みなさん、こんにちは。サンフランシスコ支店の信玄餅ですgemini

みなさんはサンフランシスコと聞いて何を思いつくでしょうか?

アルカトラズ島、ツインピークス、カラフルな路面電車、フィッシャーマンズワーフ、ピア39等でしょうか、、実は少し離れたサンフランシスコ外にもみどころがたくさんの素敵な町があるんですsun

H.I.S.サンフランシスコ支店最寄駅のPOWELL駅からRICHMOND行きのバートに乗って約30分、、いちばんヒッピーな街、Berkeley(バークレー)というみどころ満点の街に到着ですbus

今回はそんなヒッピーな街をざっくりとご紹介いたしますpaper

バークレーに到着。バークレーはいつも曇りの日が多いですが、この日は晴天でしたsun 夏でも比較的温度が低い街なので、足を運ばれる際は上着をお忘れなく!

バークレーの街並みはサンフランシスコの建物とはまた一味違う建築物が多いです。また、高層ビルは一切ありません。工事中の建物も多いですが、とても可愛らしいお家が多いのも特徴ですhouse

Image1_3

学生の街でもあるバークレーは、勉強熱心な方がとても多いです。アメリカでは、一度退職された方ももう一度勉強をしに大学へ戻ってくる方がたくさんいます。後ほど紹介しますが、少し歩くとカリフォルニア大学バークレー校があります。Cal(キャル)という愛称で呼ばれているのも皆さんご存知でしたでしょうかgemini

学生でしょうか、、アメリカではみなさん通勤・通学にはバックパックが主流です。Image3_3

バークレーに訪れたら必ず寄ってほしいチーズ屋さんtaurus 数え切れない程の種類のチーズが並べられています。筆者が毎回買うのはここのカマンベールチーズgemini ぜひお試しください!写真はないですが、ここのチーズ屋さん、グルテンフリーのパンも販売しているんですbread パン・チーズ好きにはたまらないお店です。

Image2_3

そろそろお腹が空いてきました。バークレーといったらここのヴィーガンピザバークレーに来たら、絶対に絶対に訪れて欲しい場所ですgoodImage3

お腹もいっぱいになってきたので、そろそろ次の目的地へ!町並みがどんどんヒッピーになってきました。アートの街でもあるバークレーは様々なアーティストの方が集っています。ウォールアートも季節ごとに変わります。Image1_4

どんどん先へ進むと、、カリフォルニア大学バークレー校が見えてきました!目の前に見えるオレンジ色の屋根のビルディングは主に心理学をメジャーとする学生たちのビルディングです。日本からいらっしゃる方に心理学専攻の方もいらっしゃると思います!バークレーの講義を受けにに潜入してみても楽しいかもしれませんrock

Image2_2

どんどん先へ進むと緑が増えてきましたsnail バークレー校カリフォルニア大学の中で一番古いので、ひとつひとつの建物がとても古いですがとても趣があって落ち着いた雰囲気が印象的です。

Image3_2

Sather Gate (セイザー・ゲート)です。ここは学生運動フリースピーチが舞台となった場所で、大学の正門でもあります。Image1_2

UC Berkeleyシンボルでもあるセイザータワーが見えるでしょうか?いつかまたUC Berkeleyをご紹介する際に正面から撮ってみようと思います。手前に見えるのは世界最高峰とも言われている講堂、ウィーラーホールです。こちらではこの日、平和学(Peace and Conflict Studies)の講義が行われていました。Image2

最後にThe Big Cまでハイキングですrock ここは地元の学生しか知らない隠れ名所ですeye ここからはアメリカの広大な土地を一望することができます。空気が澄んでいて、晴れ晴れとしていてとても綺麗でした。ぜひ一度足を運んでみてくださいgeminiImage1

サンフランシスコ支店からもバークレー半日市内観光ツアーが出ていますので、少しでもご興味をお持ちになった方はぜひツアーにご参加くださいませ。他にもご紹介したい場所がたくさんありますが、それはまた次回にしようと思います。独特な雰囲気のバークレー、ご興味を持っていただけましたでしょうか、、

flag全米で最もリベラルな街! バークレー半日観光

詳細はこちらからpaper

https://tour.his-usa.com/city/sfo/detail.php?tid=3824

みなさん、こんにちは。お久しぶりです、サンフランシスコ支店の信玄餅ですgemini

先週からサンフランシスコはやっと暖かくなってきましたsun 

ただ、朝晩はすごく冷え込むので防寒対策を忘れずにお越しくださいね!

今回はIoT製品に直接触れられるターゲットオープンハウスに行ってきました!

近年話題のIoT製品とはさまざまなものに通信機能を搭載し、インターネットを通して色々な場所で使用可能にできるようにする最新技術です。IoTの略がInternet of Thingsなので、簡単に言うと「モノのインターネット化」という意味になります。皆様おなじみのスマートウォッチやスマートフォンもIoT製品ですgood 

それでは最新のIoT製品を見に行きましょうrock

Image1

ここからもう少し先に進んで行くと、、、

ターゲットオープンハウスがありました!ターゲットオープンハウスは体験型ショールームなのでどなたでも無料で参観が可能です。

Image2

中に入ると少し近代未来のような異空間らしさを感じました。

IoT製品のメリットを分かりやすく説明するためにアクリル板でデモンストレーションされています。モノがインターネット化すると生活が豊かになるよ。ということが間近に体験できるのはここターゲットオープンハウスだけかもしれませんrock


Image5

これはアートでもインテリアでもなくなんです。鏡に文字が映ります。実際に見ていただくとすごく感動すると思います。まさに最新技術ですねrockImage1_2

そして、、筆者が一番欲しいなと思ったIoT製品はこちら。インターネットで野菜を育てられる時代がやって来ました!!eye これなら仕事がどんなに忙しくて家に帰れなくても、インターネットで野菜を育てることが出来ますねbudImage4

Image3

最後に、、「全ての発想はガレージから」というメッセージとともに参観終了です。近い未来、漫画で見たような世界が実現出来るのもそう遠くないかもしれません。

Image6

Target Open House flag

住所:115 4th St, San Francisco, CA 94103

営業時間:

10am - 8pm

10am - 8pm

10am - 8pm

10am - 5pm

10am - 8pm

11am - 7pm

11am - 7pm

サンフランシスコのダウンタウンから南へバスで20分ほど。bus

最近は、おしゃれなカフェやショップが増えてきている ミッション地区(ディストリクト)ですが、元々はヒスパニック系の住民が多く住んでいるエリアで、中心となるミッションストリートでは評判の良いメキシコ料理店などが立ち並びます。

また、味のある壁画アートが多く集まるエリアとしても有名なのです。

P3190704

早速、ミッション・ディストリクトを散策してみましょう。

P3190710

P3190713

P3190715

どれも、壁一面に大きく描かれています。

P3190721

ここは、通りの左右一面が壁画になっている有名なクラリオン・アリー・ストリート

(Clarion Alley Street)で、いつも多くの観光客がいます。壁に背を向けて写真撮影をするのが定番。

P3190720

P3190719

P3190722

アメリカ資本主義の批判など、メッセージ性がこめられた絵もいくつか。

派手な色とあいまって、力強さを感じます。

P3190718

コメディチックな絵もたくさん。"剣心"……

P3190708

ビルの一面に描かれているのも見つけました。


ミッションの治安について。

お昼の時間帯は人通りも多く、問題なく歩けます。夜は人通りが少なくなり、駅の周辺などは雰囲気が怪しくなるので少し注意が必要です。

日本にも進出しているダンデライオン・チョコレートを始めとして、話題のカフェやレストランも多いミッション。休憩を挟みつつ、壁画を見にミッション地区を散策してはいかがでしょうか。



H.I.S. サンフランシスコ支店

いいね!サンフランシスコ
2019.10
loading...
WORLD情報局