2012年に日本食と同じ時期に世界無形文化遺産に登録されたコルドバの『パティオ祭り』
それを記念してお祭り期間中以外でも旧市街7軒の民家が自慢の庭(パティオ)を公開しています。

P4097803


もともとコルドバのパティオは数組の家族が、その周りに住み、皆で使う調理場や井戸、洗濯場が配置されていた共有区域で、そこを季節の花で飾って家族で楽しむのが始まりです。

P4097790

パティオを飾る花々は親から子へ、孫へと代々引き継がれてきたのです。

P4097793

このお宅には700近い鉢植えがあり、夏場は日に2回水を与えています。

P4097796


水やりは昔ながらの棒を使って一鉢づつ、結構な重労働です。近い将来ロボットになっているかもしれません。

P4097797

庭の地面を飾る石は小さければ小さいほど、裕福な家庭の証になっていました。

P4097807

今はほとんどが鉢植えですが、昔は空き缶なども使われていたそうです。

P4097810

各家のご主人はそれぞれこだわりを持って自慢の庭にしています。

P4097817

その中でも、特に目立っていたパティオ。

P4097820


こんな綺麗にしている庭を見てもらいたいを思い「パティオ祭り」が始まったのでしょうね。

P4097819


こちらは四方八方、季節の花で覆われています。

P4097824

これだけのお花の手入れを家族だけで行っているそうです。

P4097826


猫も一年中花々に囲まれて幸せそうでした。

P4097822

コルドバに来られた際は、是非自慢の庭も観に来てください。



Koji

アンダルシア州コルドバの近郊にあるオーガニック・オレンジ農園を訪ねました。4月はオレンジの花(Azahar)の開花時期で甘い香りが楽しめます。

P4097744

実と花が共存しているのが興味深いです。実がもぎ取られていたほうが多くの花を咲かせます。

P4097741


オーガニックのオレンジは手でひとつづつ、もぎ取っていきます。

P4097738

オレンジの木にマンダリン(みかん)の枝を接木して、1本の木から違う実を収穫出来るようにしています。

P4097743

オレンジの花とマンダリンの花(小さいほう)

P4097732

農園見学の後はもぎたてオレンジの試食タイム

Img_3946

オレンジの花(Azahar)のハチミツとコルドバ産オリーブオイルで食します。

P4097755

オリーブオイルとオレンジの組み合わせは予想以上に美味しかったです。

是非一度お試しください。


Koji

「王の道」もいよいよクライマックスです。
山道を過ぎると、眼前に大きな口を開けた岩山が現れます。通称『La Garganta』喉仏

P3267653
今まで歩いてきた反対側には雄大な景色が広がっています。

P3267657


20分ほどで、第2区間の遊歩道の入り口が見えてきます。先ほどとは高さが違います。


P3267655
岩山の左側中腹あたりに人影があります。

P3267661


命知らずのロッククライマーです。頂上に向けてアタックしています。

P3267680
ここはロッククライミングのメッカなのです。

P3267671
クライマーはツアー終着地点のEL CHORROから線路を歩いてやってきます。1時間に一本ぐらいしか列車が通っていないため黙認なのでしょう。事故が起こっても自己責任です。

P3267670
下のコンクリートが所々剥げ落ちている道が、かつての「王の道」です。世界一危険な道と言われていたのが頷けます。新しい遊歩道は開通して1年が経ちますが無事故です。

P3267677
その先に現地ガイドと人が集まっている場所があります。

P3267676

ガラス張りのデッキになっていて、100mの崖が体感できます。ガラスがもっと透明だと迫力が増すのですが、ちょっと残念です。

P3267686
ここを通り過ぎると「王の道」一番の人気スポットつり橋が見えてます。

P3267681


文字通りの断崖絶壁です。

P3267682


その手前の窪みに掛かる橋、昔の人はよくこんなところが歩けたものです。

P3267697


つり橋は強風時通行止めとなるため、しばらく待たなければなりません。一度に渡れる人数は10名までと決められています。人気スポットのため現地ガイドが写真撮影をしてくれます。

P3267707
あとは出口まで続く、垂直の壁に掛けられた遊歩道を通ります。

P3267714


南アクセスポイント(出口)に到着です。

P3267716


ここから今、歩いてきた遊歩道と絶壁を確認することが出来ます。よくぞここに道を作ってくれました。

P3267718


ここから終着地点のEL CHORROまでは徒歩15分ぐらいです。
レストランなどもありますので、食事を摂ることも出来ます。

是非スペイン人の先人が作った驚異の道を体験してみませんか。

グラナダから日帰りのオプショナルツアーをご用意しています。
http://activities.his-j.com/TourLeaf/GRX0027.htm

KOJI



H.I.S. スペイン支店

2019.10
loading...
WORLD情報局