カンボジア添乗記も第4弾となり、今回で最終回となります

今回最後にご紹介するのは、孤児院での交流についてです。

ツアーに参加する人の多くが孤児院での交流が目当てで参加してきているのかもしれません。

よく参加者から英語が喋れないですが、大丈夫ですか?との質問があります。

もちろん子ども達の中には、英語が喋れる子もいるので、しゃべることができたほうが、交流をしやすいのは間違いないです。ただ、ガイドさんもついておりますので、聞きたいことがあれば、通訳をしてくれるので、そこはあまり心配はいりません。

子ども達との交流を楽しむ気持ちが何よりも大切なものです

このツアーでは、孤児院に、1日半滞在します。

まず半日の滞在するのですが、

まずはカンボジア語での自己紹介から始まります!

カンボジア語つまりは、クメール語で自己紹介をしてもらいます。

”チョムリアップスオ(こんにちは~)”

"クチョム・チモ・〇〇(私の名前は〇〇です)"

こんな感じの簡単な自己紹介です

うまく言えるか心配の人もいるかと思いますが、安心してください

孤児院に着くまでの、バスの中で練習する時間があります

着いてからは、子ども達が生活している孤児院の中を案内してもらい、

子ども達と自由に行動となります。

自由⁉

と言われると少し困る人も多いかと思います。

交流のために、おもちゃや遊べるものを持参頂くのがお薦めです。

子ども達は、中高生の女の子が多いのですが、活発な子も多いので

ボールなんかでも遊べますし、折り紙風船などが鉄板ではあります。

3_2

マニキュアなど持ってきている人もいました。

100円ショップなどで売っているおもちゃで構いませんので、持っていくと交流がしやすいです。

持ってこなくても、指スマや指相撲、押し相撲などで交流していました。

Photo_6

1日目は、2時間くらい交流してお別れです。

2日目は終日交流です

午前中は、子ども達がカンボジアの伝統衣装に着替えさせてくれ、カンボジアの伝統舞踊を教えてくれます。

2_2

アプサラダンスというカンボジアに古くから伝わる宮廷舞踊を教えてくれます

その自由行動を少し挟んで、昼食を食べた後には、

日本語や日本文化を教えるプログラムです

午前中にカンボジアの伝統舞踊を教えてもらったので、今後は、こちらから日本文化を教えます。

今回は、伝言ゲームを行いました。

”さくら”、”ポケモン””、”サムライ”など日本文化の単語を伝言ゲームをして、正しく伝えることができるか。そしてその後にその言葉について説明をしました。

Photo_7

そんな交流するとあっという間に時間が、

ボランティア証明書をもらって、みんなで記念写真してお別れです。

Photo_8

参加者からは、

「孤児院ということで暗い子が多いと思っていたけど、みんな明るくて、想像していたのと実際に見るのは違う。」

「夢をしっかり持っていてすごい」

など、行く前に想像してものとのギャップを感じるようです。

今回同行して、参加者の様子を見ると、

想像と現実とのギャップに驚いていたようです。

カンボジアという国、住んでいる家、孤児院での生活、町の様子など。

インターネットである程度は情報がそろう昨今ですが、やはり自分の目でみて感じることに勝るものはないと感じます。

きっとそこで感じたものは、自分の将来に何かを選択するときに判断材料となるきっかけになるに違いありません。

カンボジアツアーは、5日間と6日間で現在も募集中!

年末、春休み出発は、添乗員同行日の設定もございます。

自分の目で世界を見に行きませんか?

カンボジア孤児院交流&アンコールワット 5日間

https://is.gd/9hk835

カンボジア孤児院交流&アンコールワット 6日間

https://is.gd/UeMxRA

不安を解消!出発への背中を後押し説明会を実施します。

\ スタディツアー説明会 /

10/28 (金) 10:00 - 11:30
HISサイト:https://is.gd/i2DW8R

カンボジア添乗記も第3弾となりました!!

今回のお伝えするのは、スタディツアーで訪れた場所をご紹介!!

私たちが訪れたのは、観光だけでは、知ることのできないカンボジアを見に。

NPO法人 SALASUSU

NPO法人 SALASUSUは、カンボジア発のファッションブランドを展開しながら、近隣に住む女性たちの雇用を生み出し、教育サポートを行っています。

2018年4月に、児童買春、児童労働問題の解決に取り組むNPO法人かものはしプロジェクトより、カンボジア事業部が独立を致しました。

工房では、経済的に困難な背景を持ち、教育の機会に恵まれなかった彼女たちにモノづくりを通じての学ぶ場を提供してます。

今回の訪問では、まずシェムリアップ郊外にある工房を訪ねました。

Photo

SALASUSUでは、バッグやサンダル、ポーチなど様々な製品を作っております。

作った製品には、作った方のスタンプが押されており、作り手の存在を感じられます。

Photo_2

印象的だったのは、働いている女性たちの顔です。

ミシンを使って製品を丁寧に縫い合わせたり、真剣な表情で作業をしていました。

そして、何より活き活きと誇らしげに仕事をしています。

Img2558_2

普段買ったものは、なかなか作り手を想像することができませんが、

作り手を身近に感じることができ、買ったものが特別なものになりました。

一通り、工房を見学させて頂いた後は、

農村での生活を知るために、そこで働いている女性の自宅へ🏠

カンボジアでは、よく見られる高床式の自宅でした。

お風呂場は特になく井戸水を使って体を洗うことや、雨水を生活用水として利用するなど、日本とは当たり前ですが、違う環境に参加者も驚いていました。

3salasusu

参加者からカンボジアのある分野の教育についての質問がありました。

その子は、その分野を学んでおり、貧困地域での教育に興味があったようです。

話を聞くと、学校では、その分野のことを学んだことはなく、自分の母親から教えてもらったとのことです。

カンボジアの貧困の要因にもなっているポルポト時代での大量虐殺により、多くの知識人が殺されてしまい発展が遅れたと言われて要ります。

母親からの教えも、少し曖昧なところがあり、そういった部分でも教育が行き届いてないことを感じました。

他には、SALASUSUに働く前の仕事のことや普段の生活のことなど、異国での生活を垣間見れます。

SALASUSUでは、いろいろな背景を持って、働いている女性たちがいます。

中には、参加者と年齢がそう変わらない女性も

同世代の異国の人が何を感じ、どんな生活をしているか、

それはもしかしたら将来を考える上で、何かのきっかけになるかもしれません

 

次回はいよいよ子ども達との交流の様子を~

前回に続いてカンボジアの添乗記をお届け!

約1年前の2021年11月15日に、ワクチン接種証明書提示で入国後の隔離が不要となりました。

アライバルビザも発給も2022年3月17日より再開され、当時、PCR検査が必須であった国も多く、外国人の入国に対して早めに渡航を再開させている印象を持ちました。

今も同様に、ワクチン接種証明書とビザがあれば入国ができる国となっております。

今回訪れたカンボジア都市 シェムリアップ

世界遺産アンコールワットがあり、観光業がメインの産業となります。

新型コロナウイルスにより観光客が減ったため、かなりのダメージがあったことようです。

今回の渡航でやはり気になっていたのは、町の様子です。

お店なども運営が難しくなって、夜でも該当なども少ないのでは…?とは想像しておりました。

シェムリアップの中心部は、

【パブストリート】と呼ばれる一角です。

100㎡くらいの一角にレストランが密集してます。

パブストリートに夕食に行きましたが、相変わらず賑わってました。

20202_7

(2020年2月のパブストリート)

20228_3

2022年8月のパブストリート

パブストリートには、クラブのように音楽が鳴り響くお店もあり、

夜遅くまで、その音は続いていました。

このパブストリートですが、昼と夜では、まったく別でした。

Photo_5(パブストリート昼間)

夜は歩行者天国で、車などの乗り入れは制限されますが、

昼間は車が通り、人も疎らで、やっているレストランも数軒でした。

そして、観光客がよくお土産を買うのが、【ナイトマーケット】です。

ここは、かなりコロナの影響を感じました。

シェムリアップには、ナイトマーケットが3か所ほどありましたが、

今はほとんど閉まっているそうです。

試しに1か所行ってみましたが、路面店が数軒開いてるだけで、

奥は暗くなってました。

そのうちまた活気を取り戻すのを願うのみですが、

それまでは、【オールドマーケット】での買い物がお薦めです。

夜遅くは締まるお店も多いですが、18時くらいまでなら、お土産を買うのに不自由はしないと思います。

Img2648_3Photo_9

オールドマーケットは、カンボジアの現地で暮らす人の台所にもなっており、野菜やお肉など普段の生活の様子も垣間見れます👀

コロナ禍で、カンボジアの道路や歩道も一新されました。

歩道には、点字ブロックが置かれるようになりましたが、点字の上の商品が出ていたりとまだまだ制度してはこれからと感じます。

個人的にお薦めなお土産は・・・!!

「胡椒」

粒胡椒から風味を感じ、辛さを力強く感じます!

1970年代には、カンボジアの胡椒は世界一おいしいと言われていたようです。

今でもカンボジアの南部のカンポット州で作られているカンポット胡椒はとても有名です。

Photo_10



旅の記念にお薦めです!!

閉まっているお店もありますが、食事や買い物には、まず問題ないと言っていいと思います!!

次回は、ツアーで訪れた場所をご紹介!

お楽しみに~



HISボランティア・スタディツアーデスク

2022.10
loading...
カリブブログ一覧