H.I.S.の安心の添乗員同行の旅 ''インプレッソ'' 添乗員デスク森ですsign01

今日ご紹介するのは

世界情勢が揺れているから今だからこそ訪れてみるべき国

ポーランドです。

そう、ここにあるのは

かの有名な『アウシュヴィッツ強制収容所』です。

ポーランド南部にある第2次世界大戦中にナチス=ドイツが作り出した負の遺産。

ナチスが「人種的に純粋」な社会を築こうとし、

多くの人の命を奪っていった場所です。

アウシュヴィッツには第一収容所と第二収容所の2箇所があり

第一がアウシュヴィッツ、第二がビルケナウ(隣接する村)につくられました。

その為現在世界遺産正式名称は

『アウシュヴィッツ・ビルケナウ‐ドイツ・ナチの強制・絶滅収容所』

となっています。

二つの施設合わせて東京ドーム約37個分もの敷地を有しています。

そんな広い施設の中ツアーで訪れる一部をご紹介します。

死の壁  

アウシュヴィッツ第一強制収容所の1番奥に位置し、

銃殺場としてつかわれていた場所です。

壁の前ではここでなくなられた方を悼み多くの花や飲み物が手向けられています。

Image3

Image11

死の門 

アウシュヴィッツ第二強制収容所(ビルケナウ)にあります。

人々は鉄道によってここまで運ばれて来ました。

写真の空のように人々は陰鬱とした感情を抱いていた事でしょう。

Image21

アウシュビッツ強制収容所が世界遺産として登録されたのは

この凄惨な出来事を後世に伝え、

「二度と同じ過ちを犯させない」と言う意味を持っています。

是非見て感じて考えて貰いたいです。

また首都ワルシャワにおいては、

市民がナチスドイツ軍相手に戦い20万人以上の犠牲者を出しました。

そして首都ワルシャワは、完全に破壊されてしまいました。

戦後、できる限り元どおりに以前の姿を取り戻そうとし、
''壁のひび1本まで忠実に” 復元したといわれています。

Image1

Image2

私達が現在みることのできる美しい町並みは
ポーランド国民の復興への強い思いにて作られたものなのです。

現在ポーランドへはワルシャワまで直行便がでており

以前より大分行きやすくなりました。

今回は暗いお話がメインにはなりましたが、

「小人の町」であるヴロツワフや

「童話の世界の様なカラフルな町並み」のポズナンなど

女子心を鷲掴みされちゃうところもあるので

また別に紹介できたらいいなと思います。

ではではpaper

【写真提供 添乗員:平松】

▼▽▼ポーランドへのお勧めツアーはこちら▼▽▼

ポーランド大周遊8日間【復路直行便利用】

気軽にポーランド6日間【復路直行便利用】

添乗員の松本ですshine

今回はイスラエルをご案内してまいりましょうmotorsports

イスラエルへはアレンビー陸路国境を越えていきます。
入国の手順は詳しくご案内しますので安心ですよ(o^^o)


入国してヨルダン川へ。

Image14

キリストがヨハネから洗礼を受けた場所です。
世界中からキリスト教徒が頭、体から水を浴びて身を清めています。
(真ん中の浮きは国境線sign01対岸はヨルダン、ヨルダンサイドも洗礼地です)



マサダ要塞へ向かう時
イスラエル側からの死海がエメラルドグリーンでみとれます。。。catfaceheart04

Image24




マサダ要塞
ユダヤ教徒がローマ軍に追われ自決をした場所です。
ケーブルで山の上へ。死海が遠くに。

Image34

Image44




世界最古のユダヤ教徒シナゴーグ跡はここに。

Image54




クムラン
1947年羊飼いの少年が偶然壺の中の絵巻を発見sign01
最古の聖書写本と言われる「死海文書」発見の洞窟。(穴の部分)

Image13





世界最古の街エリコ
(パレスチナ暫定自治区)

Image23





エルサレム世界三大宗教、三大聖地がここにeyeimpact
岩のドームにも今回は空いていたので朝から並んで入場できましたgoodshine

Image33


ユダヤ教にとってはアブラハムが最愛の息子イサクを
犠牲に捧げようとする時神からの信頼を受けた聖なる場所。


そして預言者モハメッドが昇天した場所。
イスラム教徒の聖地でもある。。。
岩のドームの前でたたずみました。



嘆きの壁
ユダヤ教徒の聖地。

Image43





「ヴィアドロローサ」
キリストが十字架を背負いながら歩いた1kmのルートを歩きますrun

Image12




途中フランシスコ会の信者さんの巡礼に出くわしました。

Image53

Image62





第2ステーション
キリストがピラトから死刑宣告を受けた跡ここにて鞭打たれた場所
ここから十字架を背負いながら何度も倒れて歩くのです。

Image32

Image22_2








第9ステーション
キリストが三回目に倒れて立ち上がれなくなった場所
背負れる十字架が置いています。

Image52





聖墳墓教会
第10~14
ゴルゴダの丘が教会になっておりキリストが十字架で亡くなり降ろされ香油塗油の場所、墓まで巡ります。


キリスト降架の場所で信者さん含め色々な方がひれ伏してお祈りしています。

Image61



キリストの墓

Image71

Image81





マリア永眠教会

Image91




午後はベツレヘムへ(パレスチナ暫定自治区)
グレーの壁(こちら側はパレスチナ自治区)

Image21

壁がなくなる日は来るのでしょうか。




キリスト生誕教会

Image31




静粛に並びますがキリスト生誕の場所を拝めて感動のラストを迎えますsign01
ここですdowndown

Image41






このように1日でエルサレムベツレヘムを効率よく巡りますよhappy02dash
ヨルダンイスラエル8日間で素晴らしい体験が待っていますnotes

Image51

こんにちわ、添乗員の松本です。

今回ヨルダン&イスラエル周遊8日間にいってきましたairplane

ヨルダンのペトラ遺跡、死海含め

イスラエルのポイントを押さえた絶好のコースです!

http://e.his-j.com/shop/tour/voyage/02A_10/TI-LAJ1100

ペトラ遺跡


宝物殿までの1km(シーク)は光の具合で岩の色が変わります。
想像力で色々な岩の形にもsign01
これは象さんの顔sign02

Image1

Image2



そしてついにエルハズネ(宝物殿)がsign03

Image3





もう少し頑張ればペトラの頂点エドディルまで登れますsign01
片道1時間弱、帰りは40分程dash

Image4



振り返りながら休みながら

Image5





さあエドディルに到着shine
(ビザンティン時代は修道院として使われていたとも言われる
孤高のスピリチュアルポイント)

Image6




ランチ後は色んなポイントを各自のペースでゆっくり戻れます。
岩を切り崩しながら作られたローマ劇場の木陰で一休み。。。dash

Image7






翌日はモーゼ終焉の場所、ネボ山fujifuji

Image8




ネボ山からは死海やヨルダン川が見えます。

Image9




ホテルに着いたら早速死海へ浮きにnotes

豊富なミネラルを含む死海で疲れた体を癒せます。

Image10_2




死海は標高マイナス400m。
空気も多くよく眠れますsleepy
「人間が蘇る海」と言われるのがわかります。

対岸イスラエルに沈む夕日を見ながら。。

Image11

次回はイスラエル編でお会いしましょうmotorsports

▼▽▼今回ご紹介したツアーはコチラ▼▽▼

ヨルダン&イスラエル周遊8日間

2017.04
loading...
WORLD情報局