ビクトリア 2019.11.07

こんにちは!

 

今回はバンクーバーからビクトリアを結ぶV2Vフェリーについてご紹介したいと思います。

 

同じくバンクーバー島まで運行しているBCフェリーとは異なり、フェリー乗り場はダウンタウン内に位置しています。

Img_1871

Img_1870

 

ROYAL CLASSに乗船しました~

こちらのクラスは優先的に乗船できます。

 

高級感のある赤いレザーシート。。。!

 

Img_1904

座席は指定席なので、座れなくなる心配もございません!

シートはリクライニング可能で、コンセントもついているので充電もできます^^

 

なんとこちらのクラスは食事がついているんです!

3つのメニューから選べます~今回は朝便だったので、朝食を頂きました~deliciousriceball

 

Img_1879

Img_1880

Img_1881



ノンアルコールの飲み物も飲み放題です!

 

サンデッキも開放的で気持ち良かったですsun

 

Img_1889

約3時間半後ビクトリアダウンタウンに到着~ship

Img_1912

州議事堂前に到着するのでとても便利です!

 

所要時間はBCフェリーと比べると長いですが、

フェリー乗り場とダウンタウン間の移動がめんどくさい!という方、

のんびりラグジュアリーな船の旅を楽しみたい方にはおすすめです!

 

 もcat

 

ビクトリア 2019.07.15

日帰り旅行で人気のビクトリア

でも、ビクトリア市内での時間は数時間のみ。 本当なら1泊ぐらいしたいもの。

ビクトリアで宿泊するなら、オススメのホテルがあります。

それが

The Oswego Hotel

今回私はスタジオルームに宿泊してきました。

20190601_154612_hdr_2

こちらのホテル、基本的に一部屋にベッドは一つ。

スタジオルームもクイーンベッド一つ。

そしてこのホテルの良い点は、キッチンがついてますheart0420190601_154620

更に、お風呂はシャワーとバスタブが分かれていて、しかもバスタブが深い!

思わず長湯しちゃいました〜heart04

20190601_154634

ビクトリアに1泊すれば、こんなきれいな夕焼けを見ることができます。

20190601_204049_hdr_2

そして、エンプレスホテルが夕焼けに染まるところも見ることができます。

20190601_204151_hdr_3


朝食はお部屋で食べることもできるし、バンクーバーでは人気すぎて行列が長すぎて食べれない、JAM Cafeもビクトリアではそんなに並ばずに食べれるかも。

20190601_144917

バンクーバーに長く滞在するなら、ビクトリア旅行は1泊するのが断然おすすめです。

HISではこちらのツアーもご用意しています。

【バンクーバー発】花の都ビクトリアとブッチャートガーデン1泊2日

by Bdog

こんにちは、Ellieですhappy01

皆さんバンクーバーからビクトリアに行きたい!と思った時、BCフェリー以外の方法があるのをご存知ですか?

そう、水上飛行機ですsign01

小型飛行機にフロートの付いた、水面上で滑走の可能な飛行機の事です。日本ではあまり馴染みがありませんが、ここバンクーバーのダウンタウンウォーターフロントエリアからは毎日飛んでいます。

バンクーバーに住みながら一度も乗る機会の無かった私、ついにこの前水上飛行機デビューしましたhappy02

ビクトリアに1泊した翌日、水上飛行機に乗ろうと思い立った私は早速ビクトリアハーバーにある「Harbour Air」の受付へ行きチケットを予約 

午後3時半出発の便でしたが30分前でも空席があり無事に予約できましたscissors預け入れ荷物を渡し、搭乗のアナウンスまで受付ロビーにてしばし休憩です。ロビー内には無料のコーヒー/紅茶の他、Harbour Airグッズの売店もありますcafe

Img_6795

出発10分前になると、搭乗開始のアナウンスがロビー内に響きます。スタッフに促された私もロビー左手奥の「DEPARTUERS」ゲートから桟橋へ移動

Img_6796

桟橋に停泊するこちらの機体が私をバンクーバーまで運んでくれますeye水上飛行機はおろか、小型ヘリにも乗ったことの無い私、予想以上に小さくてすこし怖くなってきました…coldsweats02

Img_6797

操縦席近くの方が安全なのではという根拠のない理由で、操縦席の真後ろをキープ

機内は真ん中に通路を挟んだ横列3席、縦列4席でほぼ満員で、週末なこともあり皆さん旅行者の装いです。全員着席した後、パイロットの若いお兄さんのアナウンスが流れ、いよいよ出発airplaneもちろん、シートベルト着用ですよ

Img_6799

なかなか見る機会のない、水上からの眺めもなかなか綺麗ですhappy0110分程ビクトリアハーバー内を水上運転した後、エンジンとプロペラ音が大きくなりついに離陸(離水?)

Img_6801

どんどん高度を上げていき、気づけば鳥の目線にeye機内は思ったほど揺れなくて一安心coldsweats01プロペラ音で隣の人と会話も出来ませんが、外の風景に目を奪われ全く飽きません

Img_6805_1 綺麗ですね~lovely向こうに見えるのはアメリカでしょうか

Img_6812_1雲の切れ目にちょろっと見えた虹

この高度は旅客飛行機では飛ばない高度ですから、この角度から空や海を見ることってきっと小型飛行機に乗るしかないんじゃないでしょうかshine

Img_6817気付けばあっという間にUBCが見えてきました

Img_6825こう見るとバンクーバーって本当に海抜低い所に高層ビルが立ち並んでいますね。津波の心配がないからでしょうか

Img_6827あれよあれよという間にバンクーバーダウンタウンに着いてしまいました

Img_6829_1

主要路線はビクトリア⇔バンクーバー間で夏の時期はほぼ1時間に1本のペースで運航しています。所要時間はなんと片道約30分sign03

フェリーで行くとなると、車やバスを使って郊外のフェリー乗り場まで1時間かけて移動し、さらに船に乗って2時間、対岸に着いたらまた移動で30~60分かかりますから、移動だけで4時間かかってしまうのに、水上飛行機ならなんと1/8eyeこの速さはさすがです。

料金は日によりますが、安い日は$130~乗れてしまいます。時短でありながらアトラクションとしても楽しめる、水上飛行機ぜひこの夏お試しくださいhappy01

Img_6830_1名残惜しくも振り返るとうっすら虹がかかっていましたconfident



HIS バンクーバー支店

2019.12
loading...
WORLD情報局