こんにちは、ノダメです。

小さい時に読んだ絵本って、大人になっても良く覚えていてふとした時に思い出したりしませんか?

少し落ち込んだ時、一人になった時、絵本には心にそっと優しく寄り添う力があるんじゃないかなと思ったり。

我が家では寝る前が子どもへの絵本を読み聞かせタイム。
毎晩キラキラした目で本を見つめてとっても真剣。特に好きな本は、何度も読んでとせがみます。
そんな姿を見ていると、子どもたちにとっての絵本って、別の世界へ行ったり、別の人になることが出来る「魔法の扉」のような特別なものなんだなぁと改めて感じます。



あなたのとっておきの一冊は何ですか?

とっておきの一冊を砂漠に住む子どもたちへ届ける旅にでかけませんか?



モロッコの子どもたちに絵本を届ける9日間 

http://eco.his-j.com/volunteer/tour/TF-CAS0001



届ける先はサハラ砂漠。

Dd355284b8b68dff478f598f4d554f79_s

砂漠地帯の農村に住む子どもたちは絵本に触れることがほとんどありません。そんな子どもたちが通う小学校へ訪問し、絵本をプレゼントします。

Kodomo

日本語の絵本で大丈夫。H.I.S.で事前にアラビア語に翻訳します。

あなたのとっておきの1冊を届けて、読んであげたり、一緒に遊んだりして交流しましょう。



そして、砂漠地帯の村に住む日本人を訪ねます。彼女の案内でモロッコの一般家庭を訪問し一緒にティータイム。どんな暮らしをしているのか、モロッコでの暮らしのこと、文化のことを聞いてみましょう。

Minka

更にモロッコの魅力を存分に体感して頂きたいから

世界遺産の迷路の様な街を散策したり

Meiro

リヤド(モロッコ式邸宅を改装した宿)に泊まったり

Sany0108_2

岩の住居(アイト・ベン・ハッドゥ)を訪ねたり

Aito

砂漠の中のテントに泊まったり

Tent

らくだに乗って朝日を見に行ったり

Asahi

モロッコを旅して、サハラ砂漠の旅人になろう。




モロッコの子どもたちに絵本を届ける9日間 

http://eco.his-j.com/volunteer/tour/TF-CAS0001




もっと世界を感じよう!

>>HISスタディツアー

■facebook: http://goo.gl/Ei1Yc 

■twitter: https//twitter.com/intent/user?screen_name=his_vol_study

■instagram: https://instagram.com/his.study/

こんにちは、ノダメです。

もうすっかり、初夏の雰囲気ですね~

夏休みの過ごし方はもうお決まりですか?私はまだ迷ってます・・・

まだこれからという方に、緑あふれるイタリアのとっておきの場所をご紹介します♪

_dsc2430

フィレンツェから車で30分ほどにある、こんな素敵な感じのカントリーサイドにあるアグリツーリズモ『ヴィッラ レ モナケ』

Main

かわいいらしい外観ですよね♪ 

アグリツーリズモとは、農場を持つ宿のこと。採れたて野菜で作った食事や、農業体験なども出来て暮らすようにのんびり過ごせるので、ヨーロッパの都市の人々のバカンスにとても人気の宿泊施設です。

一言にアグリツーリズモと言っても、農家さんがやっているアットホームなものから、別荘のような豪華なものまで様々あります。

そして、この『ヴィッラ レ モナケ』は200年以上前に建てられた修道院をフルリノベーションして作られたアグリツーリズモ。

Camera2

中はこんなにキレイで使いやすくなっています。6部屋ある室内はそれぞれ異なる内装です。

そして12ヘクタールもの広大な敷地には、オーガニックの野菜、オリーブ、たくさんの果物が育っています。散策を楽しんだり、収穫体験をすることもできますよ。

Photo_5_7

Olive2_4オリーブの収穫体験

Img_00623_yoko

そして、プールも♪

一日中のんびり過ごして、夜はフィレンツェに足を伸ばしたり。近くのワイナリーやチーズ工房を訪ねたり。まるで自分の別荘にいるかのようにのんびりとした休日が過ごせます。

Winarytour3

そして、ここならでは、他には無い施設が。

それは、料理アカデミー

_dsc4104

こんな、最新のキッチン設備を装備したヴィッラなんです。

それはオーナーでもあるイタリア料理シェフ カルミネ・コッツェリーノ氏のこだわり。

料理アカデミーでは講師としてカルミネ氏が直々にお料理を教えてくれます♪

Photo_17日本でもTV番組や料理学校で先生もされていた方!

日本でイタリアンレストランを経営し、長く日本に滞在していたカルミネ氏は日本語が堪能&日本人の好みを知り尽くしています。

そんなシェフが日本語で、実践的なイタリア料理を教えてくれます。

Image012教わった後は一緒にランチ♪

カルミネ氏は勿論、日本人スタッフもいるので、言葉の面での心配はいりません。地元の人しか来ない美味しいレストランや、おススメのお店、観光スポットなどの相談も出来るから、がらイタリア旅行をローカル目線で楽しめますよ。

カルミネさんの別荘に遊びに来たような、そんなホッとするひと時をこの夏過ごしてみませんか。




▼カルミネさんのヴィラに滞在する旅はこちら

自然の恵みを五感で愉しむ料理アカデミー 
プロが伝えるイタリアの食文化をまなぶフィレンツェ7日間

(内容、訪問都市のアレンジも承ります。お気軽にご相談ください)




▼今月末、カルミネ氏が来日!トスカーナの魅力について語っていただきます!

[旅カレッジ]スローフードとイタリア・トスカーナへの旅

ワンドリンク、スイーツ付

日時:5/29(日)15:30-17:00
定員:50名様
料金:1,000円

イベントの参加申込みはこちら(事前予約制)
http://ptix.co/1U9zNwg



▼更に、29日夕方よりカルミネ氏を囲むディナーも!(先着20名様)

イタリアのことや食のこと、ディナーを頂きながらゆったりとおしゃべりをお楽しみください 
費用:5,000円(税込み お支払いは会場にて) (ドリンクフリー、フルコース)
時間:18:00~20:00
定員:20名

※イベント予約と合わせてお申し込み頂けます。




こちらのイベントもおススメ!

▼6/11(土)エシカルトラベルフェア2016 

~衣食住からかんがえる、あたらしい旅のかたち~



旅カレッジhttp://peatix.com/group/32851
 
旅にでよう >>HISスタディツアー

■facebook: http://goo.gl/Ei1Yc 
■twitter: https//twitter.com/intent/user?screen_name=his_vol_study
■instagram: https://instagram.com/his.study/

国と国がプライドを賭けて白熱した試合を繰り広げるサッカー。
ワールドカップを見て知る国やお国柄も多いはず。

718ceffa6ba0a31880a95599ac345ea1_s

 
中南米のHOTな国ではかつて、
サッカーの試合が発端で国交断絶や紛争に発展した国もある
のだそう。 。。

 
そんな中、サッカーで民族紛争の壁を越えて
仲良く平和な世界を築こうという
活動を行う人がいます。

 

舞台はボスニアヘルツェゴビナ。。。
 
なんだか長い名前のこの国、
 
どこにあるかご存じですか?

20160405_234118 

バルカン半島北西部に位置する「アドリア海の真珠」とも言われる、中世建築が立ち並ぶ美しい国。
Fc7abc59b878704d2759b7d21e2884b8_s 
 
オスマン帝国の国境地として栄えた、モスタル旧市街は世界遺産にも登録されています。

Photo_8

 
 

そんな歴史的な地では、つい20年前まで、
旧ユーゴスラビアからの独立を巡り、民族紛争が繰り広げられていました。

 

 
家族や友人、大切な人々の命を
奪った人たちを憎み、
奪ってしまった罪悪感、
癒えることのない気持ちをそれぞれ抱えたまま、
今も異なる民族が同じ国で暮らしています。

 
 

そ、こ、で、
1人の日本人が立ち上がりました。
 
NGOサラエヴォ・フットボール・プロジェクト(SFP)代表 森田 太郎氏
 
民族を混合したサッカーチームを作って、
一緒に汗を流し、チームとしての交流を持てば
きっとお互いを理解し合えるはず!

 

そんな彼と一緒にボスニアに行き平和を学ぶツアーがあります。
 

ボールが繋ぐ友達の輪 シリーズ第一弾
~サッカーを通じて平和教育を学ぶ~
「過去」を知り、「未来」を考える
ボスニア・ヘルツェゴビナ・クロアチア8日間

 

12809972_10208977084688255_79020701 

彼らが育てた民族混合チームとの交流を通じて、
サッカーは世界を平和にできるのか?!
その答えを見つけに行く旅。

 
この活動を指揮する森田氏との旅は、
これから自分で何か始めたい人、
スポーツを通じて世界を平和にしたい人にとって
きっと大きな刺激となり得るものが多くあると思います。

 
 
世界遺産の町並みが美しいボスニア・ヘルツェゴビナ。
あのオシム監督の故郷でもあるボスニア・ヘルツェゴビナ。
世界3大料理、トルコ料理に近い食事が味わえるボスニア・ヘルツェゴビナ。
(もう覚えられたかな?)

 

 
興味を持った方に朗報です。
4月28日までのお申込は旅行代金20,000円引き!!
観光も充実です。

 
さぁ、ボスニア・ヘルツェゴビナにLet's Goビナbleah
 
 
 
詳細はこちら http://eco.his-j.com/volunteer/tour/TF-BHI-SSJ-SOCCER
 



HISボランティア・スタディツアーデスク

2020.12
loading...
WORLD情報局