観光 2017.06.22

ナマステ~happy01

デリーですが、朝方に雨が降る日が続いており、雨季が始りそうな予感ですrain

今回のブログですが、先日バダミ・ハンピに行ってきましたので、

3回に分けてご紹介させて頂きます。sun

1回目の本日は、

バダミ・ハンピへの玄関口であるバンガロールのご案内です。

先ず、バンガロールですが、人口約850万人のインド第3の都市です。

南インドに位置し、デリーから飛行機で2.5~3時間程です。

Screenhunter_472_jun_22_1721

今回バンガロールでは時間の関係もあり、2箇所訪問しましたdashdash

その一つが、ティプー・スルターン宮殿sign01

Screenhunter_471_jun_22_1719

マイソール王国統治時代の18世紀に建てられた、木造の宮殿です。

Screenhunter_477_jun_22_1729_2

宮殿自体はそれ程大きくはないですが、綺麗な宮殿でした。

宮殿の直ぐ横にはヒンズー経の建物があります。typhoon

Screenhunter_478_jun_22_1731

その次に訪れたのが、こちら、ブル寺院sign03

大きな牛の神様いるお寺でした。。

Screenhunter_479_jun_22_1735

Screenhunter_480_jun_22_1735

あっけに取られて、牛の神様の写真ばかり撮ってました。。sad

こちらの寺院は土足厳禁ですので、靴・靴下を脱ぐ必要があります。eye

そして、日本人のお客様に人気のホテルも見学してきました。

その名も、、『チャンセリーホテル』

日本人出張者も多く宿泊し、日本食レストランもありますnote

こちらは通常のお部屋

Screenhunter_483_jun_22_1742

そして日本人に人気な、プレミアルームhappy01

Screenhunter_488_jun_22_1745

なんとウォシュレットもあって、お風呂も綺麗です。

Screenhunter_489_jun_22_1746日本人に人気なのも頷ける内容でしたgood

チャンセリーホテルのご予約はこちらから。。

  ↓     ↓

http://hotels.his-j.com/HotelPlan/BLR00227.aspx?adult=2&children=0&age_of_child=&check_in=2017_07_12&stay_cnt=1&room_cnt=1

以上、バンガロールのご紹介でした。

次回は、バダミの御案内ですpaper

インドに関するお問い合わせは、こちらまで

   ↓      ↓

info@his-india.co.in

デリー支店一同

観光 2017.06.03

ナマステ~

もう、夏真っ只中のインドにも、人気避暑地がございます。インド北部の、山岳地帯Shimlaです。日本人の苗字“志村”と発音が同じです。

Img_4711

デリーの気温が38~42,3度のときに、Shimlaは大体20~30度!! 標高は約2500m、雲が同じ目線のレベル!!

Img_4727

インド人の観光客もとっても多いです。こちらは町の中心にある広場です。

Img_4696

Img_4713

山間に町が立ち並んでいて、屋根がとてもカラフルなのは散策していて楽しいポイントです。

Img_4719

夕暮れは、またまた別の味があります。

Img_4732

アクティビティ自体はあまりないのですが、(このときは、広場でマジックショーと移動本屋さんがありました)、町中をブラブラ歩くだけでも、かなりリフレッシュ気分になりました。周りのインド人たちも、ひたすらのんびりしていました。

デリー支店一同

2017.05.25

ナマステ!

ランチを利用して、グルドワラへ行ってきました!(いや~しかし、暑いッhappy02

Img_1787

Img_1789

グルドワラとは、インドを代表する宗教の一つである「シク教」のお寺の一つです。

※シク教の人は、ターバンを巻いているのが特徴ですねeye

シク教の人だけでなく、その他宗教の人々もグルドワラに訪れ、お祈りを捧げます。

グルドワラに入る前には、手と足を洗い、かつ、ターバンを巻いていない方は、バンダナを無料で借りられるので、それを頭に巻く必要があります。confident

Img_1801

Img_1804

Img_1808

Img_1811

いざ、お寺内へ!!good

Img_1807

 お寺内はエアコンがきいており、涼しく過ごせます。

シク教の方がお経を唱えたり、歌を歌っている間、人々は祈りを捧げます。

黄金の装飾に目を奪われます。

Img_1819

Img_1823

外には、広々とした池があり、人々は沐浴を楽しむこともあります。

Img_1826

次に、無料で提供されるご飯について。

順番で館内に案内され、ところ狭しと並び、ご飯をいただきます。
※通常、カレー2種類、パティ(ナンのようなもの)、ライスが提供されます。

Img_1835

Img_1844

Img_1849_3

これら、ご飯の調理、配膳、食器洗いなど全て、ボランティアの方が行っております。

外国の方も安全に訪れることができ、インドの貴重な習慣を体験できる場所のひとつです!!

ぜひ、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

(お近くのHISオフィスにもお立つより下さいませ!)

インドに関するお問い合わせは、、 

    ↓    ↓

HISデリー支店まで : info@his-india.co.in 

H.I.S. デリー支店

2017.06
loading...
WORLD情報局