こんにちは、みっつーです。

GWにいってまいりましたマザーハウスさんとのネパールツアー、添乗レポート後半です。

2日目の午後からは皆さんお待ちかね、本ツアーのメインイベント!!

clover草木染で自分だけのオリジナルストールを作ろう~clover

Dsc06262

まずはマザーハウスネパールカントリーマネージャーの田口さんに染め方のデモンストレーションを。どうやったらどんな風に染まるのか、それぞれ何色になるのか。

Dsc06271

ざくろは黄色でした。アカネは赤やオレンジ。

ひゃ~きれい~!絞りのやり方も伝授していただきました。

Dsc06310

さぁ次は皆さんの番ですよ!

待ってましたとてきぱきと始める人もいれば

Dsc06324

うーん。と悩んでしまう人も。そりゃそうですよね!そんな私も悩みました。

Dsc06338

じゃぶじゃぶつけてまずは一回目の染め。すごい色になんだか不安になったりも。

Dsc06354

Dsc06376

草木染の面白いところはここから。

次に染める色で新しい色になったり、薄い色にするか、はたまた長くつけて濃い色にするか。

にするなら黄色なら。こんな風に自由自在に好きな色の染めることが出来ちゃう。

さらに運命を分ける工程がこのあとにはあって、ここで色の風合いが一気に変わったりもします。

草木染はそれだけでは染まらず、染色の後には媒染液に浸す必要があります。

明るい色にしたいなら「ミョウバン」濃い色にするなら「鉄」に浸します。

草木染の素敵なところは本当に1つとして同じにはならないところ!色の風合いも濃さもみんなそれぞれ違うんです!

同じピンクでもこんなに違う。同じオレンジでも、青でも…ちがいますよね^^

Dsc06424

Dsc06408_2

完成~happy02早く使いたい!!

Dsc06436

次の日には工程を少し遡って、このストールのおおもと、シルクが生まれる養蚕の村へ。

なにがすごいって…すごい山道なんです。その為四駆で行きましたよ!

Dsc06469

いままでいた都会のカトマンズの町とは異なり絵に描いたような村。3時間ほど車を走らせて見えてきたものは…

Dsc06484

Dsc06510

村の人たちの大歓迎!!民族の舞に歓迎のおもてなし!日本人がくることなんてはじめての村。

こんな風に歓迎されたら嬉しくなっちゃいますよね。

村では養蚕の様子を見せていただきました。2015年4月に起こった震災では悲しいことに蚕を育てる建物が壊れ、多くの蚕が孵化し繭が作れなくなってしまったそうです。

13124654_10208409390648535_52796302

13131014_10208409389328502_49229594

でもそんなときもいち早く村に駆けつけ、私たちが繭をすべて買い、必ず商品につなげるから、めげずに蚕を育てて!と励ましたのは彼女モヒニさんでした。

13130970_10208409390088521_30438887

大切なことは日本人がお金を出して、家を建ててあげることではなく、自分たちの力でネパール人の力で立ちなおすこと。この言葉をきいて胸がジーンとしました。

実は現地ではボランティアをする予定だったのですがいましてほしいことはないといわれ、その活動はなしになりました。何かしたいからという日本人の気持ちだけでニーズがないのにやっても意味がないことですからね。

翌日の観光ではきれいな朝日を見たり、大自然の中ハイキングをしたり、そしてまだまだ震災の爪あとが大きくのこるバクタブルという町をみました。

P5043532

P5043593


P5043751

その中でネパールという国が来る前まで思っていたイメージとは違うに気がつきました。

もっと意地悪な人や、だまそうとする人が多いのかな…いやいやびっくりするくらいみんなまじめで勤勉。

適当に歩いても車に惹かれないでしょ?…意外と車優先の社会!

震災で悲しいムード?…そんなことないみんな明るい!電気がなかったら早く寝ればいい、そんな風に臨機応変。でもネパールの政府がちょっと対応が遅すぎる!もっとしっかりして!

女性はあまり前には出れずに家の中にいるのかな?…人権という点ではまだまだ女性の権利はしっかりしていないけれども、家計は私が守ると力強い女性ばかり。

恥ずかしがりやだけど、もっともっと自分たちの村のことや仕事のこと、震災でどうだったのか、今の気持ち、聞いてほしいし、インタビューしてくれたらいくらでも話しちゃう。

若いうちに結婚する人もいればそんなことない人も。モヒニやギタさんのように日本人でもなれないようなすご~い仕事についている有能な人もたくさん。

この旅でわかったこと。やっぱり行かなきゃわからないことが世界にはたくさんある。

そしてそれを知ったとき、これまで以上にその国が好きになる。

ものづくりもそう。何気なく手にしている服やかばん。きっとそのままだったら少し乱暴に扱ってしまうかもしれない。でも背景を知ったり、誰かが心をこめて作ってくれていることを知ったら今までの何倍も愛着がわく。

身近なことだけど気づかないことを気づかせてくれた素敵な旅でした。

ぜひ皆さんにもマザーハウスさんのストール、手にとって見てもらいたい。

きっと優しい気持ちになるはずです^^

大きな声ではまだ言えませんが…9月に実施予定!お楽しみに!

もっと世界を感じよう! >>HISスタディツアー               ■facebook: http://goo.gl/Ei1Yc                   ■twitter: https//twitter.com/intent/user?screen_name=his_vol_study           ■instagram: https://instagram.com/his.study/





こんにちは、みっつーですsun

本日は4/30~5/5までいっておりました

まゆから草木染めストールづくり
マザーハウス モノづくりで感じるネパールの大自然と暮らし6日間

の添乗レポートをしたいと思います。

突然ですが、皆さんは普段自身が愛用している服やカバンがどのように生まれて、誰の手で作られているか知っていますか?どの国で作られているかさえも知らずに使っていることがほとんどかと思います。私もそうです。

だったら見に行きましょう!誰がどんな風にどんな思いで作っているか知りに行きましょうよ!

ということで生まれたこのツアー。

タイトルにもある通りバッグメーカーであるマザーハウスさんと共同で実施をしているツアー。         「途上国から世界に通用するブランドをつくる」を理念にその国にあった素材、生産方法を最大限尊重したモノ作りを行っています。

そのマザーハウスさんの店舗で実際に販売されているシルクのストール。

今回はこのシルクのストールが生まれる故郷【ネパール】を訪ね、モノづくりの源流を辿りながら村の人との交流や染色体験をしてきました。

まずネパールってどこにあるの?

Neparu

インドのちょっと上にある、南アジアの国です。

2008年に王制廃止してからは共和制国家になりました。
世界最高峰の山、エベレストで有名ですね。

このツアーの参加者は総勢21名。スタッフと添乗員も入れて23名で出発しました。GWということもあり、やはり社会人が多いですね。まずは成田でパチリ。

Dsc05572

では早速ツアーでどんなことをしたのかご紹介をします。

1日目。いきなりですがヨガをしました。

近隣のインドからの影響もあり、ネパールの人にとってはとても身近な存在。

本場のヨガ体験にドキドキわくわくしながら会場へ行くと…思った以上にガチでした。しかも先生が2人も。これは期待が高い!(ちなみに私は体が驚くほど硬いです。)

まずは呼吸を整えます…

Dsc05664


Dsc05670

お、これぞヨガこんな姿勢も。みんながんばって!(写真をとっているということは…みっつーはリタイアです。)

Dsc05677

心も体もリフレッシュできて、ツアーのスタートにふさわしい幕開けでした!

続いてのスケジュールは明日以降のプログラムを実施する前にマザーハウスさんのオフィスでオリエンテーション。

もちろんほとんどの方がマザーハウスファンですが、「モノづくりそのものに興味があったから」「途上国ビジネスに興味があるから」という理由で参加した方も多く、改めてマザーハウスがネパールで行うストール作りについてお話を聞いてきました。

な、なんとそのオフィスにこのツアーでは登場の予定のなかった山口絵理子さんがhappy02!!

Dsc05718

山口さんとは株式会社マザーハウスの代表取締役兼チーフデザイナー。まさか世界中を飛び回ってとっても多忙な彼女に会えるとは誰も思っておらずうれしいサプライズ…。

参加動機やこれから楽しみなことを話し、明日からの本格的な活動を前にしっかり事前学習ができました。

ちなみにネパールのご飯って何だと思います!?

普通であればカレー、モモ(餃子のようなもの)などTHEなペール料理、リベット料理が永遠と出てくるのですが今回現地ですべてをアテンドしたHISのネパール支店、ボビー支店長は違いました。

Dsc05896

オーガニックサラダやお洒落な前菜もでてくるんです~!彼曰く、ボビーオリジナルでレストランに作らせたとのこと。このツアーだと『インド料理やネパール料理は苦手』というかたでも食事の心配なくすごせます!

Dsc05811

Dsc05906

そして2日目~。この日はメインのイベントが待っている重要な日。

午前中は手紡ぎ糸・手織りの工房を訪問しました。

入ってすぐ…うれしい歓迎~heart04ネパール式のお出迎えでしょうか。おでこに赤い粉(ビンディ)を塗り、ストールをかけていただきました。そしてきれいなお花も。

Dsc05935

Dsc05920

実はネパールでのモノづくりは1つの大きな工場で作っているのではなく、糸を紬ぐ、織るなどすべて別の会社(というよりも村のコミュニティ)で作っています。

コミュニティをまとめているのが下の写真の彼女。モヒニさんとギタさん。彼女たちは実はもともとは弁護士&国連スタッフという超ハイスペックな過去を持っています。

Dsc05930

弁護士としてカトマンズ市内で活躍する傍ら、ネパール国内の女性の地位向上を志し、地域のコミュニティーに女性の権利について啓蒙活動を行いました。

その後、2010年にCommunity Trade Linkを設立し、女性の自立のための収入確保の手段として、
ネパール国内での養蚕ならびに絹糸づくりに注力。現在マザーハウスとともにストールを作り続けてきました。

この日は実際に働く女性たちからも話を聞くことが出来ました。なんともみんな、素敵な笑顔なんです。本当に美しい。

Dsc05955

Dsc05994

普段こうやって人にお仕事を見せることはなく、これだけの日本人に会い、仕事場を見せるのは初めてだそうです。

またこのツアーのもう1つのテーマは震災後の人々の今を知ること。震災のときにどうだったか、今も困っていることはないか質問をしました。

率直な感想として…仕事への思いが素晴らしい。自分たちに出来ることはなにか、繭を生産すること、生糸を織ること。仕事をし続けたい、という思いをひしひしと感じました。

震災後にもう何もかもがなくなってしまった時も『仕事が必要になるときが必ず来る』とモヒニさんが生産を続けるためのサポートをし続けたからこそ、今があります。

実際に彼女たちのお仕事体験もしました。

繭を煮て糸を取り

Dsc06039

Dsc06063

織り

Dsc06141

フリンジを作ります

Dsc06018

どれも熟練の技が必要な難しい手仕事。。。彼女たちからストールは作られているのだなと実感しました。

一番印象的だったのは私たちが来てうれしいと笑顔でいっぱいだったこと。きっと私たちの訪問は彼女たちにとっても自分の仕事にさらに誇りを感じさせるいい機会になったとだと思います。

継続して今後も彼女たちに会いに行きたい。そう感じました。

2日目のメインイベントは…後半のレポートで~happy01

ではではまた明日!

もっと世界を感じよう! >>HISスタディツアー               ■facebook: http://goo.gl/Ei1Yc                   ■twitter: https//twitter.com/intent/user?screen_name=his_vol_study           ■instagram: https://instagram.com/his.study/

3/5~10の4泊6日で『カンボジア孤児院交流&アンコールワット6日間』ツアーに添乗してきました!
子ども達の明るい笑顔にたくさん触れて、子ども達からたくさんのパワーをもらった6日間の旅を、写真をメインに振り返ります。

【2日目】
前日ほとんどのメンバーが深夜1時過ぎにホテルチェックインにも関わらず、
朝5時にホテルロビー集合でアンコールワット朝日鑑賞へ。皆元気だ!

↓皆でアンコールワットポーズ♪
Photo_7

↓バイヨン寺院にて巨大な観世音菩薩像と共に
Photo_8

この日は気温37℃の中、他にもタプロムやアンコールワットをじっくり観光。
夜は伝統舞踊アプサラダンスのディナーショーを堪能し、その後観光客で賑わう
パブストリート&ナイトマーケット散策へ。
観光都市シェムリアップの魅力を思う存分楽しんだ1日でした!

【3日目】
前日の観光だけでは知ることができない、カンボジアの別の顔を見に行きます。
午前中は児童買春・児童労働問題の解決に取り組むNPO法人かものはしプロジェクトの
活動現場へ!

↓かものはしで働くスタッフが住む高床式住居の生活を視察

Photo_10

↓近所の井戸から汲んできた水で、これでお米を炊くと聞いた参加者からは驚きの声も。

Photo_11

↓ファクトリーで働くスタッフ。親に安定した仕事があることは、子供たちのためとなります。

Photo_12

↓地雷博物館にて、現在まで続く貧困の原因となった内戦について学びます。

Photo_13

↓孤児院を訪問して自己紹介。すぐに打ち解けて明日の交流が楽しみだ!

Photo_14

夕食を食べた後、今回のツアーに参加した理由を皆で共有。
誰もがしっかり自分の考えを持っており、ただただ感心しました。
一人一人が色々な想いを持っていて、だからこそ多くのメンバーが集まると面白い!

【4日目】
終日孤児院にて子ども達と交流。
前日遅くまでみんなで準備した出し物を披露して、子ども達も大喜び♪
がんばってよかった!

↓カンボジアの伝統舞踊を皆で踊る

4

↓昼食作りもお手伝い!

4_2

↓初めて見る巨大シャボン玉に大興奮!

4_3

↓前夜に練習した出し物に子ども達は皆大喜び!いい笑顔が溢れます♪

4_4

↓この旅の経験は一生の宝物です!

4_5

【5・6日目】
5日目は個人的に孤児院や保育園を訪問。
カンボジアにはまだまだ多くの孤児院があり、助けを必要としていると実感する一日でした。


↓タマイ保育園
Photo_6

親が働いている間、子ども達を預かってくれる保育園。
安心して預ける場所があることで親は働きに出ることができ、それが児童労働を
なくすことにもつながっています。

↓Mr.Ross's House
Rosss_house
自身も孤児だった園長が運営する孤児院で、周囲の村の子ども達を含め
夕方からフリースクールを開いています。
英語などを学ぶことで、就業への扉が開きます。

その後、夕方に参加者と再会して夕食。
一人一人に今回の旅を振り返ってもらい、その想いを共有しました。

「これから関わる人みーんなを笑顔にしたい!」
「子どもたちと一生 喜怒哀楽を共有し続ける!!」
「世界にいるいろんな人と友達になりたい」
「今の熱い気持ちを持って青年海外協力隊に応募する!」
「社会福祉士になって子供たちの役に立ちたい!」
「カンボジアで日本語と音楽を教える!!」

誰もが旅を通して様々なことを学び、未来への大きな糧となった6日間。
最高のメンバーと旅をできたことは、今まで一人旅ばかりしてきた自分にとっても
貴重な体験でした。
早くこのような旅をしてみたかった。。。

5多くの学びを得た旅も終わり、まだまだ帰りたくない気持ちを抑えながら飛行機に搭乗。
子ども達をはじめ、カンボジアの人々からたくさんのパワーをもらい、皆いい笑顔です。

さぁ!
日本に戻ったらまずは身近な人々にこの素敵な笑顔を届けよう!!


↓GW出発含む直近の出発はこちら↓
【4/30、5/3発 催行決定済み!】
カンボジア孤児院交流&アンコールワット5日間
79,800円~209,000円

もっと世界を感じよう!
>>HISスタディツアー

■facebook: http://goo.gl/Ei1Yc 
■twitter: https//twitter.com/intent/user?screen_name=his_vol_study
■instagram: https://instagram.com/his.study/



HISボランティア・スタディツアーデスク

2020.12
loading...
WORLD情報局