こんにちはー。
先日友人とぶらぶらしていて、思わず絶叫したスポットをご紹介♪


その名も「Liebfrauenkirche」という教会。




え?って思いますよね。
私も、びっくりでした。

まずは場所をご紹介!
フランクフルトの街中、Hauptwacheから、
「Esprit」と「FOSSIL」の通りを歩きます。

Dsc04192真っ直ぐ歩くとすぐ左に教会があります。


Dsc04178




雨が振りそうな天気だったので空模様は良くないですが、
全体像はこんな感じ。

Dsc04179左の赤いオーニング?のところから教会の中庭のようなところに入れます。

Dsc04190
ドアからも入れますが、意外とココのドアを使う人は少ないかも

Dsc04183ちなみにドアはこんな感じ。


Dsc04171 中は質素ですが、平日の昼間であったものの比較的多くの方がいました。
観光客は少ないです。

Dsc04170残念ですが祭壇部分は工事中。。。



Dsc04167中庭にはマリア様がいらっしゃいます。

Dsc04169ここは修道院にもなっているようです。



Dsc04162 このまま矢印の方向をまっすぐ進むと、道路に突き当たります。
外の入口にも教会Kirche+修道院Klosterと記載




それでは皆様お待ちかね、このまま真上を見上げて下さい。






Dsc04161





・・・・・・・・・誰?!

(゚д゚)!







Dsc04160全体像はこんな感じ。



おそらくイエス・キリストなのかと思いますが・・・
まるで、ウェルカーム!!!\(^o^)/と言っている感じ。


中のマリア像などから、この教会の人が作ったものかとは思います。
真相は定かではないですが(-_-)

ちなみに面白いことに、Google Street Viewでみるとこの像は写っていません!
期間限定で取り付けられたのか、新しく取り付けられたのかは分かりませんが、
是非見てみて下さい(/・ω・)/♪


知らずに気づいたほうが本当はびっくりしますが、
ちょっとおちゃめな感じの教会だと思いました( ˘ω˘)


私が最初に気づいて友人を上向かせたら、
彼女は絶叫しましたヽ(・ω・)/



ゆきちゃん@・ω・@メェェェ 

H.I.S. Germany 
HP:http://www.his-germany.de/ 
facebookページ:https://www.facebook.com/likegermany.jp


こんにちはsun

8月半ばですが、ドイツは寒くなったり暑くなったり体調管理が大変な毎日です。

今日はフランクフルトにあるラーメン屋を紹介します。

以前は匠を紹介しましたが、今日は無垢!

Img_5178

無垢はフランクフルト、ザクセンハウゼンにあるラーメン屋さんです。

Dreieichstraße 7, 60594 Frankfurt am Main
最寄りは近郊列車S6 のLokalbahnhof駅。
最寄り駅からは徒歩7分ほどです。

店内はとっっっても居心地が良い!!!

でも予約は忘れずにconfident

サイドメニューですが

Img_5170

枝豆、値段の割に

やや少なく感じました、、、

Img_5173_2

これは味が美味しいのはもちろん、皿が個性的でした。

どうやらこの器、ものすごく良いお値段らしいです。

Img_5175

餃子!

ドイツの日本食はどうせ冷凍餃子でしょ?

いいえ、ちがうんです!

無垢の餃子は、オーダーが入ってから作るのです!

味が落ちないように、丁寧に、(しかも大好きな羽根つき)

この餃子はなかなか愛情がこもっています。

Img_5177


そして、ラーメン。

Img_5181

Img_5182

太麺がコシがあって美味しい。

これは赤鬼ラーメン

スープはもっとパンチがあっても良いかも、、、

Img_5183

こちらのラーメンはアッサリしていました。

女性の方は好きかも、、、

無垢はラーメンだけでなく、サイドメニューやお酒も豊富で

なんといっても居心地が良いというのが一番のオススメポイントです!

有名な日本人サッカー選手もよく食べに来るみたいですよ。

Img_5185

さて、デザートもいただいたのでそろそろお邪魔します!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

H.I.S. Germany
HP:http://www.his-germany.de/
facebookページ:https://www.facebook.com/likegermany.jp

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今回は、メルヘン街道沿いの大学都市、グリム兄弟と縁の深いゲッティンゲン Göttingenという街を紹介します。

 

ニーダーザクセン州の南端に位置し、州都ハノーファーからICEで乗換なしの30分ほどで着きます。

ヘッセン州からもアクセスがよく、同じくメルヘン街道にあたるカッセルからICEで20分で着きます。

 

die Stadt, die Wissen schaft(「知識をもたらす街」、Wissenschaft「学問」とかけている)と謳われるこの街には、

ハイデルベルクに次ぎドイツで二番目に多くノーベル賞受賞者を45人shineも輩出しているゲッティンゲン大学があります。

 

人口の3分の1は大学生という、若さあふれる街でもあります。

 

日本人にはあまり馴染みがないゲッティンゲンですが、

素敵な見どころがたくさんあるので紹介させていただきます!

 

 

20170709_14_42_43_1

 

 

 

 

  • 中心街のど真ん中!がちょう娘と旧市庁舎

 

旧市庁舎前の広間に、うつむきがちの女の子ががちょうを手に抱えている銅像の噴水がありますvirgo

この少女は「ゲンゼ・リーゼル(がちょう娘)」と呼ばれ、街のシンボルになっています。

 

博士号を取得した者だけがキスkissmarkをすることを許されているこのゲンゼリーゼルは、

春になると色とりどりの花で飾られ、博士号取得のお祝いで周りは活気に包まれています。

 

 

そのゲンゼリーゼルの後ろには、中世の佇まいを残す旧市庁舎が。

中の渋い木造装飾やきらきら輝く天井板の飾りが見事です。

 

イベントが無いときは無料で入場でき、

中には観光案内局 Touristik Informationがあります。

ここで、旧市庁舎や教会で行われるコンサートのチケット等を購入できます。

 

また、クリスマスの時期には旧市庁舎前の広場はクリスマスマーケットで賑わいを見せますxmascarouselpony

下の写真はその時のもので、ゲンゼリーゼルの絵があしらわれたグラスで

ドイツ名物グリューワインwine(シナモンの香りが特徴的なホットワイン)を飲みました。

 

20161125_18_41_19_2

 

 

 

 

  • 中心街の聖ヨハニス教会

 

旧市庁舎のすぐ裏側に建つ聖ヨハニス教会(St.Johannis Kirche)では、

歴史に名を残す著名な天文学者たちが研究を行っていましたnight

トレードマークの2つの尖塔と繊細なステンドグラスが見どころです。

旧市庁舎の前から見ると、聖ヨハニス教会と旧市庁舎が一体になって見え、

外観の荘厳さがより増します!

 

こちらでも定期的にオーケストラとコーラスの演奏が行われているので、

コンサート情報をネットや旧市庁舎の観光局で要チェック。

土日には、運が良ければ中に入って練習を聞くことも出来ます。

 

 

他にも近くに聖ヤコビ教会(St. Jakobi Kirche)というランドマークがあるので、

また違った雰囲気やステンドグラスを楽しんでみてください。

 

20170709_14_55_47_1

 

 

 

 

  • 小腹がすいたら、きれいなカフェで軽食を

 

旧市庁舎広場沿いの通りに、

大きなショーウィンドウ越しに並んだチョコレート菓子が目を引く

Cron & Lanzというお菓子屋さんがあります。

https://www.cronundlanz.de/

 

中に入ると、華やかな金と赤の装飾の中

テイクアウト用のチョコレートやケーキcakeが並んでいて、

気分が上がること間違い無しですcatface

 

テイクアウトコーナーの奥と上の階は、瀟洒なカフェになっており、

飲み物や軽食も楽しむことができます。

 

おすすめはホットココア

ドイツは夏でも冷えることがあるので、

そんなときはショコラトリーこだわりのココアでほっこり一息つきましょうcafe

 

また、こちらでは美味しいバームクーヘンもいただけますheart02

 

 

    *"*゜○・*✣*・○゜*"*

 

ほかにも、どっしりとしたいかにもヨーロッパらしい大学の佇まいで、

法学部の講義棟として主に使われているオーディトリウム(Auditorium)も見どころの一つ。

中の一部がゲッティンゲンにゆかりのある偉大な学者に関する博物館になっています。

ライプニッツ、ガウス、リヒテンベルクといった名前にピンと来た方は、

ぜひ足を運んでみてください!

 

H.I.S. ドイツ

2017.08
loading...
WORLD情報局