2019.03.30

みなさん、こんにちは。H.I.S.サンフランシスコ支店の信玄餅ですgemini

サンフランシスコはせっかく暖かくなってきたと思ったら、最近はまた雨日和となってしまいましたrain サンフランシスコを訪れる際は傘も忘れずにお持ちくださいねsprinkle

今回は兼ねてからずっとみなさんにご紹介したいと思っていたサンフランシスコ発メッセンジャーバッグTIMBUK2をご紹介したいと思いますpaper つい最近、日本にも発上陸したこのTIMBUK2ですが、初めて耳にする方も多いのではないでしょうかeye

筆者は学生の頃から今までずっとこのTIMBUK2の大ファンで、このブログを見た方にもぜひ現地のお店に足を運んでいただけたらなと思います!

まず始めにTIMBUK2とは、、、

1984年Zo Bagという会社名でサンフランシスコに設立されました。サンフランシスコ発のメッセンジャーバッグはおそらくTIMBUK2だけなのではないでしょうか。

設立者のロブ・ハニーカット(Rob Honeycutt)さんは、初期費用たったの200ドルで中古シンガーミシンを購入し、TIMBUK2を世に広めましたeye

設立者ロブ・ハニーカットさんはすごいお方で、会社を立ち上げる際に日本の大手自動車メーカーであるトヨタ自動車の「メーカー哲学」も学んでおられます。

そんなロブ・ハニーカットさん、縫製スタッフをはじめて正社員として雇用したことでも有名ですrock

TIMBUK2の代表的なラー(生地を3色使った)メッセンジャーバッグがこちら!写真は見にくいですが、筆者の初代トリカラーメッセンジャーバッグですsign03 TIMBUK2のメッセンジャーバッグはオーダーメイドで職人さんに作ってもらうことができ、タグには「MADE IN SAN FRANCISCO」と入れてくれます!筆者はこの初代TIMBUK2を学生時代に毎日使っていました。ノートパソコンを持ち運ばなければならなかったので、サイズはSを使用していました。

下の写真も少し見づらいですが、サンフランシスコ支店ジョーのTIMBUK2メッセンジャーですcat こちらもトリカラーでかっこいいですね!!

11111

次は筆者2代目TIMBUK2!!トリカラーでなくてもオーダーメイドは可能ですが、TIMBUK2といったらやっぱりトリカラーなので3色ですgood 今は通勤だけに使用しているので、サイズはXSです。見た目は小さいですが、ランチボックス、ボトル、本、財布、iPhone等全部入ります!

Image1_2

今は昔よりもさらにメッセンジャーバッグの種類が豊富に展開されていて、その人のニーズに合わせて選ぶことができますrock メッセンジャーバッグは少し重たいので、軽さを重視したものもあります!サンフランシスコではTIMBUK2のバックパックもすごく人気があります。土地が広いアメリカでは、通勤・通学にかける時間と移動距離が長いので、丈夫で使いやすいTIMBUK2はまさに時代のニーズに応えた商品かもしれませんpaper

いかがでしたでしょうかgemini みなさんにも少しでもご興味をもっていただけたら嬉しいですlovelyTIMBUK2サンフランシスコ本店にもぜひ足を運んでみてください。

TIMBUK2の豊富な種類はTIMBUK2のウェブサイトより見ることができますscissors

flagオフィシャルサイトはこちらから→https://www.timbuk2.com/

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    H.I.S. サンフランシスコ支店

    いいね!サンフランシスコ
    2019.10
    loading...
    WORLD情報局