巨岩の村『モンサント』から車で15分ぐらいのところにある『ペーニャ ガルシア』

P9064766

岩山の上に城壁が遺っています。

P9064770

反対側は深い谷

P9064774
その谷底には小屋が点在しています。

P9064775
モンサントは花崗岩の村でしたが、ここは珪岩の村です。
ほんの少ししか離れていないのに景色がまるで違います。

P9064789
谷底まで道が繋がっています。

P9064794

P9064796

道沿いには、ここがかつて海の底だったことを示す藻の化石がゴロゴロしています。

P9064797
もちろん持ち帰りは厳禁です。

P9064798

昔は三葉虫の化石もあったそうですが、多くを持ち去られてしまったそうです。

P9064799

そして小屋に到着。

P9064809

こちらの小屋は3階建てになっています。

P9064812

上の部屋にはかつての生活用品が保存されています。

P9064814

P9064815
その下の部屋には小麦を挽く石が今も動いています。

P9064816


その軒下に横向きの水車が回っています。

P9064822

川の水を家に引き込む水路

P9064817


そして、また川に戻っていきます。

P9064823

ガイドブックにもほとんど載っていない村ですが、先人の知恵が感じられるいい村でした。


Koji





ポルトガルのセントラ地方のトマールは12世紀に王様からテンプル騎士団に土地が与えられたことによって繁栄した街です。

現在では当時に建設されたキリスト教修道院が世界遺産に登録されています。

P9095249

12世紀の後半にはポルトガルのテンプル騎士団本部としての役割を果たしていました。

P9095250

見るからに重厚な造りが目を見張ります。

P9095260

そして圧巻は教会内部の装飾

P9095271

八角形をして円堂には煌びやかな装飾が施されています。

P9095284

彫刻に絵画などで飾られた空間は時が経つのを忘れます。

P9095289


大航海時代のポルトガル帝国の力の大きさを物語っています。

P9095299


内側の壁にはキリストの生涯が描かれています。

P9095307

豪華絢爛という言葉がぴったりの内装です。

P9095308

こちらは室内のマヌエル建築様式の窓ですが、屋外に必見の窓があります。

P9095315


中庭の回廊の建物にその窓はあります。


P9095318




P9095361


苔むした壁がより重厚感を醸し出しています。

P9095360

人と比べると結構大きいことが分かります。

P9095333

長い年月で風化していますが、近くで見ると装飾の細かいことも

P9095380


マヌエル建築様式は貝,珊瑚,海草や錨,鎖など海や船、航海などに関する装飾が特徴です。

P9095376


こちらは風の神が息を吐き、波が立っている様子でしょうか。

P9095373

この修道院はお城のなかにあり、外側は城壁で守られています。

P9095245

P9095241


お城からの街の眺めです。

P9095236

トマールの街は綺麗に整備されており、散策も楽しめます。

P9085196


ライトアップされた夜の街の雰囲気も申し分ありません。

P9085202


広場沿いにはバルやレストランも

P9085203

週末で裏道のバルも地元の人たちで賑わっていました。

P9095215

建物の壁に描かれた修道院の大窓のアズレージョ

P9085189


何気なく壁に描かれているのがいいですね。

P9085186

トマールは4年に一度開催される花祭り『タブレイロス祭り』でも有名です。

097

テンプル騎士団とともに栄えた街が花で一杯になります。

098

こちらは頭にのせる花飾り

099

建物の壁に昔の祭りの様子が、次回は2019年の7月です。

096


街から眺めるトマール城の城壁

101

102

リスボンから約150KM、ポルトガルでおすすめの街です。


Koji











国によって選ばれたポルトガル歴史的村12選のひとつ『CASTELO RODRIGO』

074_3


指定された歴史的な村には古い町並みが保存されています。

また、観光客受け入れられるように整備もされています。

077


ここカステロ・ロドリゴ村はセントロ地区の北部で、スペインとの国境近くに位置しています。赤茶けた村の様子もスペインの村と似ています。

076

国境に近いため、しばしば領土争いの紛争に巻き込まれ、その傷跡がいたるところに遺っている村です。

P9074934


窓枠にはマヌエル様式の走りと思われるような装飾が施されています。

P9074935

ここでのお勧めの宿は『Casa da Cisterna』
スイートを含む全部で7室のとてもアットホームなホテルです。


063

大きなテラスがあり

066

065

夏はプールでひと泳ぎ

067

暖かくなって来たら、テラスでの食事は風景を楽しみながら、より一層美味しくいただけます。

P9064901

079

ここから夕陽も楽しめます。

P9064908

このホテルでは夜のおすすめオプショナルツアーも用意しています。

P9064919

ホテルから車で約30分のところにあるドウロ川の支流コア川の渓谷に遺る、世界遺産に指定された旧石器時代の岩絵を見学に行きます。

ホテルのオーナーがガイドの資格も持っているため宿泊客限定で催行しています。

P9064920

ダム建設予定地として調査をしていた時に数キロの渓谷沿いに岩絵が見つかり、建設は中止されたそうでう。岩絵と言っても着色はなく岩に溝を掘って動物の形がいくつも重なっています。

P9064921

昼間のツアーもあるのですが、夜の方が岩に光を当てることではっきりと岩絵が浮かび上がります。

P9064926


この岩々は無造作に、そのままの姿で横たわっています。

P9064927



世界遺産の岩絵見学ナイトツアー付商品はこちらです。


~巨岩の村モンサントに宿泊~ 北部ポルトガルの世界遺産と中央ポルトガルの歴史的村を訪ねる3日間



Koji



H.I.S. スペイン支店

2019.10
loading...
WORLD情報局