しんちゃお、

ベトナムから気軽に週末旅行!!ということでカンボジア シェムリアップ編

本日で最後となります。

今回はいよいよ遺跡観光へ!!

実はシェムリアップに行くのは3回目!ということでのんびり遺跡見学。

今回はツアーではなく、チャーターしました。

初めての観光や効率よくまわりたい方はオプショナルツアーに参加がオススメです。

強い日差しと蚊も場所によってはいるので、長袖、長ズボンをおすすめします。

サングラスや帽子も忘れずに!水分補給も大切ですので、お水を忘れずに。

キレイになった遺跡チケットセンター。

こちらで事前にチケットを購入。

Photo

チケットには顔写真が入るため、必ず立ち寄らなければいけません。

チケットは1日券、3日券からお選びください。

1

ちなみにチケットセンターの横の建物にはこんなものが!!(入場料がかかります)

アンコール遺跡などシェムリアップの歴史などだけではなく、アンコール遺跡のジオラマが!!

Dsc_0004

今回行ったいくつかの遺跡を簡単にご紹介します。

バンテアイ・スレイ

バンテアイは砦、スレイは女性という意味だそうです。

クメール美術の最高峰とも言われ、東洋のモナリザが有名です。

Dsc_0010

遺跡によって雰囲気の異なるアンコール遺跡。

ガイド付きでカンボジアやアンコールの歴史や遺跡について勉強できます!

Dsc_0019

そしてこちらはアンコールワット。

Dsc_0052

遺跡の中には、様々な物語が描かれているレリーフもあります。

20190714_142500

長い回廊にはきれいなレリーフが今も残されています。

タ・プローム遺跡

12世紀末に仏教寺院として建立されましたが、後にヒンドゥー教寺院になったと考えられている遺跡です。

Dsc_0079

こちらの遺跡は自然の凄さを見ることができる遺跡

Dsc_0096

遺跡の中を巨大な樹木が絡み付いている遺跡です。

一部は樹木により破損している部分もありますが、自然と遺跡が神秘的な雰囲気で存在しています。

20190714_165026

この他にも様々な遺跡があり、とてもすべてをゆっくり見ることができませんでしたが、

世界遺産を満喫することができました!

同じ東南アジアでもベトナムとは異なる文化や時間が流れているカンボジア シェムリアップ おすすめです!!

ゆったりアンコールワット3日間ランドパッケージはこちら

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS ベトナム支店

    2020.11
    loading...
    WORLD情報局