しんちゃお! 自称サパ観光大使です。

皆様。原風景が今の残る”サパ”はご存知でしょうか?

今もなお、原住民が住んでおり、日本の田舎を思い出すような場所がたくさんございます。

本日は、まさにこれからベストシーズンを迎えるサパを紹介させていただきます!

毎度のことながら、まずサパの場所を紹介させていただきます!

ベトナムの北部に位置しており、中国との国境付近の町です!

もう少し拡大するとこんな感じです。

町としては非常に小さいですが、軽井沢とか上高地などの立ち位置で避暑地として有名です。

サパまではどうやっていくの?何があるの?という質問もあるかと思います。

そんな質問はコメントでお待ちしております!

簡単に言えば、最寄りはハノイで、ハノイから電車(ラオカイまで)またはバスで行くことができます!

20190809※バスはこんな感じです。大型バスを改造して、リクライニングになっているタイプです。

201908077※汽車はこのような感じ。中は人がいたので撮影できませんでした。

 二段式ベットが2つあって、1部屋4人まで入ります。

筆者は両方体験しておりますので、なんでもご相談あれ!

さて、簡単に町の雰囲気をお送りさせていただきます。

201908071

サパという町は周囲を山に囲まれており、 ベトナム1番高い山 ファンシーパン(標高3,143m)も間近に見ることができます。

ホテルのベランダから観れる町の雰囲気です。

Dsc00966※夜はこんな雰囲気に包まれます。

 活気があり、欧米系の方もBARに繰り出したりしています!

Dsc00968※カフェには多くの人がいました。

 田舎のカフェが20時くらいに満席になっていました!

そんなサパには多くの欧米系の人が観光でいらっしゃいます!

旅行者(欧米系の方)は少数民族の方を気に入り、結婚するとよく聞きます。

ぜひ、そんなサパにお越しくださいませ!

次回は自称サパ観光大使がオススメしたいスポットです!

お楽しみに!

Bye Bye!

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    H.I.S. ベトナム支店

    2019.08
    loading...
    WORLD情報局
    テーマ一覧