2020.04.30

ナマステ~

本日は南インドに位置するハンピ(HAMPI)のご紹介です。

ハンピの建造物群は世界遺産にも登録されており、世界中の観光客から注目されるエリアとなります。

長期滞在を目的としたヨーロッパからの観光客が多く見受けられ、日本人の観光客にはそれほど知られていないエリアであると思います。

別名「岩の惑星」とも呼ばれる”ハンピ”。手つかずの遺跡が残り、オススメの観光地です。

 

Img_4919 

 

【ハンピへの行き方】

主に2種類があります。

①バンガロール(Bangalore)から国内線を利用して、ジンダル・ビジェイナガー空港(VDY) へ行き、そこから約1時間の陸路移動でハンピに向かう方法。

※バンガロール空港からジンダル・ビジェイナガー空港への国内線は、現時点でTRU JET が1日1便就航しています。

 

往路:BLR (バンガロール) 15:55発 -  ジンダル・ビジェイナガー空港(VDY) 16:50着

復路:ジンダル・ビジェイナガー空港(VDY) 10:00発 -  BLR (バンガロール) 11:40着

 

②バンガロール(Bangalore)、チェンナイ(Chennai)、ゴア(Goa)から長距離バスを利用しホスペットまで向かいそこから陸路で約30分。

Hampi 

 

私は、今回②の方法で、バンガロールから長距離寝台バス(約6時間)を利用し、ハンピへ向かいました。

 

※①の方が楽だと思いますが、たまたまデリー発バンガロール行の便が混みあっており、 ジンダル・ビジェイナガー空港行の便に乗り継げず、長距離バスを利用しました。

※滞在時間が短い方には、BLR - VDYまで1便しかなく欠航になるリスクも考慮した場合、寝台バス移動を選択するのも良いかもしれません。半畳ぐらいのスペースですが、わりとインドの寝台バスはしっかりしています。

 

 
Photo
 

 

Photo_4 

 
 

【ハンピの遺跡群】

 

ハンピ遺跡群は1日あればぐるっと巡ることができます。レンタルサイクルなどもありますが、オススメはオートリキシャをチャーターすることです(500~700ルピーほどでチャーターできます。値段交渉してみましょう!)
 
 

 

ヴィッタラ寺院(Vittala Temple)

 

Img_5109

 

Img_5115

 

Img_5076 

 

ヴィルーパークシャ寺院(Virupaksha Temple)

 

ハンピ最古の寺院であり、現在も多くの巡礼者が訪れます。

 

Img_4935

 

Img_5167 

 
王宮エリア

 

Img_5020

 

階段井戸

 

Img_5033 

 

 

【ハンピの風景】

ハンピの遺跡群があるエリアから川の対岸に行くと、

あたり一面に岩々と緑が豊なエリアが広がります。

 

Img_8879

 

Img_4975

 

Img_4894

 

 

対岸へ行くには、シェアボートで1人20ルピーでした。

 

Img_4925

 

Img_4919_2

 

Img_4891 

 
 
 

夕方はまた神秘的な風景が眺められます。

 

Img_4961 

 

 

 

【ハンピの宿】

対岸エリアではコテージタイプの宿が並びます。

 

Img_4973

 

Img_4974 

  

屋外レストランでは、ゆっくり時間が流れる空間を楽しむことができます。

 

 Img_4912

 

Img_4903 

 

レストランからの風景

 Img_4902 

 

部屋はベッド1台があるぐらいで、バスルームもホテルと比較してしまうと、

かなり劣ります。キレイ好きなホテルをご希望の場合は、ホスペットエリアにあるホテル滞在をオススメします。

 Img_4962

 

Img_4896 

 
 

【ハンピの人々】

ハンピの人々はとても人懐っこく、表情豊かな人ばかりでした。

また行きたい。みなさんもぜひ、ハンピへ訪れてみてはいかがでしょうか。

 

Img_5596

 

Img_5567

 

Img_5598

 

Img_5069 

 

 

お問合せはHISデリー支店まで。

info-del@his-world.com

 

 

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS デリー支店

    2020.08
    loading...
    WORLD情報局