動物 森、山 自然 2020.04.22

Hola!

皆さんこんにちは!

コスタリカインターンの芝です。

 

 

先日ずっと楽しみにしていたケツァール探しに行ってきました!今回はその時の様子を紹介していきたいと思います!

 

コスタリカに来たら絶対に見ておきたいケツァール!これからコスタリカに旅行される方の参考になれば嬉しいです!

 

 

ケツァールとは…

 

日本語名でカザリキヌバネドリという名前の鳥で、世界で一番美しい鳥の一種とされています。雄は名前にもあるように2本の長い飾り羽を持っていて全長約1メートルにもなるとされています。

 

「世界で一番美しい鳥」という枕詞のほかに、「神の鳥」、「幻の鳥」、「手塚治虫の漫画『火の鳥』のモデルになった鳥」とケツァールを表す言葉がたくさんあり、そのすごさが分かります!

 

そんな幻の鳥ケツァールですが、中南米に生息しており、グアテマラの国鳥に指定されています。しかし一番ケツァールを見ることができるのは多くの野鳥が生息しているコスタリカだと言われています。

 

コスタリカ内ではモンテベルデやサン・ヘラルド・デ・ドタなどで遭遇率が高いです。いずれの場所も首都サンホセからアクセスがしやすく、実際私はサンヘラルド・デ・ドタに行ったのですが、サンホセ近くの家を早朝に出発し、お昼前に帰ってくることができました。

 

 

野鳥探しには早起き必須

 

当日は朝2時に起きて、3時に家を出て眠い目をこすりながら車でサン・ヘラルド・デ・ドタのケツァール遭遇ポイントに向かうこと約2時間。まだ外は薄暗い中一番乗りでケツァールポイントに到着しました!

 

野鳥を探すためには早起きは必須です 笑

 

そして森の中を見渡すと、お!ケツァールの巣!!

 

ずーっと望遠鏡を覗いてケツァールが巣から出てくるのを待っていると、一瞬顔を出してくれました。

 

でもすぐ巣に戻ってしまって写真を撮ることは出来ず、巣からちょっとだけ出ている飾り羽をむなしく撮影。

121

 

ケツァールは巣の中で子守をしているのですが、メスが食べものを探しに行っている間にオスが巣の中で子守をし、メスが戻ってくるタイミングで、オスが外へ食べものを探しに行くという流れがあります。

 

なので、メスが戻ってきて、オスが巣から出てくるのを辛抱強く待つことにしました。

 

約20分後そろそろメスが戻ってくるという情報からカメラを構えて望遠鏡をのぞいていると、、、

 

お!出てきた!真ん丸な目!かわいい~

122

123

124飛び立つ瞬間もばっちり撮影

 

体は真っ赤な腹部と頭から羽先にかけては青と緑が混ざった色と鮮やかな色合いで、木々に囲まれた中でもその美しさが分かります。

 

でも真ん丸で真っ黒な目と黄色いくちばしの顔は美しいというよりかわいいのほうが似合う笑

 

このあと私たちの頭の上を飛んで行ったのですが、飾り羽が優雅に舞っていて、すごく美しかったです。

125

 

ケツァールは動きが早く、またなかなか姿を現してくれないので、うまく写真が撮れなかったのですが、自分の目にしっかりと焼き付けておくことができました。

 

「幻の鳥」と言われるだけあって、見るのは簡単ではありませんが、その分感動が大きく、素敵な旅の思い出になりました!

 

 

HISコスタリカ支店ではケツァール探鳥ツアーをご用意しております!

 

 

 

 

✨ケツァールをもっと楽しく探すためのポイント✨

 

✓しっかり防寒していきましょう!(早朝ですし、森林の中なのでかなり冷えます)

 

✓双眼鏡、カメラなどがあるともっといい写真が撮れます!

 

✓前日はしっかり寝ましょう!

 

 

コスタリカに来た際にはぜひケツァール探鳥に行ってみてくださいね!もしかしたら他の鳥も見れるかも!?

 

コスタリカ支店インターン

 

 

~毎週水曜&土曜に更新中!~

自然を身体いっぱいに感じられるコスタリカに是非きてみませんか?

コスタリカのツアーが気になる方はこちらをクリック!

 

  

=================================
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

記事の内容が新型コロナウイルス拡大前の内容になることがございますが、皆様が安心してお越しいただけるようになった際に参考になることを願い、引き続き情報をお届けしていきます。

何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。



HIS コスタリカ支店

2020.05
loading...