こんにちは!

コスタリカインターンの芝です。

 

今回はカウイータ編に続いて、プエルトビエホ(Puerto Viejo)編ということで、プエルトビエホを訪れた際の様子を紹介していきたいと思います。

 

 

プエルトビエホとは

 

プエルトビエホはカウイータの少し先、より隣国パナマに近づいたところに位置しています。カウイータからはバスを使って30分ほどで到着します。

161

プエルトビエホには夜到着し、まず宿泊先に向かいました。

 

私は今回の旅の予算を安く抑えるために、宿泊予約サイトで格安ホステルを探し、男女混合のドミトリーなのですが一泊1400円で泊まることができました!

162

 

 

プエルトビエホの街並み

 

宿泊先に到着後、夜ご飯を食べるために街を歩いてみることにしました!町並みは賑やかな雰囲気でカウイータ同様、お土産物屋さんがたくさんありました!

163

どうせならここでしか食べられないような料理を食べようと思い、ふらふら歩いていると、いい匂いが…!

 

レストランの前に立っていたお兄さんにメニューを聞くと、コスタリカの有名な料理であるカサードがおすすめとのこと!

 

カサードとはコスタリカ料理で定食のようなご飯と豆と肉または魚のメイン料理とサラダが一緒になったものです。

164

165

すごくおいしかった上に、お店の人が優しくてすごくいいレストランでした!

 

夜になると涼しくなって蚊が増えてきたので、そろそろホステルに戻ることに。

 

ホステルでは蚊帳を使用して寝たのですが、蚊帳の意味がないくらい蚊が入り込んできて、体中刺されました…虫よけスプレーと虫に刺されたとき用の薬は必ず持参しましょう…笑

 

次の日起きると、ホステルの前にはきれいな海の景色が広がっていました!

166

167

海沿いを歩いてみると、朝からカヤックの体験などを行っていました!

 

私は時間が無くてできなかったのですが、自転車をレンタルしてサイクリングを行っている人もいました。

 

ホステルにもよりますが、自転車の貸し出しを行っているところが多くあるので、海沿いを気軽にサイクリングができます。平坦な道のりで車の交通量も少ないので非常にサイクリングに適した場所だと思います!

168

おしゃれなバス停でバスを待ちながら、隣にいた現地の人とおしゃべりして素敵な思い出を作ってサンホセへと戻りました!

 

カウイータもプエルトビエホも外国人観光客が多いためかここに住んでいる人たちは英語が通じますので、スペイン語が不安な方でも大丈夫です。

 

しかしスペイン語が話せたほうがより現地の人と会話できたり質問がしやすかったりするので、勇気を出してスペイン語を話してみましょう!笑

 

私はスペイン語に自信がありませんでしたが、旅の醍醐味である、いろんな人にとにかく質問して人の優しさに触れるというのを大切にしながら、カリブ海を旅してきました!

 

カリブ海側は少し治安が悪いイメージもありますが、人は優しく面白いところです!サンホセとは違った雰囲気で、まるで違う国に来たのかなと思います笑

 

コスタリカに来た際にはぜひ行ってみてくださいね~!!

 

169帰り道、バスからの風景

 

永遠にバナナ畑が続いています…笑

 

 

コスタリカ支店インターン

 

 

~毎週水曜&土曜に更新中!~

自然を身体いっぱいに感じられるコスタリカに是非きてみませんか?

コスタリカのツアーが気になる方はこちらをクリック!

 

  

=================================
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

記事の内容が新型コロナウイルス拡大前の内容になることがございますが、皆様が安心してお越しいただけるようになった際に参考になることを願い、引き続き情報をお届けしていきます。

何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。

こんにちは!

コスタリカインターンの芝です。

 

 

コスタリカでは毎日暑い日が続いている中、私は先日コスタリカのカリブ海側のリモン(Limón)と呼ばれる都市のカウイータ(Cahuita)とプエルトビエホ(Puerto Viejo)に一人旅をしてきました!今回はその時の様子を紹介したいと思います!

 

コスタリカで一人旅を計画している方や家族や友人など誰かと一緒に旅を計画している方の参考になればうれしいです!

 

今回はPart1カウイータ編ということで、カウイータを訪れた際の様子を紹介していきたいと思います。

 

 

コスタリカのカウイータ(Cahuita)とは

 

まずそもそもカウイータってどこにあるかと言いますと、コスタリカのカリブ海側パナマとの国境近くに位置しています。

151

 

気温は太平洋側のカラッとした暑さよりもムシムシっとした暑さで、雨季でなくても突然のスコールに遭うことがあります。

 

実際、移動中のバスでスコールに遭い、観光に支障が出るかと焦りましたが、すぐ止んだので良かったです!

 

 

カウイータの広大な国立公園

 

カウイータではカウイータ国立公園に行ってきました!この国立公園、なんと入場料が無料なのです!入場の際に名前と国籍などを書いたら受付終了、公園内に入ることができます。

 

公園は片道全長8kmあって、海沿いを歩いたり、木々の間のトレッキングコースを歩いたりしながら、回ることができます。

152

153

公園内は植物と動物と海とと自然のオンパレードです。

 

トレッキングコースを歩いたり、海に入りたくなって途中海に足を付けてみたりと気ままに歩いていました。海は冷たく少し波が高いですが、気持ちよかったです!

 

また、砂浜は太平洋側の真っ黒な砂浜と少し違って茶色い(?)砂浜が広がっていました!

154_2 

 

ラッキーだったら出会えるかも♪

 

155

途中木を見上げている人がいたので、見てみると、お!ナマケモノ!けど爆睡中だったのか顔は見ることができませんでした…でも寝ている姿もかわいい♡

 

私は閉園時間ギリギリに到着したので、一時間ぐらいの滞在で帰ってしまいましたが、もう少し時間をかけて回ればもっといろんな動物が見られると思います!

 

 

カウイータの街

 

カウイータの街並みはこんな感じ

156

157 

サンホセとはだいぶ違った雰囲気ですね

 

車通りが少なく、歩きやすいうえに自然が多くて南国の雰囲気でした!また、建物がカラフルで歩いているだけで楽しかったです!

 

お土産屋さんも多くて、私は手作りの貝のブレスレット(日本円で約1000円)と、コスタリカの動物が描かれているしおり(日本円で約400円)を購入しました!

 

この後プエルトビエホにバスで向かったのですが、その時の様子は次のブログで紹介していきます!お楽しみ!

 

コスタリカ支店インターン

 

 

~毎週水曜&土曜に更新中!~

自然を身体いっぱいに感じられるコスタリカに是非きてみませんか?

コスタリカのツアーが気になる方はこちらをクリック!

 

  

=================================
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

記事の内容が新型コロナウイルス拡大前の内容になることがございますが、皆様が安心してお越しいただけるようになった際に参考になることを願い、引き続き情報をお届けしていきます。

何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。

動物 森、山 自然 2020.04.22

Hola!

皆さんこんにちは!

コスタリカインターンの芝です。

 

 

先日ずっと楽しみにしていたケツァール探しに行ってきました!今回はその時の様子を紹介していきたいと思います!

 

コスタリカに来たら絶対に見ておきたいケツァール!これからコスタリカに旅行される方の参考になれば嬉しいです!

 

 

ケツァールとは…

 

日本語名でカザリキヌバネドリという名前の鳥で、世界で一番美しい鳥の一種とされています。雄は名前にもあるように2本の長い飾り羽を持っていて全長約1メートルにもなるとされています。

 

「世界で一番美しい鳥」という枕詞のほかに、「神の鳥」、「幻の鳥」、「手塚治虫の漫画『火の鳥』のモデルになった鳥」とケツァールを表す言葉がたくさんあり、そのすごさが分かります!

 

そんな幻の鳥ケツァールですが、中南米に生息しており、グアテマラの国鳥に指定されています。しかし一番ケツァールを見ることができるのは多くの野鳥が生息しているコスタリカだと言われています。

 

コスタリカ内ではモンテベルデやサン・ヘラルド・デ・ドタなどで遭遇率が高いです。いずれの場所も首都サンホセからアクセスがしやすく、実際私はサンヘラルド・デ・ドタに行ったのですが、サンホセ近くの家を早朝に出発し、お昼前に帰ってくることができました。

 

 

野鳥探しには早起き必須

 

当日は朝2時に起きて、3時に家を出て眠い目をこすりながら車でサン・ヘラルド・デ・ドタのケツァール遭遇ポイントに向かうこと約2時間。まだ外は薄暗い中一番乗りでケツァールポイントに到着しました!

 

野鳥を探すためには早起きは必須です 笑

 

そして森の中を見渡すと、お!ケツァールの巣!!

 

ずーっと望遠鏡を覗いてケツァールが巣から出てくるのを待っていると、一瞬顔を出してくれました。

 

でもすぐ巣に戻ってしまって写真を撮ることは出来ず、巣からちょっとだけ出ている飾り羽をむなしく撮影。

121

 

ケツァールは巣の中で子守をしているのですが、メスが食べものを探しに行っている間にオスが巣の中で子守をし、メスが戻ってくるタイミングで、オスが外へ食べものを探しに行くという流れがあります。

 

なので、メスが戻ってきて、オスが巣から出てくるのを辛抱強く待つことにしました。

 

約20分後そろそろメスが戻ってくるという情報からカメラを構えて望遠鏡をのぞいていると、、、

 

お!出てきた!真ん丸な目!かわいい~

122

123

124飛び立つ瞬間もばっちり撮影

 

体は真っ赤な腹部と頭から羽先にかけては青と緑が混ざった色と鮮やかな色合いで、木々に囲まれた中でもその美しさが分かります。

 

でも真ん丸で真っ黒な目と黄色いくちばしの顔は美しいというよりかわいいのほうが似合う笑

 

このあと私たちの頭の上を飛んで行ったのですが、飾り羽が優雅に舞っていて、すごく美しかったです。

125

 

ケツァールは動きが早く、またなかなか姿を現してくれないので、うまく写真が撮れなかったのですが、自分の目にしっかりと焼き付けておくことができました。

 

「幻の鳥」と言われるだけあって、見るのは簡単ではありませんが、その分感動が大きく、素敵な旅の思い出になりました!

 

 

HISコスタリカ支店ではケツァール探鳥ツアーをご用意しております!

 

 

 

 

✨ケツァールをもっと楽しく探すためのポイント✨

 

✓しっかり防寒していきましょう!(早朝ですし、森林の中なのでかなり冷えます)

 

✓双眼鏡、カメラなどがあるともっといい写真が撮れます!

 

✓前日はしっかり寝ましょう!

 

 

コスタリカに来た際にはぜひケツァール探鳥に行ってみてくださいね!もしかしたら他の鳥も見れるかも!?

 

コスタリカ支店インターン

 

 

~毎週水曜&土曜に更新中!~

自然を身体いっぱいに感じられるコスタリカに是非きてみませんか?

コスタリカのツアーが気になる方はこちらをクリック!

 

  

=================================
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

記事の内容が新型コロナウイルス拡大前の内容になることがございますが、皆様が安心してお越しいただけるようになった際に参考になることを願い、引き続き情報をお届けしていきます。

何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。



HIS コスタリカ支店

2020.05
loading...