2011.10.07

impresso BLOG-logohisimpresso BLOG-logoimp

こんにちはsign01

関西インプレッソグループです。


大変お久しぶりです。

7月以来の更新になってしまいました・・・(反省)


今月は3連発でとっておきツアーの旅日記をお伝えしますnotes


今回は第一弾sign01

スイスのリポートです。


スイス大好き企画担当者が、自信を持って世に送り出したスイスツアーの決定版・・・

その名も「スイスアルプス決定版」sign03


このコースの特徴はなんといっても大人気の山岳ホテルに宿泊」ということ。


実際、このコースに参加された方は「何年も前からこのホテルに泊まりたかったけど、個人ではなかなか予約できなくて・・・」という意見が多かったです。


このコースでは・・・

「シャイデック SCHEIDEGG HOTELクライネシャイデック・ベルナーオーバーラント地区)

「クルム KULMゴルナグラート・ツェルマット地区)

この2ヶ所に宿泊しました。

それぞれ特徴がある素敵なホテルですheart04


シャイデックホテルは、伝統ある建物で古き良きヨーロッパの雰囲気。歴史を肌で感じる事ができます。

スイスに行った事がある方なら、おそらく訪れたであろう「ユングフラウヨッホ」へ行くために、必ず登山電車subwayを乗り継ぐ「クライネシャイデック」駅の目の前にあるホテルです。


クルムホテルは、改装をして機能的でとってもモダンな雰囲気。山の名前から部屋名が付けられ、部屋番号はその山の標高になっていますnotes遊び心たっぷりheart04

ツェルマットに行ったら、ほとんどの方が訪れる大人気のゴルナグラート展望台にあります。


どちらのホテルも、部屋から山の景色が楽しめ、食事はコース料理restaurantwine。日常から離れて、優雅な時を過ごせます。

日中は観光客で埋め尽くされる場所も最終電車subwayが行ってしまった後は、ひっそり。こんな場所ではテレビtvなんで必要ありません。普段では気づかなかった自然の音や風景に出会えるかもしれません。


終電後のクライネシャイデック駅の様子。

日中の混雑が信じられません。

impresso BLOG-Kleine Scheidegg1


シャイデックホテルの内部宿泊客しか入る事ができません。これぞヨーロッパsign01のサロン

impresso BLOG-Kleine Scheidegg2


階段も趣き満点!

impresso BLOG-Kleine Scheidegg3


こちらはツェルマット地区のゴルナグラート駅の終電後。こちらも終電が出発するとホテル宿泊客のみが滞在できる贅沢な時間。

impresso BLOG-Gornergrat4

こんな所にホテルがあります。
奥に見えているのはマッターホルンnotes

impresso BLOG-Gornergrat3
もっと遠くから見ると、なんとこの位置sign01
本当に山々に囲まれているホテルです。

impresso BLOG-kulm4

ホテルクルムの部屋

木の暖かいぬくもりを感じる事ができますhappy01

impresso BLOG-kulm1

ん窓の外は・・・

impresso BLOG-kulm2

なんと窓の景色は、一面スイスアルプスsign03

こんな景色を部屋から眺める事ができるなんてsign03

impresso BLOG-kulm3
このホテルはモンテローザビューマッターホルンビューがあります。どちらも素敵な景色happy01 (写真はモンテローザビュー)


運がよければ、ホテルの玄関先にはこんなかわいい姿も・・・heart01 (塩を舐めに来ているそうです)

impresso BLOG-kulm4


ツェルマットの町からは見えないモンテローザの夕焼け

息を呑む美しさlovely 夏の日没は遅く、ベストシーズンの7月下旬で21:00過ぎぐらい。

impresso BLOG-Gornergrat1


マッターホルンの朝焼けも素敵

山の頂上から朝日に照らされて、徐々に全体がピンク色に染まります。写真では色が分かりづらいのが残念・・

impresso BLOG-Gornergrat2


部屋からの景色はもちろん天候に左右されます。

てるてる坊主を作ってお祈りしましょう・・・


※掲載のツアー内容・現地情報等は掲載日現在のものとなります。

 


同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    2020.11
    loading...
    WORLD情報局