美術館 2017.04.08

こんにちは、

イタリアでは毎月第一日曜日、美術館が無料で入場できることになっています。

せっかくなので開館時間を狙って、まだ行ったことのなかった美術館に行ってきました。

ベネチア宮殿博物館です。

ベネチア共和国の大使館として使われたことがあるため、この名前となったそうです。

街の中心地にあるので何度も前を通ることはあったのですが、中には一度も入ったことがありませんでした。

絵画や陶器など数多くの収蔵品があるのにはびっくりしました。

Img_20170305_1101001

Img_20170308_1721131階段を上り、右手の方にある世界地図の間。

ムッソリーニの執務室と使われていたそうです。

ここに接するバルコニーから、かつてムッソリーニが民衆に演説していたそうです。

バルコニー自体は意外に小さく、写真にはうまく収まってくれませんでした。。

Img_20170308_1719551この景色をみて演説していたのですね。(すみません、窓の汚れのためボケてしまっています)

Img_20170308_1735391先ほどの部屋とは反対側にある、ヴァサーリの天井画

Img_20170308_1730351ヴァサーリ  聖家族とサンジョバン二

Img_20170308_1731441ジョルジョーネ作  2人の肖像画

Img_20170308_1739311貴人の籠 日本の籠とはまた違う豪華さ

Img_20170308_1742231なんと、日本の有田焼もみつけました。

Img_20170308_1743411かわいらしい、マイセンの陶器製人形

Img_20170308_1750201

外にも所狭しと収蔵品が延々と続きます。

Img_20170308_1752111宮殿中庭から見える、普段とは違う角度のビットリオエマヌエレ2世記念堂

また第一日曜日美術館無料開放日、利用しましたらご報告します。

リエム

イベント 美術館 2016.05.19

昨年に引き続き、今年も5月21日土曜日にイタリア各地美術館の深夜の特別公開が行われます。

普段とは違う雰囲気の夜の美術館、遺跡を通常の時間帯に来られない方にも、楽しんでいただこうという企画がここ何年か続けられています。

思えば、ベン・スティラーのヒット映画「ナイト ミュージアム」公開後、このような催しが行われるようになったような気がするのですが。

公開時間は、夜8時から夜中の2時まで(最終入場時間は1時まで)、入場料も1ユーロとなっています。(各館により多少ことなりますのでご確認ください)

各所で特別にコンサートや催し物が行われているので、時間があればぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

 ○各都市美術館公開予定時間(変更されることもありますのでご確認ください)

ローマ

・Galleria Nazionale d'Arte Antica in Palazzo Barberini

バルベリーニ宮(国立古典絵画館)19:00 - 22:00

・Galleria Nazionale d'Arte Moderna e Contemporanea

 国立現代美術館               19:30 - 22:30

・Monumento a Vittorio Emanuele II (Vittoriano)    

ヴィットリオエマヌエレ2世記念堂 19:30 - 22:30

・Museo Nazionale del Palazzo di Venezia

ヴェネチア宮殿国立美術館       19:00 - 22:00

・Museo Nazionale di Castel Sant'Angelo     

サンタンジェロ城              19:30 - 22:30

・Pantheon          

パンテオン                     20:00 - 23:00

・Palazzo Massimo - Museo Nazionale Romano

ローマ国立美術館                 20:00 - 23:00

Villa d'Este

ティボリ・ヴィラデステ              19:45 - 22:45

 

フィレンツェ

・Galleria degli Uffizi

ウフィツィ美術館                    19:00 - 22:00

・Galleria dell'Accademia

アカデミア美術館                   19:00 - 22:00

 

ベネチア

・Galleria dell'Accademia

アカデミア美術館            19:15 - 23:15

Img_20160308_1740521

参照サイト:

http://www.beniculturali.it/mibac/export/MiBAC/sito-MiBAC/Contenuti/MibacUnif/Eventi/visualizza_asset.html_1680511365.html

リエム

皆様こんいちは!Buongiornoです!cherryblossom

先週末はベニスに行って、初めてとても面白い美術館を行きましたので、本日はご紹介したいと思います。happy02

Peggy Guggenheim Collection(ペギー・グッゲンハイム・コレクション)は、ヴェネツィアのカナル・グランデ沿いに位置して、Solomon R. Guggenheim Foundation(ソロモン・R・グッゲンハイム)財団の美術館の一つです。eye

博物館はペギー・グッゲンハイム(Peggy Guggenheim、1898 -1979年)の個人的なコレクションがります。

Img_5746ペギー・グッゲンハイムさん

Img_5707美術館の庭です。clover

Img_5714美術館の建物は(Palazzo Venier dei Leoni)18世紀に建設されて、ペギー・グッゲンハイムの住宅でした。

Img_5721博物館の内部ビュー

コレクションはとても面白いです。shinelovelyピカソ、ジョルジュ・ブラック、ルネ・マグリット、アンディウォーホル、

Img_5731

Img_5722

Img_5715_2パウル・クレー、ワシーリー・カンディンスキー、サルバドール・ダリ、ジョアン・ミロ、マルク・シャガール、ピエト・モンドリアン、マルセル・デュシャン、コンスタンティン・ブランクーシ、ジャクソン・ポロック、マリノ・マリーニなどの作品を見えることができますsign03

Img_5725

Img_5743

Img_5732

こちらの美術館は世界の現代美術の最大の博物館の一つですので、ヴェネツィアを見物するときにペギー・グッゲンハイム・コレクションをご覧下さい。heart04happy01

Img_5726私は本当にオススメです。confident

Img_5718

Img_5717

Img_5744

official website : http://www.guggenheim-venice.it/

住所 Collezione Peggy Guggenheim
         Palazzo Venier dei Leoni
         Dorsoduro 701
         I-30123 Venezia

Img_5705_2

Elisaでした。chick Ciao Ciao ! Arrivederci loveletter
                     



H.I.S. イタリア支店

セリエA観戦チケット

イタリア支店のスタッフが自信を持っておすすめする、スポット情報を盛り込んだ旅行プランを作りました!

コロッセオ

プラン名:「ローマ満喫1日観光」

AM 09:00 スペイン広場
AM 09:50 移動 (徒歩30分)
AM 10:00 トレヴィの泉
AM 11:00 移動 (徒歩30分)
PM 12:00 パンテオン
PM 13:00 ナヴォーナ広場
PM 14:30 移動 (地下鉄30分)
PM 15:00 コロッセオ
e.t.c...

このプランの続きを見てみる→

ローマのおすすめプランを見てみる→

2017.08
loading...
WORLD情報局