモハベ砂漠、人気のTVドラマ24シーズン2で、

核爆弾と共に飛行機が舞い降りていくシーンとして使われています。

24が好きな方はドラマの世界に浸れます。



あ!川発見!


この川はもしかして・・・。


コロラド川だ~!shine


あのグランドキャニオンを創りあげた

全長2333キロという驚異的な長さの川

大地を裂いて蛇行するこの力強いたくましく突き進む川。

思わずテンションがあがる瞬間です。


なんといっても

グランドキャニオンを削り倒した川

ですからネ。


<ここがポイント3>
離陸してから40分~1時間たったあたりで左右を大きく蛇行する川が

登場します。モハベ砂漠を越えたあたりなので写真ポイントです。

更に進むとなんだか景色が変わってきました。

そろそろグランドキャニオンなんでしょうか。


地上が近づいてまいりました。

実はこの日のパイロットはハジメさんの他に

なんと機長は日本人女性パイロット!!

あきよさんが操縦!

女性が大空で活躍している姿ってやっぱりかっこいいものです。


すばらしいコントロールでグランドキャニオンの空港へ下降します。



離陸から約1時間30分~2時間かけて着いたグランドキャニオンの地。

景色を堪能しているとあっという間についてしまう快適な空の旅でした。



>>世界遺産への旅 グランドキャニオン1日観光ツアーⅡへ


K.O.

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    • 投稿: なかむら -2011年10月 2日 (日) 12時35分

      ■無題
      こんにちわ、9月12日グランドキャニオンに行ってきました。素晴らしい景観でした。それよりも、感激したことがありました。息子4歳中村一とパイロットの中村創さんが漢字違いの同姓同名でした。中村パイロットの素敵な事、ファミリィー一同、感激でした。是非皆さん素敵な中村創さんの飛行機でグランドキャニオンへ。

    

    H.I.S. ロサンゼルス支店

    いいね!ロサンゼルス
    2019.07
    loading...
    WORLD情報局