こんにちは、ノダメです。

小さい時に読んだ絵本って、大人になっても良く覚えていてふとした時に思い出したりしませんか?

少し落ち込んだ時、一人になった時、絵本には心にそっと優しく寄り添う力があるんじゃないかなと思ったり。

我が家では寝る前が子どもへの絵本を読み聞かせタイム。
毎晩キラキラした目で本を見つめてとっても真剣。特に好きな本は、何度も読んでとせがみます。
そんな姿を見ていると、子どもたちにとっての絵本って、別の世界へ行ったり、別の人になることが出来る「魔法の扉」のような特別なものなんだなぁと改めて感じます。



あなたのとっておきの一冊は何ですか?

とっておきの一冊を砂漠に住む子どもたちへ届ける旅にでかけませんか?



モロッコの子どもたちに絵本を届ける9日間 

http://eco.his-j.com/volunteer/tour/TF-CAS0001



届ける先はサハラ砂漠。

Dd355284b8b68dff478f598f4d554f79_s

砂漠地帯の農村に住む子どもたちは絵本に触れることがほとんどありません。そんな子どもたちが通う小学校へ訪問し、絵本をプレゼントします。

Kodomo

日本語の絵本で大丈夫。H.I.S.で事前にアラビア語に翻訳します。

あなたのとっておきの1冊を届けて、読んであげたり、一緒に遊んだりして交流しましょう。



そして、砂漠地帯の村に住む日本人を訪ねます。彼女の案内でモロッコの一般家庭を訪問し一緒にティータイム。どんな暮らしをしているのか、モロッコでの暮らしのこと、文化のことを聞いてみましょう。

Minka

更にモロッコの魅力を存分に体感して頂きたいから

世界遺産の迷路の様な街を散策したり

Meiro

リヤド(モロッコ式邸宅を改装した宿)に泊まったり

Sany0108_2

岩の住居(アイト・ベン・ハッドゥ)を訪ねたり

Aito

砂漠の中のテントに泊まったり

Tent

らくだに乗って朝日を見に行ったり

Asahi

モロッコを旅して、サハラ砂漠の旅人になろう。




モロッコの子どもたちに絵本を届ける9日間 

http://eco.his-j.com/volunteer/tour/TF-CAS0001




もっと世界を感じよう!

>>HISスタディツアー

■facebook: http://goo.gl/Ei1Yc 

■twitter: https//twitter.com/intent/user?screen_name=his_vol_study

■instagram: https://instagram.com/his.study/

絶景 2016.02.27

「氷の島」 アイスランド

Map 
国土の約7割が北極圏内、オーロラ出現の地、
 
冷たい名前の印象とは裏腹に、
 
実はそれほど寒くはなく(冬は北海道の方が寒い)

 
エコで平和で平等な自然豊かな、人と地球に温かい北欧の国です。

 
そんな「アイスランド」について調べてみました。
 
1、世界で一番平和な国 ~世界平和度指数 第一位~

イギリスが調査する世界平和度指数は犯罪、軍事、経済、国民の幸福度…
などを相対的に判断し数値にしたもの。軍隊がなく、犯罪も少なく、国民の満足度が高い。
なんと素敵な国なんでしょう。ちなみに私たちの日本は…8位。やはり日本も平和な国。

参照:Global peace index

    
2、世界で一番男女平等な国 ~世界ジェンダーギャップ指数 第一位~

男女の格差が一番少ない国。女性も男性も社会、経済活動をし、その地位に
男女の差はなく、家に戻ればどちらも家事・育児をする。
それが当たり前として受け入れられている社会があるのだそう。
今、世界が目指す社会のさきがけ的存在なのです。

参照:World economic fourm

  

3、自然エネルギー活用の先進地

原子力発電所も火力発電所もない国。30年近くも前から再生可能エネルギーに
切り替えはじめ、現在、国内の電力供給の約80%が水力発電、約20%が
地熱発電と自然エネルギーだけで国内の電力をまかなっていて、エネルギー政策の
先進国として世界的にも有名なのです。

参照:Wikipedia

 

豊富な自然、観光だってもちろん充実です。
 
アイスランド社会科見学5日間

街はこんな感じ

4a3929c2ec05f1eae98624e970f621cc_s

世界最大級の露天風呂 ブルーラグーン
3328cf85e9d9374d42755fea6e95881a_s
日本人も大好き 露天風呂。。。スケールが違います。

 

ドーン!と噴出す水柱

Photo

ゲイシール間欠泉、スロットル間欠泉では
地熱の力を感じます。

 

そしてこちらは、先日添乗員としてアイスランドを訪問した、
スタッフ(Boss)が遭遇した。。

Photo_2


オーロラshine
 
 
No.1をたくさん持つアイスランド、
この国、社会から学ぶことは日本でも
今日求められていることではないでしょうか。
 
地球を感じ、壮大な露天風呂spaに入りながら
平和な社会を思い描きませんか?
 
きっと有用な経験になると思います。
 
 
wrote by きのぴpig
 
自然エネルギーから地球の未来を考える
  アイスランド社会科見学5日間

もっと世界を感じよう!

>>HISスタディツアー

■facebook: http://goo.gl/Ei1Yc 

■twitter: https//twitter.com/intent/user?screen_name=his_vol_study

■instagram: https://instagram.com/his.study/

絶景 2015.05.19

みなさんにとって「豊かさ」とはどのようなものですか?

経済的な豊かさ?
物に囲まれた便利な生活?
友達や家族に囲まれた時間でしょうか?


さて、今回はマーシャルの自然と文化・日常についてご紹介させて頂きます。

サンゴで形成された島国マーシャル諸島。約250種のサンゴと1000種の魚が生息しており、
ダイバーやシュノーケラーなら一度は訪れてみたい地でもあります。

海に出ると点々と連なる小島が見え、野生のイルカたちに会えることも。

Imgp9293


ビーチ遊びも貸切状態で楽しめます

Imgp7301


ちょっと水面に顔をつけると

Imgp1417

サンゴの原生林とカラフルな魚たち、まさに天然水族館です!

山も高いビルもないマーシャルでは、空がとっても広く感じられ、
いつも幻想的な夕焼けが広がります。

Imgp6136

マーシャルの人々はこの自然に囲まれてどんなくらしを送っているのでしょう。

彼らの生活はとってもシンプル。

海で魚を捕り、庭のココナッツやパンの実を収穫し
日射しの強い日中は木陰でのんびりウクレレを弾きながらおしゃべりを楽しみ、
友人や家族との繋がりを大切にします。
心のおもむくままに、今を生きる。そんなゆったりとした時間が流れています。

Dscf8870_2

日本のような便利さはありませんが、
シンプルなライフスタイルの中では
自然の癒し、人の優しさに日々触れることができ
人間らしさや心の豊かさとは何かを考えさせられます。

また、海の民 ならではのスキル・波や潮を読み、星の位置を頼りに
風の力だけを利用して海を渡るカヌーと航海術、
女性はココナッツやタコの木の葉を使用した手工芸品
“AMIMONO”が太平洋の中でも優れた技術が伝統文化として今でも残っています。

Imgp2846_2

Dscf8310

アミモノ?そう。日本語由来のマーシャル語です。
このお花はココナッツの葉の繊維を使ってできています。
今もマーシャル女性のオシャレアイテムとして大活躍のこのお花、
かつて日本統治時代に日本軍が設置した電気・通信設備のケーブルを、
戦後、解体しそのワイヤーを使って作られたのが始まりと言われています。 

日本との繋がりがあり、どこか懐かしさを感じるマーシャル諸島。
一度訪れてみたいと思いませんか?


次回は日本統治時代〜戦争〜アメリカによる原水爆実験の歴史について
お伝えしたいと思います。

 Imgp9293

 ~戦後70周年~ 成田発 【9/13(日)出発限定】

親日マーシャル政府閣僚との交流!
何もない美しい島で戦争の歴史を学び、本当の豊かさを考える
マーシャル諸島国際交流8日間

http://eco.his-j.com/volunteer/tour/TF-RMI2015

 

 

★☆ TOUCH THE WORLD by H.I.S. ★☆
~もっと世界を感じよう~
http://eco.his-j.com/volunteer/



HISボランティア・スタディツアーデスク

2020.11
loading...
WORLD情報局