現地情報 自然 2018.02.13

昨日カイロは雨が降りました。

Img_4467

雨が降ると大変です。

ただの水だったらいいのですが、砂が多いため雨水は泥水と化します。歩行中は、泥ハネ注意です。

車のワイパーはあっても動かないものや、ワイパー自体ないおんぼろ車もあるので、雨が降ると視界が悪く、事故、そして渋滞。

1年に数回しか雨の日はないですが、毎年雨が降るとこんな感じです。

エジプトの雨には注意です。

にほんブログ村 エジプト情報

自然 2017.05.12

カイロからこんにちは!!!

アフリカ大陸を6,000km超に渡って縦断しているナイル川は、太古より人の暮らしに寄り添ってゆらりゆらりと流れ続けています。

P1000556

しかし、このナイル川ですが治水技術が施されるようになったのは近年の事で、古代の時代などにはしょっちゅう氾濫しておりました。

日本での昔の治水技術として「信玄提」などが有名ですが、人間の知恵が届かないほどに巨大なナイル川の氾濫は「止める」よりも「予知して回避する」という風に考えられるようになりました。

そのため、ナイルの水位を測るナイロメーターが作られました。

Dsc_0385

作りは至極シンプルで写真の縦穴内の水位の上昇がそのまま、ナイル川の水位の上昇を表わします。

Dsc_0377

ナイル川の一番の恩恵は農耕を潤沢化することにあります。

先ほど述べたとおり、ナイル川は古代は定期的に氾濫を繰り返していました。

しかし、この氾濫が不幸中の幸いかナイルの上流から「肥沃な黒土」を運び、下流域であるエジプトの農地を豊かにしておりました。

今となってはアスワンにダムが出来て氾濫はありません。

アスワンハイダムは治水と電力の供給という面ではとても大きな成果をあげましたが、この氾濫がなくなった事により土地が痩せ、化学肥料を使用した農地の塩害など環境的な問題も孕んでいます。文明化と自然保護は相容れないのですね。。。

といいましても、農業は未だエジプトの主要産業ですので、まさに「エジプトはナイルの賜物」です。

にほんブログ村 エジプト情報

自然 食べ物 2017.01.02

カイロからこんにちは!!!

4回に渡って更新してきましたダハシュール編も最後になります。

そもそも、ダハシュールに行くことになったのは、知り合いのエジプト人の実家がダハシュールにあり、夕食に招いて頂いたので行くことになりました。

一通り観光を終えて、その知り合いの家に着くと、

P1000523

この豪勢な料理に加え、お菓子と果物で食後のティータイム。

エジプト人のおもてなし精神には頭が下がります。

食事を終えたら、近所の見晴らしがいい場所に案内してくれました。

P1000531

天気が良ければ、沈む夕日とピラミッドを収めることが出来たのですが。。。。。

左から屈折ピラミッド、黒のピラミッド、赤のピラミッドです。

ダハシュール育ちの知人曰く、

この、大きく開けた土地は元々湖だったそうで、ファルーカに乗って遊んだといってました。

草木が生い茂っていて確かに地質が水を多く含んでいることが分かります。

P1000535

羊飼いが居たり、若者が居たり、地元民の憩いの場になっているようです。

にほんブログ村 エジプト情報



H.I.S. カイロ支店

2019.10
loading...
WORLD情報局