先月4月5日に、ダウンタウンエリアにあるAcademy Of The Arts (Lowden Theater)で、落語家の「桂かい枝さん」の一夜限りの上方落語寄席が開かれました。

Cimg2948

Cimg2949

 この日は、入場料が無料ということもあり、夕方6時の開演30分くらい前からは、日本の落語を一目みようと地元の高校生や大学生、小さなお子様からお年を召された方まで、幅広いラスベガス市民が会場いっぱいに集っていました。300人ほどが収容できる会場は、ほぼ満席でした。

Cimg2968

 カナダ出身の落語家さんの諸注意からから始まり、主催者の挨拶等が終わると、いよいよ桂かい枝さんの登場です!※諸注意で、公演中の写真撮影は禁止となっていました。(T_T)

Cimg3102

 桂かい枝さんは、とても流暢な英語で、落語の歴史や扇子等の小道具の紹介や使い方を教えて下さいました。声のトーンで物事を表現する方法などは、とても興味深い話ばかりでしたので、聞き入っていくうちに、自然と落語の世界に引き込まれて行きました。

Cimg2964

 お恥ずかしながら、今回が初めての落語鑑賞でしたので、「落語」という日本の文化を知らない部分が大変多く、この公演を見て日本の歴史や文化、日本独特の風習や習慣を改めて感じることができました。

riceball   riceball   riceball   riceball   riceball   riceball   riceball   riceball   riceball   riceball

 お次は、落語家「桂 あさ吉さん」の登場です。こちらは桃太郎の落語で、私達が普段経験するような日常の生活と、桃太郎のストーリーを上手く合わせたとっても面白い落語でした。

Cimg2966

 今回、落語を鑑賞してからは、落語のイメージが大きく変わったように感じます。日本語でも、言葉だけでは人に感情や状況を伝えるのは難しい場面が沢山ありますが、今回はそれを全て英語でアメリカの観客に伝えていらっしゃったので、本当に素晴らしいです。又、日本の国際交流基金からは、この落語に関してのアンケートを取っていらっしゃいました。

Cimg2960

 ラスベガスでこのような素晴らしい落語を鑑賞させて頂き、関係者の皆様、本当に有難うございました。

Cimg3099

 最後になりますが、ラスベガスは小さなショーから、大きなショーやイベントまで、年中どこかで何かが開催されております。気になるショーやイベントが御座いましたら、チケット代行手配を行っておりますので、H.I.S.ラスベガスにお問い合わせ下さい。

diamond各種チケット代行手配diamond

P1110775

HN-CHAN

=================================

24時間オンライン予約可能!
アメリカ、カナダ、メキシコ主要都市お得なオプショナルツアー情報はコチラから

 
24時間オンライン予約可能!
現地初の周遊ツアーやホテルパックプラン等お得なランドパッケージツアー情報はコチラから

 
基本情報、気候、レストラン等の詳細はコチラから

 

ラスベガスで一日、夜の予定がぽっかり空いてしまった・・sad

何かラスベガスらしいことをしたい・・despair

そんなレディース達にお薦めのショー

thunderThunder from down underthunder(サンダーフロムダウンアンダー)

をご紹介します。

会場はストリップ大通り南の方にある、大きなお城が立ち並んだEXCALIBUR HOTEL(エクスカリバーホテル)。

Img_2795_2

看板もしっかりあります。

Img_2803

オーストラリアからやってきた、男性グループのダンス(ストリップ?)ショーで、「ラスベガスで羽目を外す」というニュアンスで多くのドラマやコメディ、セレブのインタビューでも度々その名前が登場する、アメリカではちょっと有名なショーです。

以前ブログでも紹介したCHIPPENDALESと同様、男性ダンサー達が服を脱いだり(破ったり)セクシーな踊りをしたりと、女性を楽しませてくれます。一度席に座ると、チップを払う必要もなく、女性グループでラスベガスの夜を楽しみたい!という方には是非おすすめです。

Img_2793

見た目はマッチョな男性ばかりですが、皆さん本当にジェントルマン。

ショーの途中で会場のお客さんを舞台に上げて「サービス」する場面が何回かあるのですが、その中でも私が観に行った日に一番盛り上がったのは、おばあちゃんと呼ばれてもおかしくないような年齢の女性が選ばれて、舞台に上がったときでした。

大歓声の中、男性ダンサーに手を引かれて舞台にあがるおばあちゃん。(もちろん優しくエスコート)

椅子に座らされ、

MC「今日のショー、どう? 楽しんでる?」

おばあちゃん「とっても楽しいわ!!happy01

会場大盛り上がりhappy02

男性ダンサーズのラップダンスを目の前で楽しみ、最後には一緒に踊って楽しむおばあちゃん。

「恥ずかしい」という概念はここにはありません。皆が楽しみに来ていて、叫んだり、踊ったり、お触りしたり・・、本当に良い雰囲気。日本ではなかなか観れない光景ですよねwink

また、ダンサーが座席の間にあるテーブルに立ってダンスをしたり、会場を練り歩いたりと、ダンサーとお客さんの距離が近いのも特徴的。

運が良ければハグやキスをして貰えたりkissmark、ダンサーが通るたびにお尻を触る強者も!

会場横のBOX OFFICEでもチケット購入可能です。

Img_2791

Img_2789

公演日時や場所は変更になる可能性がありますので予め確認して頂くことをおすすめします!

めいいっぱいオシャレして、ラスベガスの夜を楽しんでくださいねwineshine

MO

ショー 2017.02.03

先日secret回目の誕生日を迎えた私に、旦那様がショーをプレゼントしてくれましたpresent

シルクドソレイユの「ZUMANITY」
実は私たちの一番お気に入りheart04で大大大好きheart04なショーなのです。

Img_2533

こちらのショー、このポスターを見てわかる通り、皆ほぼ裸に近いコスチュームでステージに立ちます。鍛え抜かれた身体や息の合ったダンスは観ていてため息が出るほど美しいのですが、
ちょーっと官能的で刺激が強いので18歳未満は入場不可となっておりますdanger

ちなみにZUMANITYとは、Zoo(動物園)+Humanity(人間らしさ)をかけ合わせた造語で、
実際に観てみるとわかるのですが、老若男女だけでなく人種や体型体格、
そして様々な愛の在り方全てを肯定する、というポジティブな主張が根底にありますshine

ショー会場はNew York New York Hotelの中にあります。

Img_2535赤と黒を基調とした会場。もう既にこの時点でセクシー感満載、気分が高まりますkissmark

さてさてショーの内容ですが…

ウォーターボールの中で人魚のように自由自在に泳ぐ女性たち、

天井から吊るされたたった1本のチェーンを巧みに操り空中を舞う力強い男性、

シャンパンで満たされたバスタブの中で、怪しく遊ぶ3人、

腕1本で男性の肩の上で逆立ちしたかと思ったら、今度は腕1本で女性を頭上に持ち上げたりするカップル

などなど…

これらすべてがほぼ裸の状態で演じられもうドキドキしっぱなしlovely

もちろんアクロバットなショーだけでなく、シルクドソレイユお得意のユーモラスなトークや
観客を交えた演出なども合間に入り、笑いあり、感動あり、興奮ありの超オススメショーなのですsign03

素敵な時間はあっと言う間に過ぎてしまい、カーテンコールです。

(この時だけ写真撮影が許可されます)

Img_2518

Img_2522

最後まで美しく、魅惑的な皆さんでした。

観終わった興奮冷めない私たち、ショー会場の扉の外のお土産屋さんをチェックしてみましたflair

Img_2529

お決まりのTシャツt-shirt

Img_2525

セクシーなキャミソールランジェリーheart02

Img_2530

sign02「SPANK ME(私を叩いて)」って、こんなものまでsign02

そんなお土産屋さんの向かいには、ちょっとした写真撮影をできるコーナーがあります。
さあ、ショーの登場人物になりきって、ハイポーズ!!

Img_2538

シルクドソレイユというと「O」や「KA」が有名ですが、たまには気分を変えてこんな雰囲気のショーはいかがでしょうか?

Img_2528

ZUMANITY

場所:New York New York Hotel & Casino

スケジュール:火~土の19:00と21:30、1日2回公演

年齢制限:18歳以上



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 ラスベガスのイベント・ショーチケットのお手配はこちら  

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



りんりん

H.I.S. ラスベガス支店

いいね!ラスベガス
2017.12
loading...
WORLD情報局