¡Hola!

コスタリカ支店の上田です。

 

今回は過去人気のあった記事を改編してお送りします!

 

さて、コスタリカは「生物多様性の宝庫」と耳にした方もあるかと思いますが、なにがそんなに凄いのか、簡単にお話をさせていただきます。

 

2

コスタリカの領土は小さく、地球の表面のわずか0.03%しか占めていません。

 

そんな小さな国ですが、生物多様性では最も豊かな上位20ヶ国に位置するのです。

 

ふーんと聞き流しそうですが、コスタリカのような豆粒ほどの国がブラジルやコロンビアなど広域な国土を有する国々と肩を並べている、ということになります。

 

5_2

ブラジルを例に挙げてみましょう。コスタリカの166.6倍の国土を有するブラジルには1,000km²当たりに平均で6.5種の植物、0.2種の鳥類、0.05種の哺乳類が生息しています。

 

一方、コスタリカは、同じ1,000km²当たりに平均で234.8種の植物、17種の鳥類、4.6種の哺乳類が生息しています。

 

平均種類/1,000km²当たり コスタリカ ブラジル
植物  234.8種  6.5種
鳥類  17種  0.2種
哺乳類  4.6種  0.05種

 

4_2寝ながら聞いてもらっても良いですよ~ナマケモノさん

 

 

在日コスタリカ大使館の資料によりますと、10,000km²当たりに生息する動物種の世界トップスリーは:

 

1位 コスタリカ 615種
2位 ルワンダ 596種
3位 パナマ 581種

 

となっております。なんとコスタリカが1位なのです!

 

3

実際、コスタリカの総面積はわずか51,100km²と北海道の6割程度なのですが、地球上で確認されている全生物種のおよそ5%にあたる約95,000種が確認されているという驚異的な国なのです!

 

6

ということで、コスタリカではそこらじゅうに様々な動植物が生息しています。

しかも、少しの移動でサバンナのような熱帯乾燥林に生息している野生生物から、熱帯雨林、熱帯雲霧林、熱帯林、マングローブ林、湿地帯、そしてアンデスの高山植生帯であるパラモ植生帯まで観察できるからおもしろい!

 

1

野生動物好きには、コスタリカは絶対外せない国です!

是非、その目で野生動物が豊かな自然の中で暮らしている姿を見に来てください!

 

コスタリカの自然を一緒に発見しにいきましょう!

【サンホセ発】熱帯雨林エクスペリエンス

 

 

上田

コスタリカ政府公認ガイド

https://ecoa-travel.co.cr/

 

 

=================================
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

記事の内容が新型コロナウイルス拡大前の内容になることがございますが、皆様が安心してお越しいただけるようになった際に参考になることを願い、引き続き情報をお届けしていきます。

何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。

こんにちは!コスタリカ支店の上田です。

 

 

環境保護の先進国として世界から認知されているコスタリカは、国土の26%が保護されており、国家保全地域システム(SINAC)という機関が、11に分かれたそれぞれの管轄区域にあるいくつもの国立公園や野生生物保護区を管理運営しています。

Mapaacmin

保護区といっても様々あり、国際自然保護連合(IUCN)が定めるカテゴリーによって、コスタリカの保護区も以下のようにカテゴリー分別されています:

 

・国立公園:33

・バイオロジカル・リザーブ:8

・森林保護区:9

・保全地区:31

・野生生物保護区:75

・湿地帯:14

・自然記念物:1

・海洋保護区:2

・海洋管理地域:2

 

 

Mapaasp11min

これらは、政府機関であるSINACが管理運営する保護区ですが、モンテベルデ自然保護区は、熱帯科学センター(CCT)が管理運営しているプライベートの保護区であるため上記のリストには入りません。

 

モンテベルデ自然保護区のようにプライベート機関が管理運営している保護区もコスタリカ国内には数多くあるため、これらの保護区を入れると26%とはかけ離れた大きな数値が保護区域として出てくるかもしれません。

 

いずれにせよ、官民が一体となって環境保全、そして持続可能な開発のために働いている国。
是非、コスタリカへ来て頂き、皆様の目でどのような国なのかを確かめに来てください。

 

 

上田

コスタリカ政府公認ガイド

https://ecoa-travel.co.cr/

 

 

=================================
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

記事の内容が新型コロナウイルス拡大前の内容になることがございますが、皆様が安心してお越しいただけるようになった際に参考になることを願い、引き続き情報をお届けしていきます。

何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。

気候 自然 2020.09.12

こんにちは!コスタリカ支店の上田です。

 

 

北緯8~11度の熱帯に属するコスタリカには、独特の地形と気候により非常に多様な植生が存在します。

Photo

よく耳にする植生区分として熱帯多雨林、熱帯雲霧林、熱帯乾燥林、熱帯常緑樹林、熱帯落葉樹林、熱帯サバンナ、パラモなど、53もの植生区分があります。

 

この植生区分は1986年にコスタリカ大学のエレーラ博士とゴメス博士により行われました。

 

その他に現在、最も使われている植物区分は、アメリカ合衆国出身の植物学者・気象学者であったホールドリッジ博士(1907-1999)の説いたライフゾーンです。

 

ホールドリッジ博士は、湿度、降水量、気温などの環境要素をベースとしてコスタリカを12のライフゾーンと12のトランジション帯(中間林)に分けました。

 

カラフルなマップは、ホールドリッジ博士が区分した12のライフゾーンを色分けして示したものです。

 

51,100平方キロという北海道の6割程度の国土に、乾燥地帯に植生するサバンナからアンデス山脈に植生する高山植物まで実に多様な植生が存在し、そこに生息する野生動物も多種多様です。

 

このように、小さな国土面積においてこれほど多様な植生をもつ国は世界でも稀有であることも、生物多様性の宝庫である理由と言えます。

 

 

上田

コスタリカ政府公認ガイド

https://ecoa-travel.co.cr/

 

 

=================================
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

記事の内容が新型コロナウイルス拡大前の内容になることがございますが、皆様が安心してお越しいただけるようになった際に参考になることを願い、引き続き情報をお届けしていきます。

何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。



HIS コスタリカ支店

2020.10
loading...
WORLD情報局