日本で新しい年号が発表された5月1日shine

ドイツも祝日で、家にいるのがもったいないくらいの天気のいい日sun

そんな日は電車に乗って小旅行train

フランクフルトから電車で1時間半の所にある、ミルテンブルグに行ってきました

マインの真珠と言われるミルテンブルグ(Miltenburg)

街の中心にあるマルクト広場

Img_02011

このマルクト広場は、ドイツで最も美しい広場の一つと言われています。

木組みの家に、石畳の道、かわいい街並みが続き

THE ドイツshineという雰囲気を楽しむことができます

Dqmf12282

ガイドブックには、あまり紹介されていない街なのですが、ドイツ国内外から多くの観光客が訪れています。

フランクフルトを流れているマイン川と、同じマイン川が流れているのですが

ビルに囲まれたフランクフルトの景色とは違い、のどかな景色が日常の疲れを癒やしてくれます。

この街でも、マイン川クルーズを楽しむことができます。

この日もクルーズ船には、たくさんの観光客が乗っていました。

Img_01991

地ビール「ファウスト」を近くのお店で買い、川沿いで一休み

昼間から飲むビールは、格別ですねbeer

Img_01981

このファウストは、街のメインストリート沿いにビール醸造所“ミルテンベルクのブラウハウス・ファウストBrauhaus Faust zu Miltenberg)で作られています。ここはレストランも併設していて、ファウストを飲みながらドイツ料理を楽しむことができます。

アイスを食べながら街をのんびりと散策

Img_02001

ワイン屋も多く、ちょっと覗いてみましたwine

フランケンワインを中心に取り扱っているお店が多く、ちょっと不思議な気分でした。なぜなら、ミルテンブルグはミュンヘンのあるバイエルン州に属しているからです。

後日調べたところ、このミルテンブルグはフランケン赤ワイン街道沿いの街で、フランケンワインの赤ワインが有名ということが判明しました。

そのお店で、フランケンワインの白と赤を試飲させてもらいました。

白ワインは、ブドウの爽やさが口いっぱいに広がりこれからの季節にぴったりな味わい

赤ワインは、ラズベリーのような酸味と落ち着いた深い味わい

どちらを買うか迷っていたのですが、

ドイツといえば、白ワイン!

と思っていたので、試飲した白ワインを購入しました

でも、赤ワインが有名ならば、赤ワインも購入すればよかった!と思わず後悔bearing

ドイツワインといえば、白ワインのイメージが強く、ラインガウやラインヘッセンが有名な産地です。フランケン地域も白ワインを多く生産していますが、この街は赤ワインが有名なようです。

ドイツの赤ワインは口当たりも軽く、ワインを飲み慣れていない人でも飲みやすいのでぜひ試してみてくださいwinkshine

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    H.I.S. ドイツ

    2019.10
    loading...
    WORLD情報局