5月の下旬に、デスバレー国立公園に行ってきました。

Cimg3401

デスバレー国立公園には、ノースアメリカで一番低い場所、海抜下86メートル地点があります。ここでは、地上で海抜0メートル以下の世界を観ることができます。

今回は、そんな海抜下86メートルの「デスバレー国立公園」をご紹介します。

Cimg4016

 さて、ラスベガスからデスバレー国立公園までは、車で約2時間30分~3時間の場所にあります。ネバダ州とカリフォルニア州のちょうど州境です。

Capture(Google Mapより)

rvcar。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。rvcardash

朝の7時頃にラスベガスのホテルを出発。

途中、パーランプという街にあるコンビニエンスストアー「MAVERICK」で、休憩をとりました。こちらでは、飲み物やスナック等の軽食を購入することが出来ますので、大きなボトルのお水やスポーツドリンクをご購入されますことをお勧めします!

Cimg3372

休憩が終わると、更に車を走らせ、パーランプ郊外にあるゴーストタウンに立ち寄りました。ここでは、昔は採掘が行われていたそうです。

Cimg3385

さらに車を進めること約1時間30分。デスバレーの看板が見えてきました。デスバレーには、グランドキャニオン国立公園のように「エントランス」と呼ばれる入り口のゲートはないようですので、この看板が見えたらデスバレー国立公園です。

旅の思い出に、まずは記念写真。

Resize

それから、ダンデスビューポイントへ向かいました。このポイントは、標高が約3370メートルある山頂の展望台です。ここからは、デスバレーの海抜下86メートルの地上が下に見えています。写真を見ると、白く見えているところは、塩!!。海抜0メートル以下では、塩が吹き上がっています。

Cimg3443

素晴らしい景色です。日本では、見ることができないような光景です。

Cimg3451

 実は、デスバレーは、1913年に地球上で一番暑い気温「56.7℃」を記録した場所でもあります。その為、ここではこのような環境でも耐えられるようにと、車の耐久テストが頻繁に行われているそうです。

 さて、次に訪れた場所は、ザブリスキーポイント。

Cimg3502

大地の変動により隆起や侵食を繰り返して、地層が何層にも重なり合い、このような大自然を作り上げたのでしょうか。素晴らしい景色です。

Cimg3492

 ザブリスキーポイントを後に、次は海抜0メートルのところで記念写真を取りました。海岸以外では、海抜0メートル以下に行く機会がありませんので、不思議な感覚です。海抜が下がるにつれて、気温がぐんぐん上がってきます。

Cimg3535

 そしてファーナースクリークランチへ立ち寄りました。こちらには、小さなお店があり、お土産や軽食等を購入することができます。レストランでは、バーやお昼のブッフェが行われていました。

Cimg3548

 ファーナースクリークは、地下からの湧き水がある為に、このエリアだけは緑の木々で覆われておりました。砂漠の中のオアシスとはこのことなんでしょうね。

Cimg3556

Cimg3545

 その後、ビジターセンターへ移動しました。この日は、5月の下旬でしたが、気温はすでに約38℃(100°F)!暑いです。アメリカでは、気温の数字が3ケタになると、トリプルデジットと言って、夏本番で暑くなりますよー!と、暑さの1つの目安になっています。

Cimg3563

Cimg3572

 さて、ビジターセンターの中へ入ってみました。館内は冷房が効いており、まさにこちらも砂漠の中のオアシスです。ここは、デスバレーの気温、地層、歴史等の展示がありました。

Cimg3565

 最後は、ノースアメリカで一番低い場所、海抜下86メートルがあるポイント「バットウォーター」へ車を走らせます。

Cimg3593

こちらが、海抜下86メートルの世界です。

Cimg3577

Cimg3604

この場所で、海抜下86メートル地点に立っているという実感はないのですが、向かいの山をみると、←の部分海抜0メートル(sea level)のサインがありましたので、それを見るとかなり深い所まで来ているのが分かります!

Badwatercimg3629

ここでは、足元をみるとこのように塩が一面に広がっています!凄いです。

Cimg3627

 又、ふと脇へ目をやると、自然保護の観点で、塩を掘ったり持って帰ったりすることは固く禁止されております、違反した場合は、$5000(約50万円)の罰金の支払いが課せられますよという看板がありました。前回の旅ブロでも、お願いがありましたように、この塩を持って帰ったり、穴を掘ったり、文字を書いたり等絶対にしないようお願いします。

Cimg3594

 バットウォーターのこのポイントは、海抜下86メールということもあり、デスバレーでは、一番の暑さになっているそうです。

Cimg4017

 上の写真は、デスバレーの気温の目安ですが、この時期にデスバレーへ行かれる方は、水、帽子、塩分が入ったスポーツドリンク等を必ずご持参下さい。

Cimg4021

 最後になりますが、今日(6月20日現在)のラスベガスは、記録的な暑さです!!今朝のニュースでは、「Hottest Temperature on Record」と、記録的な暑さを更新していました。

Cimg3997

今のラスベガスの気温は、45℃。気になるデスバレーの気温は、50℃!!!暑い。

sun  sun  sun  sun  sun  sun  sun  sun  sun  sun  

ラスベガスやデスバレーは、気温が高く大変乾燥しています。その為、汗をかき難く、気がつかない間に熱中症を起こしてしまうこともあるようです。

外出される際は、必ずお水をご持参頂き、こまめな水分補給を心掛けて下さい。

最後になりますが、H.I.S.ラスベガス支店では、デスバレー公園へ行くツアーをほぼ毎日催行しております。この夏デスバレーに行ってみたい方は、以下のウェブサイトからお申込み下さい。

デスバレー国立公園ツアー

Cimg3665

旅の参考までに

HN-CHAN

=================================

24時間オンライン予約可能!
アメリカ、カナダ、メキシコ主要都市お得なオプショナルツアー情報はコチラから

 
24時間オンライン予約可能!
現地初の周遊ツアーやホテルパックプラン等お得なランドパッケージツアー情報はコチラから

 
基本情報、気候、レストラン等の詳細はコチラから

 

今週の4月24日から27日まで、ラスベガスでは世界最大規模のコンベンション「NAB SHOW」が開催されました!

Cimg3125

NABとは、National Association of Broadcastersです。テレビやラジオ、オビデオ、オーディオ、オンライン等の放送関係者や映像・音響・照明・画像に関わる方々が、世界中から一同に集まる展示会です。

Cimg3126

今年は、160カ国以上から約10万人以上ものお客様が、コンベンションの会場であるLAS VEGAS CONVENTION CENTER(LLCV)へ集まりました。

Cimg3132

さて、まずはコンベンションの入場に必要な、バッジをピックアップ。

Cimg3144

Cimg3206_1_7

そして、いよいよ会場の中へ。

今年の展示は、1800以上もの企業がブースを出されており、とっても大きな会場に所狭しとブースが並んでいます。1日では、到底回りきれない程の数です。

Cimg3202

Cimg3198

メイン会場から各ブースを見ていきました。アメリカでは、馴染みのある会社がたくさん出店しています。

Cimg3190

Cimg3186_2

日本の企業も多数出店されていらっしゃいました。

Cimg3183

Cimg3176_2

会場内では、テレビやラジオのライブ中継が行われており、放送業界のほんの一部が垣間見れたような一時でした。

Cimg3160

Cimg3164

別の場所では、画像のデモンストレーションや体験が行われていました。とっても興味深いコンベンションです。

Cimg3155

Cimg3197

今回は、どこの会場へ行っても、以下の写真のようなメガネ?を掛けた人々が集まっているブースがありました。こちらのブースでは、スマホを利用したバーチャルゲールを行っているようで、皆さん夢中になってゲームをしているようでした。

Cimg3142

これを装着すると、異次元の体験が出来るのでしょうか。とっても気になります。

Cimg3154

又、スポーツ用のカメラで有名なGO PROのブースの前には、沢山の人だかりが出来ていました。

Cimg3167少し覗いてみると、最新のドローンのプレゼンテーションが行われていました。

Cimg3172素人ながらも、最近のこのドローンの画像技術は素晴らしいと思いました。アメリカで有名なYOU TUBERのビデオにも、度々このドローンが登場するのですが、画像が鮮明で全く揺れない。視聴者は、画面を見て酔わないです。

Cimg3148

どちらの会社も、最新のテクノロジーを駆使した商品を展示しています。

Cimg3153

コンベンションが終わると、シャトルバスでホテルへ戻りました。この期間は、ラスベガス中のバス会社が、この日の為にバスを運行します。

Cimg3135最後になりますが、ラスベガスは、MICE(Meetings, incentives, conferencing, exhibitions)の街とも言われており、ラスベガスのストリップ通り沿いにある1つのホテルだけでも数千室を備えておりますので、カジノだけでなくて、このような世界規模のコンベンションにも十分に対応ができるのです。

Cimg3122

ラスベガスでは、毎日どこかでコンベンションが行われておりますので、通訳・車両・オプショナルツアー等のご手配が必要でしたら、H.I.S.ラスベガス支店にお問い合わせ下さい。

視察・研修ツアー
https://tour.his-usa.com/city/las/detail.php?tid=1134

旅の参考までに。

HN-CHAN

=================================

24時間オンライン予約可能!
アメリカ、カナダ、メキシコ主要都市お得なオプショナルツアー情報はコチラから

 
24時間オンライン予約可能!
現地初の周遊ツアーやホテルパックプラン等お得なランドパッケージツアー情報はコチラから

 
基本情報、気候、レストラン等の詳細はコチラから

 

グルメ ニュース 2017.02.15

昨日は2月14日、バレンタインデーでした。
アメリカでは男性から女性へプレゼントを送るのが習慣。
この日はこぞって、あちこちでバラの花束が売れる時です。

S2016021310さて、そんなバレンタインデーに発表された、珍ニュース。
東京にも上陸した、お手軽にメキシカンのファーストフードが食べられるTaco Bell。
ストリップには、ミラクルマイルモールの近くにありますが、なんとそこで、ウェディングパッケージを販売するとのこと!

S2016111301(写真は、たまたま去年のラスベガスマラソンの際、オープニングセレモニーで、奇妙なホットソースの着ぐるみがいたので撮影)

なんと、お値段は1組につき$600
含まれているものは・・・
●ヘアバンド
●蝶ネクタイ
●ホットソースでできたブーケ
●「結婚しました」と書かれたTシャツ
●メニューのひとつでもあるシナボン(シナモン味のドーナツ)ケーキ
●タコス12個入りパック
●挙式代
ホットソースのブーケ・・・とっても微妙です。写真はこちらのWEBページからどうぞ。


開始するのは今年の夏からだそうです。
今、タコベルのホームページでは、もれなくこの結婚式第一号になるカップル1組を無料でご招待&募集中!
タコベルに関するラブ写真または30秒のビデオを、インスタグラムかツイッターでアップするだけだそうです。(#LoveAndTacosContest)
詳細はこちらから。

と、タコベルの宣伝みたいになりましたが・・・。
なかなか斬新なアイデア。
タコベルが大好きなカップルは是非タコベルで結婚式をしてみたい!と思うんでしょうね。


さて、今期間限定で販売しているこちらの商品。

S20170126_193458その名もNaked Chicken、ハダカの鶏、ということで、通常のタコスですと小麦粉やコーン粉でできたシェルの中に具が入っていますが、このシェルがチキンになっているという代物。

S20170126_194548なかなかいいアイデアですね。
でもシェルがすでにお肉なので、中身は野菜だけでちょっと寂しいですが・・・。

ラスベガスの最新ニュースでした!

BY AK

H.I.S. ラスベガス支店

いいね!ラスベガス
2017.12
loading...
WORLD情報局