現地情報 遺跡 2018.02.24

皆さん こんにちは!

今日はギザのピラミッド近くの労働者の墓について書きます。

 

ピラミッドは、奴隷によって建設されたものだとずっと思われていました。しかし近年に入り、その説が覆されました。と言うのは、ピラミッドの建設に使う石材の石切り場から発見されたいたずら書きや、ピラミッド建設に従事した労働者の町や墓が発見され、そこには奴隷だったとは考えられない記録があったからでした。また、農民のナイル川氾濫時期の失業による生活保障として、農民がピラミッド建設に従事したとも言われています。

 

そして、このギザのピラミッド近くの労働者の墓が2017年から一般公開されています。

Photo

 まだまだ発掘中のため、公開されているのは3つの墓のみで町の部分は入れません。発掘中↓

Photo_2

 公開されているのは3つの墓のみで、墓内は撮影できないため外からの写真です。

  Ptah Shepswの墓 مقبرة بتاح شبسو

エリアの中で一番初めに発見されたお墓です。遠くにピラミッドが見えます。

Ptah_shepsw_2

Ptah_shepsw_3

 墓の石の素材はさまざまというのは、石の色が違うので見てわかります。

Ptah_sheps

Nefer Thethの墓 مقبرة نفرثث  

妻と子供たちを描いたレリーフ、80を超える捧げ物リストのレリーフが残っています。

 

Nefer_theth

Nefer_theth_2

Petetyの墓 مقبرة بتتي 

墓を荒らす者への警告として、ライオンやさそりなどの動物のレリーフが残っています。

 

Petety

Petety_2

チケットはピラミッドエリアのチケット売り場と同じですが、入口は違います。

Img_4621

労働者の墓への入口は、スフィンクス側入口より、もっと南です。

この労働者の墓はまだまだ発掘中で、また新しい発見があるのではないかと思います。これからも注目していきたいと思います。

 

にほんブログ村 エジプト情報

現地情報 遺跡 2018.02.20

皆さん こんにちは!

前回、2月16日(金)ギザのピラミッドの様子をご紹介しましたが、その時に行きました、王妃のピラミッドについて書きます。

王妃のピラミッドはギザのピラミッドエリア内にあり、クフ王のピラミッドの横に3つあります。

Img_4498

左から、ヘテプヘレス王妃(クフ王の母)↓

Img_4502

メリスアンフ王妃(クフ王の奥様)↓

Img_4504

ヘヌトスィン王妃(クフ王の奥様)↓のお墓だと言われています。

Img_4513

Img_4506

この日、ヘテプヘレス王妃(クフ王の母)とヘヌトスィン王妃(クフ王の奥様)のピラミッドは中に入ることができました。

ピラミッドの中はレリーフなどは無く、せまい通路を下って石棺があるのみでした。中は撮影禁止です。レリーフや像などがあるのかと期待していたので残念でしたが、ピラミッドエリアのチケットのみで入ることができます。

現在ピラミッドエリアは7時から開いています。

にほんブログ村 エジプト旅行

現地情報 遺跡 2018.02.17

皆さん こんにちは!

昨日のギザのピラミッドの様子をお届けします。

まず驚いたのは観光客の数です。入口に着いたのは9時半頃でしたが、人であふれていました。エジプト人もいましたが、外国人もいました。下の写真はチケット売り場です。

Img_4473

クフ王の前にも人がたくさんいました。

Img_4483

何度見てもこの大きさには感動します。クフ王のピラミッドです。↓

Img_4493

その隣にあるのがカフラー王のピラミッドです。手前にある石の山は、ピラミッドの表面が崩れ落ちた石と、元々あった葬祭殿が崩れたものだそうです。↓

Img_4529

カフラー王の奥にあるのが、メンカウラー王のピラミッドです。↓

Img_4550

カフラー王とメンカウラー王は交互に開いているようですが、この日はメンカウラー王のピラミッドが開いていて、中に入りました。この日のカイロの最高気温は20℃でそれほど暑くありませんでしたが、ピラミッドの中は蒸し暑く酸素濃度が薄かったです。2月とは言え、水分は必要だと思いました。

そして、スフィンクスのところまで行きました。

Img_4585

数年前より観光客は増えていると思いました。人は多いものの、見学しにくいなどはなくピラミッドはいつ見ても感動的でした。

にほんブログ村 エジプト旅行



H.I.S. カイロ支店

2019.06
loading...
WORLD情報局