Hola! sun

マドリッドでのタクシーストライキもついに2/5(火)で終了しました

下の写真はマドリッド支店近くのタクシー乗り場です。

Img_4759

1月下旬から姿を消していたタクシーが、街中を通常通り走行しています。

こちらはグランビア通りの様子です!

Img_4758

ストライキ解消により、市内⇔空港間の移動も簡単になりました!

荷物が多くてお困りの方は、ぜひタクシーをご利用くださいcar

H.I.S マドリッド支店 CK

22 治安 2015.05.07

ここ最近、日中は25℃前後と観光に最適な季節ですが、観光シーズンになるとスリ・置き引きが多発してきます!

スペインの2大都市、バルセロナとマドリードは他のヨーロッパ大都市と比較しても
決して危ない都市ではありません。
しかしながら、やはり被害に遭われる方がいらっしゃるのも実情です。

スリ・置き引きの被害に遭わないようにするためには、その手口を知り、対策を立てておくことが重要です。


O0468029412852070871



どのような人が被害に遭いやすいか 
→旅慣れている自分は被害に遭わないと思ってる人
→いかにも旅行者であるという持ち物を持っていたり、格好をしている人

sign01対策sign01 
・常に周囲を警戒し、多少の緊張感を持つこと。
・高価なものは身につけない、持参しない。
・ガイドブックを手に持ってキョロキョロしない。
・携帯電話を見ながら歩かない。


どのようなモノが狙われやすい 
→1位は現金、2位はiPhone・携帯、3位はパスポート、4位はカメラなど

sign01対策sign01 
・現金は小分けにして多額を持ち歩かない、カードは可能な限り財布と別で所持。
・iPhone、携帯はレストランやカフェのテーブルの上に置かないこと。
・パスポートはホテルのセキュリティBOXに預け、コピーを持ち歩くこと。
・カメラは首からぶら下げないこと。


流行りの手口とは
目隠しスリ・・・新聞紙や雑誌を読みながら近づき、手の動きが見えないよう目隠しとして利用し、
鞄などから貴重品を取ります。

sign01対策sign01 
・怪しい人が近づいてきたら、鞄は前にしチャック部分を手で常に押さえておくこと

物乞い/物売り・・・バラなどを買ってくれと近づいてきたり、お金を恵んでくれと近づいて
財布を出した瞬間に財布を触られたりし、その隙にお札を抜き取る。

sign01対策sign01  
財布を取り出し開けさせることが目的なので、完全に無視すること。


声かけ・・・1人が後ろから声をかけて振り向かせ注意を引いている間に、
別方向から仲間が財布や鞄をひったくっていく。

sign01対策sign01 
声を掛けられても無視すること。


被害の多い場所
→空港、駅、地下鉄車内、人通りの多い場所、ホテルを出てすぐのところなど。
 マドリードだとアトーチャ駅、チャマルティン駅、マヨール広場、ソル広場、サンティアゴ・ベルナベウなど
 バルセロナだとサンツ駅、カタルーニャ広場、ランブラス通り、カンプノウなど


sign01対策sign01 
自分に近づいてくる人、または見てる人がいないか周りを確認すること。
そして、高価なもの、多額の現金などを持ち歩かない。


~お役立ち集~

・【在スペイン 日本国大使館】 安全情報
http://www.es.emb-japan.go.jp/japones/consular/index.html
・【在スペイン 日本国大使館】 緊急時の連絡先
http://www.es.emb-japan.go.jp/japones/anzen/anzen_higainiattara.html
・【在バルセロナ 日本領事館】 安全情報
http://www.barcelona.es.emb-japan.go.jp/japones/segridad.htm
・【在バルセロナ 日本領事館】 緊急時の連絡先
http://www.barcelona.es.emb-japan.go.jp/download/triptico_seguridad.pdf

22 治安 2014.02.25
最近、バルセロナで犯罪被害が多いのがサンツ駅周辺subway
列車で到着したばかりでバルセロナの土地勘があまりない旅行客を
ターゲットにしている犯罪グループなどがここ最近急増しています



皆さんが被害に遭わないようにするには犯罪の手口を知ることpaper
ということで、バルセロナ サンツ駅周辺で流行している犯罪手口はコレだdown

oneケチャップかけスリ

昔はケチャップが主流でしたが、最近はチョコレートのような色や
ファンデーションのような色の得体の知れない液体を背中やバッグにかけられ
気付かぬうちに前面ではない色々なところに付着していることがあります。
それを見知らぬ人が「何か付いてるよ」と親切心を装い声を掛けてきます。
最初に声を掛けてきた90%の人はあなたの貴重品を狙っている犯罪者です。
声を掛けた後は、水やティッシュなど用意していたもので
あなたの衣服に付いた汚れを落とそうと近づき荷物を置くように上着を脱がせたりします。
荷物を置いた瞬間に隙を見てその荷物を持って走って逃げていきます。
10%の本当に親切な方には申し訳ないですが、
被害に遭ってからでは取り返しがつきませんので声を掛けてくれた人は笑顔で無視しましょう。
本当に親切な人は教えてくれるだけで拭くのを手伝ってくれたり過剰な親切はありません。
(歩いていて、鳥のふん?ペンキ?嘔吐物?なんて思ったらこれを思い出して下さい)
最初は1人でも2-3人でグルになってやっているケースが多いです。

two地下鉄スリ

サンツ駅から地下鉄に乗り換えて移動される方も非常に多いはず。
地下鉄に乗るときに車内は混んでないのに自分の周りだけ混んでいる、
乗降りの際に人に押されたり、この人やけに近いなと思ったらそれはスリの可能性が大です。
ほとんどの場合、気付かぬうちにカメラ・財布・パスポートがバッグから抜かれています。
彼らはプロです。狙われたら自分で車両変えるなどで回避するしかありません。
正直、周りにいる一般人もあの集団怪しいなと思っても注意をしたり、
掴まえようという行動に出る人はほとんどおらず見て見ぬふりをします。
ひどい!と思うかもしれませんが、これは自己防衛のための致し方ない手段なんです。
「そこの日本人!バッグ気をつけて!狙われてるよ!」なんて言ったら、
その人に仕返しを試みるケースも多発。恨み・妬みは人一倍強いのがここの犯罪者の特徴。
声を出さずに目配せで気付かせようしてくれる人もいますのでその信号を見逃さないように!
このスリは周りから見えないようグループでやっているケースが多いですが、
手元を隠す目隠し役、実行役、見張り役、しっかりと役割があります。
そして犯罪グループに若い女性が多いこと。

three両替詐欺
  
サンツ駅に到着して、地下鉄に乗り換えようとするときに、
初めて地下鉄の自動券売機を利用する方も多いかと思います。
利用方法に不慣れな旅行者に切符の買い方を教えてくれる本当に優しい方もいますが、
T-10(10回券)がお得だと10EURを旅行客から預かり、
タッチパネルを早いスピードで動かし、1回券を購入し旅行客に渡す。。。
一人あたりでは大した利益にならないのですが、
これを繰り返せば確実に儲かるという軽犯罪の手口です。
利用方法がわからなければ制服を着た係員に聞きましょう。


これらは警察が巡回しているサンツ駅構内より、
地下鉄への乗り継ぎ時や地下鉄、サンツ駅構内を出た周辺で被害の報告がされております。

日本の警察のように早い対応はスペインではされません。
旅行の貴重な時間も被害届けを出すだけでも軽く数時間持っていかれます。

楽しい旅行になるように手口を知ることは旅行ガイド本を見るのと同じくらい大事なことです。

スペインの面白情報が探せます
↓ ↓ ↓ ↓ ↓




Byバルサ
Byバルサ


H.I.S. スペイン支店

2019.10
loading...
WORLD情報局