2016.12.23

baseballこんにちはbaseball

今回は世界一のオーガニックの街としても有名なサンフランシスコの魅力をお伝えします。

まず、オーガニックとは、、、、詳しく分からない方もいるかと思うので簡単にご説明します。

有機栽培有機農法で作られ、化学肥料農薬を使わずに育てられた作物畜産物です。

またそれらを使用した加工品に対して使われます。

その他にも詳しい規定などがあるようなのですが、すべてお伝えするとブログが教科書のようになってしまうので、もっと詳しく知りたい方は”オーガニック”で検索ですね。

ちなみに!日本で販売されているオーガニック認定の食材には、有機JASマークが記されています。アメリカではUSDA organicのマークが記されています。

こちらもオーガニック食材を探す目印になりますね。

ここからが本題です。

私は先日,現地人御用達のオーガニックスーパーのRainbow Groceryに行って来ました。このオーガニックスーパーの魅力を一部ですがお伝えします。

まずは外観ですが、緑色の建物が目印です。

Unnamed_1

スーパーの中に入るとまず、レジが一列に広がっています。

そしてレジの後ろに大きな壁画が一面に広がっています。

日本では見れない光景ですね!

Unnamed_2

そして、進んでいくと、、、。

Unnamed_3(醤油)

Unnamed_5(調味料)

Unnamed(お米)

このような量り売りのオーガニック食材がずらりと並んでいました。

また、種類もとても豊富なのが印象的でした。選ぶのにも大変だと思います。

他にもコーヒー豆や紅茶の茶葉、オリーブなど数多くのものが並んでいました!

その中でも衝撃だったのがこちら、何だと思いますか、、、。

Unnamed_6

正解は味噌です。

八丁味噌や地の大豆を利用して作った味噌がこの日は種類ありました。

アメリカでも味噌が購入できるのですね!

そして、こちらはなんと!アーモンドやピーナツをはじめするナッツのバター製造機。

新鮮で出来立てなので少し暖かく、香りも市販のピーナッツバターより何倍もすごいです!

Unnamed_9

個人的にアーモンドバターを買いました。

また、砂糖なども入っていないので、自然の甘みで美味しかったです。

このほかにも、野菜シリアルワインビールチーズなどまだまだたくさんオーガニックの食材がありました。

そして、食材だけでなく、こんなものもあります。

Unnamed_7

こちらはシャンプーボディーソープ類の量り売りです。

ご自身にあった香りやタイプを選んでご自身で使ったりお土産にしてもいいかもしれませんね!

その他にもキャンドルコスメ類サプリメントなどのコーナーもあり、とても充実した品揃えでした。

結論!! オーガニックが好きな人や興味がある人、これから知ってみたい人、本場のオーガニックスーパーを訪れたい人などは行くべきスーパーだと思いました。

是非サンフランシスコに訪れた際には、足を運んでみてはいかがでしょうか?

下記にこのスーパーの公式のURLを掲載いたしますのでご参照ください。

http://www.rainbow.coop/

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    H.I.S. サンフランシスコ支店

    いいね!サンフランシスコ
    2017.09
    loading...
    WORLD情報局