しんちゃお、

ベトナムから気軽に週末旅行!!ということでカンボジア シェムリアップ編

本日で最後となります。

今回はいよいよ遺跡観光へ!!

実はシェムリアップに行くのは3回目!ということでのんびり遺跡見学。

今回はツアーではなく、チャーターしました。

初めての観光や効率よくまわりたい方はオプショナルツアーに参加がオススメです。

強い日差しと蚊も場所によってはいるので、長袖、長ズボンをおすすめします。

サングラスや帽子も忘れずに!水分補給も大切ですので、お水を忘れずに。

キレイになった遺跡チケットセンター。

こちらで事前にチケットを購入。

Photo

チケットには顔写真が入るため、必ず立ち寄らなければいけません。

チケットは1日券、3日券からお選びください。

1

ちなみにチケットセンターの横の建物にはこんなものが!!(入場料がかかります)

アンコール遺跡などシェムリアップの歴史などだけではなく、アンコール遺跡のジオラマが!!

Dsc_0004

今回行ったいくつかの遺跡を簡単にご紹介します。

バンテアイ・スレイ

バンテアイは砦、スレイは女性という意味だそうです。

クメール美術の最高峰とも言われ、東洋のモナリザが有名です。

Dsc_0010

遺跡によって雰囲気の異なるアンコール遺跡。

ガイド付きでカンボジアやアンコールの歴史や遺跡について勉強できます!

Dsc_0019

そしてこちらはアンコールワット。

Dsc_0052

遺跡の中には、様々な物語が描かれているレリーフもあります。

20190714_142500

長い回廊にはきれいなレリーフが今も残されています。

タ・プローム遺跡

12世紀末に仏教寺院として建立されましたが、後にヒンドゥー教寺院になったと考えられている遺跡です。

Dsc_0079

こちらの遺跡は自然の凄さを見ることができる遺跡

Dsc_0096

遺跡の中を巨大な樹木が絡み付いている遺跡です。

一部は樹木により破損している部分もありますが、自然と遺跡が神秘的な雰囲気で存在しています。

20190714_165026

この他にも様々な遺跡があり、とてもすべてをゆっくり見ることができませんでしたが、

世界遺産を満喫することができました!

同じ東南アジアでもベトナムとは異なる文化や時間が流れているカンボジア シェムリアップ おすすめです!!

ゆったりアンコールワット3日間ランドパッケージはこちら

しんちゃお、

ベトナムから気軽に週末旅行!!ということでアンコールワットのあるシェムリアップへ行ってきました!

シェムリアップは初めてではないので今回は、比較的のんびりとした旅行です。

(※日本からお越しのベトナムとの周遊のお客様はカンボジアの入国ビザだけなく、

ベトナム再入国の場合は、ビザが必要になりますのでお気をつけください。乗り継ぎのみや1回のみの入国の場合はビザは不要となります。事前にご確認ください。)

今日は大自然の中でピクニック&アフタヌーンティーを満喫!

車で市内から約40分の場所にあるザ ベージュ(The Beige)に行ってきました。

今回は宿泊はしてませんが、ピクニックに行ってきました!

市内からはシェムリアップらしく赤土の道路を走りながら揺れること約40分。

周辺にはお店もなく、こちらのホテルのみです。

こちらは、ラグジュアリーなホテルながらもお部屋のスタイルはキャンプのようにテント。

日本人スタッフも働いています。

スタッフもカンボジアの田舎の素朴で優しい感じで日本のサービスの教育を受けているので快適な滞在ができます。

Dsc_0942

こちらがレセプションとレストランのある建物になります。

Dsc_0948

大きめの窓なので、昼は自然な光が差し込み天気の良い日は気持ちがいいですね!

Dsc_0949

内装にもこだわっており、落ち着いた雰囲気でこだわりの家具や装飾品が至るところにあります。

Dsc_0943

自然を生かしたホテルということで、レセプションエリアからお部屋やプールなどへ自然の中を進んでいきます。

Dsc_0953

客室の中は見ることができませんでしたが、お部屋の外観はこんな感じです。

Dsc_0950

そして大自然を見渡せるインフィニティープール!

Dsc_0955

こちらはスパの入り口です。

Dsc_0957

プライベート感満載のスパ

Dsc_0961

そして、今回の目的ピクニック&アフタヌーンティーはレセプションエリアから歩いて5-10分。

もちろんホテル内にある車でも移動可能です。

自然の中でピクニックいいですね!

Dsc_0984

ここでのんびり自然を感じながらピクニック。

日々の喧騒を忘れゆっくりとした時間を過ごすことができます。

Dsc_0992

ケーキやフルーツがメインのピクニック。

ゆっくりとした時間の中、おしゃべりをしながらお茶。ということであっという間に2時間以上も。。。ピクニックしてしまいました。

Dsc_0969

そして、ホテル内には象もいます!!

象にエサをあげたり、一緒に写真を撮ることもできます!(有料)

本当に近いところまで象が来てくれますよ!

大自然を満喫できる新しいシェムリアップのホテル ザ ベージュはいかがでしょうか。

2回目のシェムリアップの方にオススメです。

ベトナム発 海外旅行はこちら 

*******************************************

The Beige

Svay Chek Road, Svay Chek Commune, Angkor Thom, Siem Reap, Cambodia

しんちゃお、

気軽にシェムリアップ 週末旅行!! 今回はホテルを紹介します!

今回はオールドマーケットやパブストリートが徒歩圏内にあるデザイナーズホテル J7ホテルに宿泊しました。

市内中心部にありますが、プールもあるのでのんびりしたい方や市内中心部でお買い物やお食事などアクティブに過ごしたい方、どちらにもオススメのホテルです。

静かで緑豊かな王宮庭園が向かいにあり、川沿いまで徒歩数分、賑やかな繁華街までは徒歩15分、

アンコール遺跡までは車でわずか15分という距離!!

全90室のデザイナーズホテルです。

Dsc_0928

こちらがロビーです。

広々としたロビーの中心にはおしゃれで豪華なソファーがあります。

20190713_174857

ホテルはロの字型になっており、庭、そしてプールもあります。

お部屋にあるテラスから庭を眺めることもできますよ!

Dsc_0998

落ち着いた雰囲気の館内。廊下も広く大きめのスーツケースを持っていても大丈夫ですね!

Dsc_0993

こちらが客室。一番下のカテゴリーのクラシックルームでも広さは市内中心部にあるとは思えないくらい広く、なんと60㎡!!

Dsc_0995

お部屋の入り口にはソファーとテーブルもあります。

スケジュールの相談をしながら、ゆっくりお茶を飲んでもいいですね!

Dsc_0994

そしてテラスもあります!!

今回宿泊したお部屋はシティービューのお部屋でした。

のんびりとしたシェムリアップの生活や緑を楽しむことができます。

Dsc_0996

バスルームも広々。

バスタブも広いので、観光で疲れた体を癒やすにはぴったりですね!

20190713_175205

そして、ホテル滞在の楽しみといえば朝食!!

蒸し暑く、日差しの強いシェムリアップの暑さを乗り切るためには、朝食は重要ですね!

こちらはエッグコーナー。オムレツや目玉焼きなど様々な卵料理を調理してくれます。

Dsc_1010

そして東南アジアの楽しみといえば、ご当地の麺料理。

もちろん麺コーナーもあります!

Dsc_1009_2

ホテル内にはスパやジムなどもあり、施設も充実してます!

せっかくなので日本よりも断然お得な!ホテルスパを試してみてもいいですね!

プールサイドでのんびり休憩してみてはいかがでしょうか。

ベトナム発海外旅行のお問い合わせはこちら

シェムリアップ J7ホテルのお申込み、詳細はこちら

シェムリアップ ホテル情報はこちら

***********************************************

J7ホテル

Road 6 (Next to Royal Residence),Siem Reap 17257, Cambodia



H.I.S. ベトナム支店

2019.09
loading...
WORLD情報局
テーマ一覧