ブログ 文化 2016.12.21
カイロからこんにちは!!!
タハリール広場からゲジーラ島に掛かるカスル・エル・二ール橋は今日も賑わっています。

P1000443_5

橋の下、クラクションと雑踏の中をナイル川は黙々と流れていきます。
この橋は自体は18世紀(1869~1871)に建設されました。
建設直後は、当時のエジプト(スーダンを含む)総督の名前から取り、ゲジーラ橋(アラビア語で島を意味する)と名づけられました。
その後、人口の増加、産業の発展により交通量が増加し、
1931年に改修工事が始まり、1933年に完成。
同年の6月にイスマイール・パシャ橋として、リニューアルオープンしました。
しかし、1952年の革命により名前が変わり、カスル・エル・二ール橋となりました。
これを直訳すると、ナイルの宮殿という意味になります。
ちなみに、このカスル・エル・二ールと言う名前ははその他にも病院や通りの名前にもなっています
この橋の両端には2体ずつ、計4体ライオンの石像があります。
この石像は18世紀のフランス人彫刻家のアルフレッド・ジャックマートによって作られました。
元々、この4体のライオンは、同じくアルフレッド・ジャックマートが手掛けたアレキサンドリアにあるムハンマド・アリーの石像のガードとして作られましたが、1931年の改修の際に橋に移されました。

P1000440_2 

夜になると、川に浮かぶ船の電飾、街の灯りがナイルに反射してロマンチックな雰囲気を醸し出します。

P1000408_2

P1000405_2

カップルに人気のデートスポットとして人気を博しています。


にほんブログ村 エジプト情報

ブログ 景色 2016.12.15

カイロからこんにちは!!!

今回はカイロ市内、ゲジーラ島内にあるカイロタワーをご紹介いたします。

Dsc_0393_2

カイロタワーはカイロ市内にある近代的なモニュメントの一つで、

アラビア語のエジプト方言でボルグ・アル・カーヘラと言います。

カイロは大きな都市ではありますが、東京のように高層ビルが乱立しているわけではないので遠くから見ても一目で分かり、良い目印になります。

道に迷った時にはカイロタワーで方向感覚を確かめてます。

高さ187m、1956年から建設を始め1961年に完成しました。

2004年から2009年にかけて改修工事が行われました。

展望台があり、カイロ市内を一望することができます。

Dsc_0397

カイロタワーから南東の方角

Dsc_0398_2

カイロタワーから北西の方角

 

レストランもあるので、町並みを堪能しながらのティータイムも一興です。

しかも、このレストラン回転します!!!

一周するのに70分程度かかるので、ゆっくり食事をしながら観光に行った建物探しなども楽しみの一つです。



にほんブログ村 エジプト情報

ブログ 2016.12.10

カイロからこんにちは。

いきなりですが、ブログをご覧になってる皆さんに質問です。

”エジプト”といわれて最初に思い浮かぶイメージは何ですか?

古代ピラミッド?アラビアンナイト?ムスリム?バケーション?

十人十色思い浮かぶイメージは違うと思います。エジプトは一言で言い表せないほど様々な側面を持っています。

ピラミッドやルクソールやアブシンベル神殿に行けば、映画ハムナプトラの世界のような古代エジプトを堪能することができます。もちろんその他にも、無数の遺跡が点在しています。

L1210789 *ギザの3大ピラミッド

L1210215 *ギザ スフィンクス

エジプトの昔風情を未だなお残している、スーク(市場)に赴けば、様々な色彩を放つ装飾品の数々が埋め尽くされ、ショッピング欲を満たしてくれます。

もちろん、ムスリムの憩いの場であるモスクは一つ一つ歴史、特徴があります。柱に施された幾何学模様やキブラ(メッカの方向)を示すミフラーブは美術品顔負けの美しさです。

L1220926 *Suitan Hasanモスクのミフラーブ 1356年

レジャーを楽しみたい方にもエジプトは満足して頂けます。紅海に面したハルガダやシャルム・エル・シーフはスカイダイビングや様々なレジャーを楽しめる、欧米人にも人気のあるレジャー地です。

このように歴史、宗教、ショッピング、レジャーと四拍子揃ったエジプトはあなたのたびに対する欲求を確実に満たしてくれること間違いなしです!!!!

是非エジプトにいらしてください!!!!


にほんブログ村 エジプト情報



H.I.S. カイロ支店

2019.06
loading...
WORLD情報局