ボンジュール!
インプレッソ添乗のMiです

 
暑〜い夏も終わり、紅葉🍁の始まった過ごしやすいフランスへ、と思っていましたが夏が戻ったかの陽気の日もありました
 
2005年に世界遺産登録
オーギュスト ペレによる再建都市 ル アーブル」に少し立ち寄りです
 
第2次世界大戦で街の80%が破壊されてしまい、20年かけて街を再建したそうです
その中心となった建築家がオーギュスト ペレでコンクリートを使い斬新で機能的な街づくりをしました
 
街の中心に入ると高い塔が見えてきます
20世紀建築の傑作のひとつとされる サン ジョセフ教会です



Img_2420


コンクリートは無機質で暗く冷たい印象があるかもしれませんが、陽の光が入る教会内に1歩入ると、やさしい光に包まれた明るい光景が広がっています


Img_2423

八角形の塔 110m

ステンドグラスは1枚が小さいですが12,768枚!


Img_2432

Img_2433


柱に光が反射してきれーい✨


Img_2434

地元の学生さんたちも来てましたよ

そして、驚きの塔の内側‼️
間近に撮影できないのが残念

Img_2430


パノラマで全体の雰囲気が伝わりますか?

Img_2439

短い立ち寄りなので教会内見学と、海側のヨットハーバー⛵に出るか、市庁舎方面の賑やかな方へ行くか...お好きな方へ
 
ル アーブルは印象派の画家モネの故郷でもあります
この辺り?かは定かでありませんが、
モネの作品で「印象 日の出」という絵があります🖼     いかがでしょうか?
写真の写りがイマイチですが、モネもこの風景を見ていたのかなー?と思うと感慨深いものがありますねー


Img_2416

Img_2417

こちらは日の出ではありませんが、絵の
雰囲気には近いでしょうか?

「印象 日の出」はパリのマルモッタンモネ美術館所蔵です。
ご興味のある方は是非訪れてみてはいかがでしょう?
または、オランジュリー美術館の「睡蓮」の大作は必見ですよ!!


フランスに行きたくなったらこちらをチェック!

皆様のご参加お待ちしてます!!





同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    2019.01
    loading...
    WORLD情報局