シンチャオ!
ベトナム最古の華人寺「ティエンハウ寺」をご存じですか?
ホーチミンの5区、チョロンというチャイナタウンに位置するお寺で、

その昔、17世紀頃に多くの華人が海を越えてべトナムへ渡ってきたそうです。
はるばる海を渡ってベトナムにやって来た華僑たちを海難事故から救った伝説を持つ
天后聖母(ベトナム語でティエンハウ 聖母)を奉るために
ティエンハウ寺は建設されたといわれています。

華僑たちにとって天后聖母は大切な神様です。
200年以上たった今も多くの人が参拝に訪れます。

20200925_102408

ティエンハウ寺

営業時間:午前6:00-11:30、午後1:00-4:30
住所:710 Nguyen Trai, District 5, Ho Chi Minh city
入場:無料
※2020年11月現在


ベトナムでタクシーを使うときは、住所を運転手さんに見せるのが正確ですね。
ティエンハウテンプル!と一生懸命言うよりも、「住所」が一番伝わります。
私がベトナムに来て最初に学んだことです。
弊社のラウンジから大体20-30分くらいなので、
タクシー代としては大体10万ドンくらい(ざっくり500円くらい)で行けると思います。
(渋滞で混雑してたりするともっとかかるかもしれません)



このお寺の特徴は、なんといってもお寺の天井中に吊り下げられた、
渦巻き状のお線香!

20200925_100827

巨大なのは1ヶ月間近く燃えるそうです。



一般参拝用の小さいのは売店で2万ドン(100円くらい)で売られています。

20200925_100619

20201028103940_img_1229

雰囲気もとてもいいですよね。
またしっとり来たいと思います。

ホーチミン中華街の重要な観光スポットのひとつなので是非訪れてみてくださいね。
Gummyでした♪

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS ベトナム支店

    2021.01
    loading...
    WORLD情報局