2023.07.18

こんにちは~sun今日も暑いですね~sign03

南イタリアには多くの特徴的な建造物が見られますが

3つの街から今日は特徴的な建物が届いていますvirgosagittarius

Dsc_4198

①三角屋根の建物「トゥルッリ」で有名なアルベロベッロpisces

その昔、土地の税金は建っている建物の数で決められていました。
 
アルベロベッロを治めていた領主は税金対策として、
国の役人が視察に来た時にすぐに壊せるように、
モルタルを使わない石造りの建物だけを建てることを認めました。
 
これが三角屋根の街「アルベロベッロのトゥルッリ」の始まりです。
 
アルベロベッロでは教会も三角屋根ですmoon1
 

Dsc_4213

②洞窟住居「サッシ」で有名なマテーラ
 
すり鉢状の土地に石灰岩で作られた家々が密集しています。
もともと修道僧たちが作った街なので至るところに石灰岩を掘って作った教会があります。
古代エルサレムの街に似ているということで様々な映画の撮影地にもなっています。
 
街の1番高いところにドゥオモがあります。
 

Dsc_42012

③日本人にもお馴染みのアマルフィhappy01
アマルフィは昔、巨大な力を持つ海洋国家でしたtyphoon
イスラム諸国との関わりが深く、イスラム文化から多大な影響を受けています。
ドゥオモにもイスラムの建築様式が見えます。
 
…同じ南イタリアなのにこんなにも街の様子が違っています。面白いですね~upwardright
 
 
なかなか足を延ばす機会も少ない南イタリアですが、
建築様式の見どころもたくさんsign03
 
今年の夏は是非 訪れてみたいですねsmile
 
 
 
 
 
 
 
 

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    2023.12
    loading...