先日、ラスベガスのお隣の街ボルダーシティーにある、フーバーダムミュージアムへ行ってきました。

Cimg4303

 このミュージアムは、ボルダーシティーの中心部にあります。フーバー・ダムの観光ポイントからは、離れた場所にありますのでご注意下さい!

Cimg4299

  ホテルの一角にある小さなミュージアムですが、11500枚もの写真が展示されており、想像以上にフーバー・ダムの歴史を知る事ができましたので、ご紹介させて頂きます!P1070435  入園料は、大人$2、子供$1です。入り口にカウンターがありますので、先ずは、そちらでお支払を済ませて下さい。さて、早速中へ入ってみました!

Cimg4307

Cimg4306

 フーバーダムが出来るまでの歴史、建設にかかった時間やお金、フーバー・ダムによって、ボルダーシティーが発展した背景等が、時代を追って説明されていました。

Cimg4314

 1929年の株の大暴落から、アメリカ中に失業者が増え、景気回復の為に行われた公共事業の一環として、フーバーダムの建設が行われたそうです。

Cimg4310

Cimg4318

 フーバーダムは、1931年に工事が着工され、1935年に完成。当時は約5000人の労働者が24時間体制で働いていました。Cimg4319 ミュージアムの至ることろに、当時ここで働いていた方々の写真が展示されていました。その方々の表情を見ると、今までに例のない巨大ダムを完成させるという気持ちが写真から伝わってきました。

Cimg4312

 又、当時のアメリカでは、人種差別によりこのダムに付ける職にも制限が掛かっていたそうです。人種によっては、ダムで働きたくても、働くことが出来ない方々も多くいらっしゃったそうです。

Cimg4317

 その中で、日系人のYONEDA BILL TOMIYASUさんのことが紹介されているパネルがありました。YONEDAさんは、このダムに携わる労働者の為に、食事を提供されていたそうです。このような形で日系人の方がこのダムの完成に貢献したということを、今回初めて知りました。Cimg4320 フーバー・ダムの高さは、約220メートル。実際にダムを見ると、たったの4年間で造り上げられたものとは思えない程、巨大なダムです。今でこそ、コンピューターが発達していますが、当時の状況を考えると、想像を絶する高い建築技術や建設の為の費用、そこで働く労働者の方々があったらこそ、完成したものではないでしょうか。

P1070426

 ラスベガスの中心部からボルダーシティーまでは、車で約40分、約45キロ程離れたところにあります。ボルダーシティーは、ラスベガスでは見ることの出来ないような、レトロな雰囲気のある街ですので、ラスベガスでレンタカーをご予定されていらっしゃる方は、ドライブがてらお立ち寄り下さい。

Cimg4294

  最後になりますが、H.I.S.ラスベガス支店では、フーバー・ダムへ行くツアーのお取り扱いを行っております!

bus。。。。。。bus。。。。。。bus。。。。。。bus。。。。。。bus。。。。。。

 今回、紹介させて頂いたフーバー・ダムミュージアムへの立ち寄りは御座いませんが、実際にフーバーダムの内部を見学しますので、日本では出来ない経験ができお勧めのツアーです。ご興味の有る方は以下よりお申込み下さい!

clubフーバーダムツアー

clubBOULDER CITY/HOOVER DAM MUSEUM

住所:1305 ARIZONA STREET - BOULDER CITY, NEVADA
営業時間 10:00~17:00 毎日(アメリカの祭日除く)

旅の参考までに!

HN-CHAN 

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    H.I.S. ラスベガス支店

    いいね!ラスベガス
    2017.12
    loading...
    WORLD情報局