2019.07.20

しんちゃお。

ホーチミンのティエンシャンです。

ホーチミンにきて、2ヶ月になりました。

以前に比べ、私の行動範囲は比較的狭くなってしまいました。

初心に戻り、ホーチミンがどのようなところなのかご説明します。

各地区を簡単に説明致します。

one区>>ホーチミンで最も賑やかなエリア。観光・商業が集まる。日本人観光客が多い。

two区>>諸外国の大使館などがあり、インターナショナルスクールもある。外国人多い。

three区>>1区の隣にあり、日本国領事館もここの区にあります。落ち着いた街並みの区。

four区>>1区から近く、ローカル感が漂うエリア。日本人に人気の「SU SHI-KO」もここにある。

five区>>5区と6区はチョロン地区がまたがっており、小売が多い。

six区>>5区と6区はチョロン地区がまたがっており、小売が多い。

         チョロン地区=ベトナム最大の中華街。

seven区>>韓国人、日本人駐在者(ファミリー)も多く住む地区。住宅街。

eight区>>まだまだ、どローカル感が残る場所。住宅街なので、特に何もない

nine区>>スイティエン公園があるところ ※それ以外は未開拓。現在調査中。 

・・・・まだまだ区はございますが、まずはこのくらいで。。。すみません。

さて、気を取りおなして

ホーチミンに来たら、1区の滞在で問題ございません!

最近は2区の人気がジワジワと上がっており、2区に行かれる皆様も多くなっております。

まずは、1区ですが、メインの観光地といえば、

[統一会堂]

[サイゴン大聖堂]

[ベンタイン市場]

[ホーチミン人民委員会庁舎]が有名ですね。

カクカクっとなっている1区で、結構広いんです。

1区といえば、ザ観光地!という感じですが、地図上で上の方に行くと、ローカル感が漂うところも随所に見えます。

201907105※ホーチミン郵便局の前でアオザイ記念撮影をする人々

201907101※夜のホー・チ・ミンさんの像

20190710※グエン・フエの通りでは、アオザイ記念を撮影をする人もいます

201907102統一会堂

201907103※夕方の人民委員会庁舎(じんわり光って綺麗です)

201907104※グエン・フエ通りを上から確認した感じ

201907106※改修前のサイゴン大教会。

なんともいえない出で立ち、雰囲気が好きです。

こんな感じなのが1区です。

次回は別の区をご紹介致します。

Have a nice day !!!

Have a nice trip!!!

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    H.I.S. ベトナム支店

    2019.08
    loading...
    WORLD情報局
    テーマ一覧